メンズスマートカジュアルの基本!ジャケットで作る好印象コーデ20

スマートカジュアルアイキャッチ

「彼女の誕生日はいいレストランを予約してお祝いをしよう!」

しかし、レストランを予約したのはいいけど、何を着ていけばいいのだろう…、と悩んでしまう男性も多いのではないでしょうか。

何となくジャケットを着ていけば間違いないような気がしていても、その選び方や合わせる洋服に頭を悩ませることもあると思います。

彼女の誕生日やクリスマスの時に行くような雰囲気のいいレストランには、男同士で行く機会もないため、多くの男性は頻繁に行ったことはないはずですから、無理もありません。

実は、スマートカジュアルは難しく考える必要はありません。いつものカジュアルなコーディネートとは違う所も多いですが、ポイントを押さえれば、誰でも簡単に取り入れることが出来ます

私は男性専門パーソナルスタイリストサービスを提供する会社を経営しており、弊社は今までに10,000人以上のお客さまにご利用頂いております。

弊社をご利用下さっているお客さまからもスマートカジュアルの服装については多くの質問を頂きます。「ジーパンは穿いてもいいか」「ジャケットやシャツは着た方がいいのか」など、質問内容は多岐に渡ります。

多くの質問を頂くスマートカジュアルですが、弊社をご利用のお客さまで、スマートカジュアルをマスターしてから、その服装で失敗した方は一人もいません。

それは、スマートカジュアルのポイントが決して難しいものではなく、たとえファッションがあまり得意ではなかったとしても、誰にでもコツをつかめるものという証です。

今回は、そのスマートカジュアルのポイントを説明していきます。
ぜひ、ポイントを身につけて、雰囲気のいいレストランで、女性と楽しいひとときを過ごして下さい。

1.女性から印象がいい男性のスマートカジュアルは、ジャケット着用!更にインナー「襟あり」「襟なし」で好印象を作る

男性のスマートカジュアルで一番大事なことは「ジャケットを着る」ということです。つまりスマートカジュアルでは、ジャケット着用がルールだと覚えておきましょう。

ジャケットはカジュアルの洋服の中でも、かっちりと大人っぽい雰囲気になります。そのため、大人の男女が行くような、いいレストランの雰囲気にとてもぴったりと合います。

まずは、ここではジャケットを使ったおすすめのコーディネートを紹介します。
更に、インナーは「襟あり」と「襟無し」で考えましょう。
お会いする女性や、シーンで使い分けることで、最適な印象を与えることができるようになります。

ジャケットに合わせる他の服については、デートへの意気込み(気合いの入れ方)によって決めていくことがポイントとなります。そのことを念頭に置いて読み進めてみてください。

1-1 ここぞ!という場面は、ジャケットと襟が有る服を合わせてかっちりと大人っぽい印象に

プロポーズや女性の誕生日、クリスマスなど、ここぞ!という大事な場面にはジャケットとシャツを合わせたコーディネートが最適です。

ジャケットシャツスタイル
ジャケットのインナーは、襟が有る服か、襟が無い服で選ぶと選びやすいです。襟が有る服はかっちりと大人っぽい印象になります。襟が有る服の代表はシャツです。

ジャケットにシャツインナーの写真

ジャケットにシャツインナーの写真2
シャツはかっちりとした印象になるので、大事な場面で選ぶにはぴったりです。
プロポーズなどの大事な場面では、ぜひ取り入れて下さい。

人とは違うお洒落感を演出したい場合には、チェック柄などのジャケットを取り入れてみてもいいでしょう。

チェックジャケットのコーディネート
また、秋や冬など寒い時期には、シャツの上に薄手のVネックセーターを着ると防寒対策も万全です。

ジャケットシャツにVネックセーター
薄手のセーターであれば、シャツの上に着て、その上にジャケットを羽織っても、きつさを感じることはありません。また、Vネックは首元部分に直線が増えるので、シャープで大人っぽい印象を作ることが出来ます。

Vネックセーターはまずチャコールグレー(濃いグレー)などの暗い色がおすすめです。チャコールグレーや黒は無彩色といって、どの色とも合わせがしやすい便利な色です。

ジャケットにインナーセーターの写真
暗い色のセーターに慣れてきたら、薄い色や差し色も挑戦してみてはいかがでしょうか?
ライトグレーなどの薄い色は柔らかい印象に、また、パープルなどの差し色はアクセントになります。

ジャケットに薄い色のセーターの写真

ジャケットに差し色のセーターの写真
また、Vネックセーターの素材はウール(毛)を選びましょう。ウールのセーターは大人っぽい印象を作ることができます。さらに、長袖シャツの上に着る時に袖の通りがよく、スムーズに着ることができます。

1-2 普段のデートでは、ジャケットと襟が無い服を合わせて柔らかい印象に

普段のデートで女性とオシャレなレストランで食事をする場面では、ジャケットとセーターなどを合わせたコーディネートが最適です。

ジャケットにVネックセーター
セーターなどの襟が無い服は、柔らかくてカジュアルな印象になります。襟が無い服の代表例としては、セーターの他に、Tシャツなども当てはまります。

セーターは1-1で説明した、ウール素材の濃いグレーのVネックセーターがおすすめです。1-1でご紹介したコーディネートからインナーのシャツを脱いでしまえば、そのまま使うことができます。こちらも、慣れれば、薄い色や差し色を使ってもいいでしょう。

ジャケットにライトグレーのVセーター

ジャケットに差し色のVセーター
この着方をマスターすれば、Vネックセーターは冬だけでなく、秋や春にも着ることが出来るので費用対効果もいいです。

また、夏前後の暑い時季は、ジャケットの下にTシャツを選びましょう。

ジャケットにTシャツ
Tシャツは襟がない服の中でも、カジュアル感は高くなりますが、選び方を間違えなければ、ジャケットの下に着ることで大人っぽい印象にすることができます。

ジャケットの下に着るTシャツは、無地を選びましょう。無地であれば、Tシャツでも大人っぽい印象にすることができます。大きなロゴや写真がプリントされたTシャツはカジュアルすぎるので、避けましょう

ジャケットにTシャツインナー

ジャケットにTシャツインナー2
インナーの襟元は、丸首よりもVネックの方がすっきりと大人っぽい印象になります。

真夏の暑い時季はポロシャツを選ぼう!

梅雨が明ける7月中旬から8月末までは、1日中とても暑い日が続きます。この時季のスマートカジュアルの服装では、ポロシャツを選びましょう。

 

ポロシャツは襟がついているので、ジャケットを着ていなくてもかっちりと大人っぽい印象になります。また、裾部分はパンツの外に出す仕様になっていて、着丈が短めに出来ているものが多いです。そのため、着丈の長さのバリエーションが多いシャツよりも、簡単に着こなすことができます。

 

ただ、やはりジャケットを着た方が場の雰囲気には合うので、可能ならジャケットにTシャツを着るということも考えましょう。

 

その時は、外は暑く、レストラン内は涼しいので、レストランに着くまではジャケットは手に持ち、レストランの中に入る時にジャケットを着るようにするといいでしょう。

 

ポロシャツとチノパン

 

 

ポロシャツのコーディネート

2.私服のジャケットが無い&日が差し迫っている場合は、スーツも考えよう

スマートカジュアルがドレスコートのお店では、スーツを選ぶと仕事っぽくなり、かっちりし過ぎてしまうので、スーツで行くことをおすすめはしていません

弊社でも「スマートカジュアルとホームページに書いてあるレストランに行った時にはスーツで行った方がいいですか」という質問は時々頂きます。

しかし、例外がありますので、それをお伝えします。

私服で着る用のジャケットをお持ちでない場合には、スーツをおすすめします

スーツスタイル
男性は普段着でジャケットはあまり着ないため、私服用のジャケットを持っていない方は多く、スケジュールが差し迫っているとジャケットを買いに行く時間もないことがあります。そんな時には、ジャケット無しの服装よりは、スーツの方がその場にふさわしいと言えます。

スーツは、女性とのデートの場合には少しかたい印象になってはしまいますが、ネルシャツにジーパンなどのかなりカジュアルな私服よりは、レストランにも女性にも失礼はありません。

また、仕事でジャケットとスラックスを合わせた、ビジネスカジュアルを取り入れている場合は、そのコーディネートでも問題ありません。ちなみに、このコーディネートは正式なスーツスタイルではないので、ネクタイはしなくていいです。

ジャケットとスラックス
ネクタイやセーターを取り入れるとなると、差し色やアクセントとしても用いることができます。気合を入れる場面の際には、このような着こなしもいいでしょう。

ジャケットスラックスにネクタイ

3.女性からの印象を上げる、スマートカジュアルで使う洋服の選び方

ジャケットコーディネート全身写真
女性から印象を上げるスマートカジュアルに必要なものは、それほど多くありません。

しかし、単にジャケット、シャツやチノパンを合わせているだけでは、女性からの印象はよくなりません。

女性は、服だけではなく、髪形やメイク、ネイルなど全身トータルでのイメージ作りに長けている方が多く、相手の男性の服装も上から下までよく見ています。

そのため、男性も1つ1つの服などをしっかりと選ぶことで、ようやく女性からの印象が良くなります。トータルコーディネートがとにかく大切ということを頭に入れておきましょう。

1つでも選び方を間違えてしまうと、女性からの印象が悪くなってしまうので、注意をして下さい。

でも心配は無用です。実は、各アイテムには選び方のポイントがあります。そのポイントをおさえることによって、誰でも女性からの印象がよくなるスマートカジュアルが出来るようになります。

それらのポイントを説明していきましょう。

3-1 紺の無地のテーラードジャケットで一気に大人っぽい印象に

スマートカジュアルの肝となるジャケットは、紺の無地のテーラードジャケットを選びましょう。紺はどの色とも合わせがしやすく、無地は大人っぽい印象になります。

テーラードジャケット
テーラードジャケットは、かっちりと大人っぽい印象になるので、おしゃれなレストランの雰囲気にもぴったりです。

「仕事っぽくてかっちりとしすぎだなと…」、と私服で選ぶことがなかった方もいる男性も多いでしょう。しかし、他の服の選び方次第で、かっちりしすぎた印象にはならないので、安心して下さい。

紺のジャケットを既に持っている場合や、着こなしの幅を広げたい時には、濃いグレーや明るいグレーなどもおすすめです。

濃いグレーのジャケット

明るいグレーのジャケット
ジャケットの素材はウールを選びましょう。ウール素材のジャケットは1年中着ることができ、大人っぽい印象をさらに高めてくれる、まずは持っておくべきジャケットの素材です。

また、細身ですっきりとしたサイズ感のものを選ぶことも重要です。サイズのポイントは「肩回り」「お腹回り」「着丈」です。

詳しいジャケットの選び方については、こちらの記事をご覧下さい。
これさえ覚えておけば安心!メンズジャケット最強の1着の選び方

3-2 シャツはどんな服にも合わせやすい白の無地を選ぼう

ジャケットのインナーに着るシャツは、白の無地を選びましょう。白無地のシャツは、どの色との相性もよく、他の服と合わせがしやすいです。

白シャツ
無地の場合は、薄い水色やピンクなどもおすすめですが、無地以外であれば細いストライプ柄なども着こなしに変化をつけられるので、取り入れてもいいでしょう。

ピンクストライプのシャツ

ブルーストライプのシャツ

素材は綿100%がおすすめです。綿100%の素材はカジュアル感が出て、柔らかい印象になります。仕事用のシャツは、シワになりづらいように綿とポリエステルが入っているものが多いです。ポリエステルは少し光沢が出て、仕事用のシャツに見えてしまうので、私服で着る時には選ばないようにしましょう。

サイズはジャストサイズを選びましょう。ポイントは「胸回り」「お腹回り」です。
ジャケット同様に細身ですっきりとしたものを選びましょう。

詳しいシャツの選び方については、こちらの記事をご覧下さい。
基本3つを押さえるだけでマスター!自分に合ったワイシャツの選び方

3-3 ベージュのチノパンで柔らかさをプラス

紺のジャケットと白シャツには、パンツはベージュのチノパンが鉄板です。

ベージュチノパン
ベージュのチノパンはカジュアルな印象になります。テーラードジャケットはかっちりとした印象になるので、チノパンの柔らかい印象を足すことにより、全体のバランスがかっちりすぎずに大人っぽくなります。

次の一本としては、黒や濃いグレーなどの暗い色も使い勝手がよくおすすめです。

暗い色のチノパン
サイズは細身を選びましょう。特にモモまわりには余分なゆとりがないように注意をして下さい。

詳しいチノパンの選び方については、こちらの記事をご覧下さい。
大人カジュアルからデートまで!チノパンの選び方をシーン別にご紹介

3-4 こげ茶のレザーシューズを選べばトータルコーディネートも完成

靴は細身のレザーシューズを選ぶと、全身に統一感が出て、トータルコーディネートが完成します。

レザーシューズ
レザー素材は大人っぽい印象になり、足元に持ってくることで全体を引き締めてくれます。

色はこげ茶がおすすめです。こげ茶は柔らかい印象になり、私服でのジャケットスタイルにぴったりです。黒のレザーシューズはプライベートシーンで履くと、かっちりし過ぎてしまいます。

歩きやすいので、スポーティーなスニーカーを愛用する方も多いと思いますが、カジュアル過ぎてしまうので、スマートカジュアルの服装に取り入れるのはやめましょう。

スマートカジュアルの服装では、まずは上記の4アイテムを、説明をしたポイントに沿って注意をして選びましょう。

そうすれば、全体のバランスもよくなり、女性からのイメージも上がるコーディネートが出来上がります。

4.女性から嫌われる、スマートカジュアルでNGなアイテム

スマートカジュアルは普段着ているかなりカジュアルな服とは違うので、何気なく普段着ている服を合わせてしまうと、コーディネートが台無しになってしまい、女性からの印象が悪くなります。

もし、以下に挙げる服を普段の私服で使っていても、スマートカジュアルに取り入れるのはやめましょう。

4-1 ダメージジーンズ

穴が開いていたり、かなり色落ちしているダメージジーンズは穿かないようにしましょう。ジャケットを着ていても、かなりくだけた印象になってしまい、レストランの雰囲気と合わなくなってしまいます。また、ハードなイメージになりすぎるので、女性はダメージジーンズが苦手な方が多いです。

その他のジーンズもカジュアルな印象になってしまうので、スマートカジュアルでは使わない方が間違いありませんが、もし穿くのであれば、色落ちのしていない、きれい目なジーンズを選びましょう。

ジーンズのコーディネートイメージ

4-2 ハーフパンツ

ハーフパンツは夏の暑い時季にはよく穿くという男性も多いと思います。ただし、ハーフパンツはカジュアル過ぎる印象になってしまいますので、お洒落なお店の雰囲気に合いません。

また、ハーフパンツでの入店はお断りしますとホームページや入口に記載のあるレストランもあるので、スマートカジュアルでは絶対に避けましょう。

4-3 サンダル

夏の暑い時季に要注意のアイテムです。ハーフパンツと同じく、サンダルでの入店はお断りしますとホームページに記載のあるレストランもあるので、スマートカジュアルでは避けましょう。

特に夏の暑い時季に使うアイテムは、自分自身は涼しいけれど、お店の雰囲気に合わず、他人から見た時もカジュアル過ぎてしまう可能性が高いため、注意が必要です。

5.スマートカジュアルなどのドレスコードはなぜ必要か

スマートカジュアルなどのドレスコードは、お店の雰囲気を崩さないためにだけではなく、一緒に過ごす相手の女性への配慮や気遣いのためにこそ大切なものです。

実際には、ホームページに「スマートカジュアルでお越し下さい」と書いてあるレストランにジャケットを着て行かなくても、滅多に注意をされることはありません。

ただし、スマートカジュアルなどドレスコードのあるレストランでの主役は女性です。男性はエスコート役として、その女性に喜んでもらえるような服装やマナーを心がけて下さい。

女性はその場面に合わせた服装をすることが習慣になっている方が多く、TPOをわきまえた服装をできる男性に対しても好感を抱きます。

本来は、ジャケットを着て行けばいいといったことではなく、エスコートする女性や、レストランに対しての敬意や配慮がとても大切だと頭の片隅に入れておきましょう。

そうすれば、服装だけでなく、立ち居振る舞いも自然と変わってくるのではないでしょうか。

ぜひ、スマートカジュアルの服装をうまく着こなして、女性をしっかりとエスコートして、最高の時間を二人で楽しんで下さい。

6.女性からの印象を上げる、スマートカジュアルを買うならこのお店3選

6-1 トゥモローランド

渋谷、新宿、丸の内、大阪、京都、名古屋やその他大都市にあります。スマートカジュアルで使う、テーラードジャケット、シャツ、チノパンなどが豊富にあります。

オシャレが好きな人へ向けたアイテムも多いので、インパクトの強い色や柄のジャケットやシャツなども多くあります。

まずは、なるべくベーシックな色や柄のアイテムを選びましょう。

6-2 伊勢丹メンズ館

地下1階から8階まで全て男性向けのアイテムが揃っているデパートで、新宿にあります。
品揃えの豊富さは日本最大級なので、ジャケット、シャツ、チノパン、靴などかなりの数を取り揃えています。

各フロアにジャケット、シャツ、チノパンやその他のアイテムなどが揃っているので、初心者がこれぞという1着を選ぶのは、かなり手間はかかります。

ベーシックなアイテムは6階に比較的多くありますので、分からない場合は6階から見ることをおすすめします。

6-3 ライフブランディング

スマートカジュアルの服装が、自分ではなかなか実現できなそう、、、という男性は、ぜひ弊社にお任せください!

弊社は男性専門の個人向けコーディネートサービスを提供していて、現在までに1万人以上のお客さまにご利用を頂いております。

一般的な小売店とは異なり、それぞれのお客さまの状況をしっかりとヒアリングした上で、最適な服や雑貨を提案させて頂くので、お店だと自分ではなかなか決められないという方にはおすすめです。

スマートカジュアルについての質問もかなり多く頂きます。「スマートカジュアルではそもそも何を揃えたらいいのか分からない…」という方から、「ジャケットを着て行こうと思うが選び方が分からない…」「ジャケットは持っているがしっくりこない…」など様々な相談があります。

多くの男性が、服を選ぶ時に悩んでしまう1番の原因は、「一人一人身体のサイズが違う」ということです。私たちは今まで1万人以上のサイズを一人一人計測していますが、サイズが同じ人はまだ一人もいません。

身長を基準とすると、ウェストが細い、ウェストを基準とすると胸回りががっちりしているなど、個人のサイズの特徴は様々です。そのため、服を買う時に注意をするサイズのポイントは、各人によって違います。

まずは、自分のサイズの特徴をしっかりと把握をすることがとても大切です。

もし「他のお店でスマートカジュアルの服を買おうと思ったが何を買えばいいか分からない」、「他のお店でスマートカジュアルの服を買ったがしっくりこない」などがありましたら、弊社でご自身のサイズの特徴を確認して、そのサイズに合った服を着てみて下さい。

きっと 、今まで見たことのない、スマートで大人っぽい印象になるはずです。

服選びに悩まれた際には、下記HPの無料ご相談フォームもしくは、フリーダイヤル0120-470-460まで、ぜひお気軽にご連絡下さい。

男性専門パーソナルスタイリストサービス ライフブランディング

7.まとめ

スマートカジュアルの着こなしについて、ポイントは掴めたでしょうか。

「ジャケット」を使うことを基本として、シーンに合わせてインナーを使い分けること、そして、3章でお伝えしたおすすめのシャツやパンツ、靴を揃えることができれば、もう怖いものはありません。

何よりも大切なのは、共に素敵な時間を過ごす相手の女性への思いやりの気持ちです。

相手の女性に恥ずかしい思いをさせることなく、心地よい最高の時間を過ごすことができるように配慮する気持ちがあれば、自然と、ご自身の着こなしや振る舞いをよりよく改善しようという思いが強くなり、それが相手の女性に伝わることは間違いありません。

ぜひ、この記事でお伝えしたことを最大限に活かして、素晴らしいひと時を共にし、今後のお二人のよりよいお付き合いへとつなげて頂けたらとてもうれしく思います。

大事な場面を“決める”為の服装を、ご提案からコーディネートまで完全サポート致します。

ライフブランディングは、10年以上に渡って1万人以上の男性の服装のサポートをしてきた、男性専門ファッションコーディネートサービスのパイオニアです。

婚活やビジネス、デートなどの大切なシーンに合わせて、最もあなたにふさわしい服装のご提案から、アイテムのご用意までを代行します。
 
<ライフブランディングのサービスはこんな方におすすめ>
・服選びが苦手
・自分に合う服装がわからない

・年相応の服装がわからない

<ライフブランディングのサービスを使うメリット>
・最適な服装を靴や鞄などまで含めてトータルで手に入れられる
・婚活やデートで女性からの印象がよくなる

・専用サロンの個室一ヶ所で、服装のお悩みを全て解決できる

服装でお悩みの際には、ライフブランディングまでお気軽にご連絡ください。ファッション初心者の方にもわかりやすく、丁寧にサポートさせて頂きます。まずは、無料電話相談にて承ります。