ワイシャツ正しい袖丈をメンズファッションのプロが解説!サイズ選びも完璧

シャツを着ていて、なんかしっくり来ない、特に袖丈が合っていないのでは?袖回りが野暮ったく見えないか?
と感じる方もいるのではないでしょうか。

男性用のシャツは、しっかり選んだものを着ればとても大人っぽく上品な印象となり、実はコーディネートの幅も広い便利なアイテムです。

しかし身体に合っていないと、途端にイメージが悪くなってしまいます。
袖丈も注意したいところです。

今回は、これまで多くのファッションに悩める男性にコーディネートのアドバイスを行ってきた男性専門パーソナルスタイリストの私たちが、あなたにとってベストなシャツの袖丈およびサイズ選びが出来るポイントをお伝えします!

1.最適なシャツの袖丈とは?

シャツの袖の長さのことを裄丈(ゆきたけ)と呼びます。

裄丈は、手を下ろした状態で、首の後ろの付け根の中心から肩先を経由して、手首のくるぶしを被さるくらいまでの長さとなります。

シャツ 肩幅

では最適な裄丈とはどの長さになるのでしょうか。

少し長めでも良いのですが、短すぎると手を挙げた時に手首が大きく露出してしまいます。
ですので、手を下ろした際に袖口が手首にちょうど被さる程度が目安です。

シャツ 裄丈

ジャケットを羽織る際は、ジャケットのサイズが正しければ、ジャケットの袖からワイシャツの袖口が1~2cm出る程度が正しい見え方となります。シャツ 裄丈 袖丈

シャツの裄丈が正しければ、見え方が良いのはもちろんですが、腕の可動が楽になります。長いと可動の際に邪魔に感じますし、短いとワイシャツで突っ張る感じがします。

少し長めを許容範囲として、ジャストサイズで着ることが重要です。

ちなみに裄丈を測る際はメジャーを張りつめず、自然に下に伸ばした(垂らしたような)状態で測ってください。シャツの袖の長さ市販品でも一般的には「裄丈」での表記がほとんどです。

シャツのカフス(袖口)のパーツの種類でアジャストボタンと言うものがあります。カフスボタンが二つ付いていて、留め方によってカフスの口径を調整できるので、袖口の見え方を変えるのに便利です。

カフス アジャストボタン
シャツ カフス アジャストボタン

2.正しい袖丈のシャツの重要なパーツ:カフスの種類

シャツの袖先は、形によって見え方、印象が変わります。
袖口のパーツのことをカフスと言います。ワイシャツやブラウスの袖口の英語「cuff」の複数形で、袖部分の別布のことです。袖先の形を安定させる役割や、汚れ防止があり、このカフスに形や装飾される部品もあります。

〇丸型(ラウンド)シャツ カフス 丸型
袖先がまるくなっている形状のカフスです。大きめの丸や小さめなど丸みの加減によって印象も変わってきますが、一般的にはこの形が多いです。丸型は柔らかな印象に見えます。

〇スクエアシャツ カフス スクエア
袖先が四角になった形状のカフスです。丸形よりはシャープな印象になります。

〇角落型(バレル)シャツ カフス 角落型
袖先を削り落としたような形状のカフスです。こちらもシャープになりますが、スクエアともまた印象が違ってきますね。

〇ダブルカフスシャツ カフス ダブルカフス
袖口を折り返して二重にして、専用のカフスボタンで留めるタイプです。非常にドレッシーな印象になりますので、結婚披露宴などの華やかな会に着用するシャツに使われることが多いです。

3.袖丈だけではない!?シャツはジャストサイズが必須

袖丈だけではなく、シャツをかっこよく着るにはジャストサイズが必須となります。そのポイントをご紹介します。

3-1 まずは身幅を確認【首回り(ネック)と胸回り(バスト、チェスト)、胴回り(ウェスト)】

まずは身幅を確認しましょう。身幅に関わる箇所は首回り(ネック)」「胸回り(バスト、チェスト)」「胴回り(ウェスト)になります。

ピンクシャツ
・ネック(首周り) :喉ぼとけの下あたり

・バスト(チェスト):バストトップのやや上、胸回りの一番幅の広い位置の周囲
・ウェスト     :おへそ付近の胴回り

幅に関わる箇所は以上となります。
ちなみに肩幅も把握出来れば良いですが、シャツの既製品でのサイズ表記は一般的に首回りと裄丈で選ぶことが多いので、裄丈が合っていれば肩はそれほどズレません。
また、手首周り、お尻回りなども把握出来れば尚良いです。

以上の箇所を測って自分の体型を知った上で、あとはここからシャツにおけるジャストサイズを選んでいきます。

① 首周り(実寸+2cm)
シャツ サイズ ネック 首回り 指1本

喉ぼとけの下あたりの周囲を測ります。シャツの1番上のボタンを留めた時に、指が1~2本入るくらいが目安となります。

ジャストサイズの定義としては、実寸+2cmとなりますので、例えば実寸が38cmだった方は、シャツのネックサイズだと40cmがジャストとなります。多少ゆったりした方が好きな方は実寸+3cmで大丈夫です。タイトが好きな方は実寸+1cmといったところが許容範囲となります。

② バスト周り(実寸+15cm)
シャツ サイズ バスト 胸回り

バストはバストトップから少し上くらい位置の胴回りを測ります。
ジャストサイズの定義としては、実寸+15cmがベストで、ゆとりが欲しい方は実寸+20cmまでが目安となります。

③ ウェスト(実寸+10cm)
シャツ ベストサイズ

おへそのちょうど上くらいの位置の胴回りを測ります。
ジャストサイズの定義としては、実寸+10cmくらいがベストで、ゆとりが欲しい方は実寸+15cmまでが目安となります。

見え方の参考例として、このくらいの感じとなります。
シャツサイズ比較
向かって左の見え方であれば、極端に細くなく、締め付けがない程度に細身に映ります。

逆に右のようにオーバーサイズだと、見た目にも野暮ったくなってしまいます。
フィット感なども多少個人差がありますが、見た目の印象を良くする目的で着こなす上では参考にしてください。

3-2 着丈にも気を付けよう

着丈は、パンツの中に裾をインする(入れる)着方の場合は長い方が良いです。お尻が覆うくらいの長さが良いでしょう。短いとパンツにインした際にかがんで裾が出てきやすくなります。

カジュアル用で裾を出して着る場合は逆に着丈を短めにした方が良いです。長いと野暮ったく見えます。

着丈短め カジュアルシャツのイメージ麻シャツ

4.ジャストサイズでシャツの既製品を選ぶ際の注意点

既製品でお店に販売されているシャツのサイズ表記は、S・M・L あるいは、「39-80」などのような表記が多いです。ちなみにこの場合は、首回り(ネック)39cmで裄丈80cmとなります。

その数字から、ご自身のサイズに近いものを選んで、その上で、試着をして胴回りを確認することをおすすめします。

一般的には、各サイズでシャツの首回り(ネック)と裄丈のサイズは以下のようになっていることが多いでしょう。

SS:35-78
S :37-80
M :39-82
L :41-84
LL:43-86
(※数字の左が「首回り(ネック)」、右が「裄丈」です)

規格があるわけではありませんので、お店によって、あるいはシャツの種類によって、サイズ基準が異なりますから確認が必要です。

ぴったりなサイズが無く、サイズ選びに困りそうな場合は、首回り(ネック)で±1cm、裄丈で±2cmほどであれば許容範囲と考えても良いでしょう。

ただし、首回り(ネック)と裄丈が適正であっても、胸回り(バスト)や胴回り(ウェスト)などの身幅が太いものなどもあります。

シャツは試着が面倒であったり、お店によっては、肌に直接触れる面積も広い可能性があるところから、試着が出来ないこともあるかもしれませんが、可能な限り、試着をして、全身鏡で自分の姿を見ながら身幅のサイズ感を確認することをおすすめします。

5.ジャストサイズのシャツを買うためのおすすめショップ4選

ジャストサイズのシャツを揃えるためのショップをお伝えします。

大人な印象を出すために必要な要素が含まれたアイテムがある可能性が高いところです。

いずれのショップで購入されるにしても、必ず試着して、出来れば全身コーディネートしてお店の全身鏡で見ながら配色バランスやサイズ感などをチェックしてください。

5-1 「トゥモローランド」で定番も流行も選べます

トゥモローランド

セレクトショップは量販店よりも少し価格は上がってきますが、自社製造あるいは海外からのインポート(輸入)商品などもあり、シャツを使った上品コーディネート用も豊富です。中でもトゥモローランドはレディスも幅広い年齢層に人気があり女性ウケも良いブランドでありますから押さえておくと良いでしょう。

5-2 「イセタンメンズ」はアイテムがすべて揃います!

イセタンメンズ

東京新宿にあるデパートで地下1階から8階まで全て男性向けのアイテムが揃っています。そのため品揃え豊富です。
ブランド数も多く当然大人っぽいアイテムが豊富であります。「より多くの中から選びたい!」という方にとっては最適ではないでしょうか。

売り場面積が大変広く、ブランドも多く混在しておりますので、ここから自分に合うものを探していく作業が慣れない方にとってはちょっと大変かもしれません。時間に余裕を持ってじっくりと買い物に行かれることをオススメします。

5-3 オーダーメイドで作れるお店

既製品シャツだと、サイズでどこかを犠牲にしてでないとどうしても既製品だと合わない、という体型で悩む方も多いと思います。シャツは特にサイズが細かいアイテムなので、既製品だと合わなくなってしまう可能性も高いです。そんな場合は、オーダーで作れるところに相談しても良いかと思います。

昔ながらのオーダースーツ屋さんの場合、オーダーであるものの、ゆとりを多く取ってしまうところも多いと思いますので、上記のユナイテッドアローズなどのようなセレクトショップなどでも一部でオーダーを対応している店舗などもありますので、相談してみても良いでしょう。

5-4 自分で選べない男性はプロに任せよう!「ライフブランディング」

>>ライフブランディングのサイトはこちら<<

お店に行ったけれど、自分ではいいものが選べない・・・など洋服の買い物に悩まされた男性は利用してみてください。

男性専門でファッションコーディネートサービスを提供しており、これまで1万人以上の利用者がいます。
オンオフともにシャツのコーディネートを求めて来店する方もとても多いです。
ライフブランディングでは、シャツやジャケット、パンツはもちろん、スニーカーなどの靴、雑貨もそろえることができます

ショップと少し異なるのは、まずカウンセリング(洋服を着るシーンやライフスタイルをヒアリング)を行い、サイズを計測してから最適なコーディネートをプロが選びます。

服選びに悩まされた際にはホームページの無料相談フォーム、あるいはフリーダイアル0120-470-460で電話無料相談が受けられます。

6.サイズ感の良いシャツなどアイテムを揃えるおすすめ通販ショップ【BEST3】

服装選びはサイズが重要なため、デートなど重要なシーンで着る場合は、お店で試着をして選ぶことをおすすめします。とはいうものの、「お店に行く時間がない!」「そもそもお店が近くには無い!」という方もいるでしょう。その場合はネットで購入するのも一つの手でしょう。

そんな方のために、おすすめの通販ショップ【BEST3】をご紹介します。

【BEST1】「マネキン買い」で失敗知らず!メンズファッションプラス

おすすめ通販①


やりすぎない、失敗しない無難な男服をコンセプトに、ファッション初心者でも気軽に買える「マネキン買い」が可能。コーディネート写真でいいなと思ったアイテムが一式で購入できてしまうのでラク!

【BEST2】「大人っぽいきれいめアイテム」ならスプートニクス

おすすめ通販②


こちらも大人っぽくキレイめなアイテムが揃います。アイテムの種類が豊富で、選びやすいのも特徴。

【BEST3】厳選アイテムで初心者も買い物しやすいDcollection

おすすめ通販③


シンプルでベーシックなアイテムが厳選された通販ショップです。ファッション初心者向けにファッションが学べるメディアやコーディネート例も豊富にあるので、ファッションがあまり得意でない方にもやさしい通販サイトです。

7.まとめ

いかがでしたでしょうか。

シャツは普段何気なく着ているとは思いますが、袖丈はもちろん、全体をジャストサイズで着ることによって見え方が良くなったり、着心地が良くなったり、シャキっとした気持ちにもなるので、この機会に見つめ直してみてはいかがでしょうか。

裄丈を含めシャツのサイズ感についてはチェック項目が多いと感じた方もいらっしゃるかもしれませんが、押さえて頂ければ決して難しくはありません。

どうせ着るならカッコ良く決めたいと思いますし、是非ともジャストサイズの快感を味わってほしいです。

記事を読んでも、自分で出来ない方はプロに相談

ロジラボの記事を読んではみたものの、自分では難しそう・・・という方は、ぜひ、プロにお任せ下さい。ロジラボの記事を執筆している男性専門コーディネートサービス「ライフブランディング」があなたにふさわしい服装をご提案します。無駄な時間や労力を使わずに印象アップさせましょう。

・自分に合う服装が分からない
・せっかく買ったのに全然着ていない洋服がある
・どのお店で何を買っていいか分からない
・服装がいつもワンパターンな気がする・・・
・女性に好印象の服装が知りたい

ライフブランディングは、10年以上に渡って1万人以上の男性の服装のサポートをしてきた、男性専門ファッションコーディネートサービスのパイオニアです。
婚活やビジネス、デートなどの大切なシーンに合わせて、最もあなたにふさわしい服装のご提案から、アイテムのご用意までを代行します。