これさえ見れば安心!レストランの定番ドレスコードをお伝えします

いったい何時から始まったのでしょうか?レストランでドレスコードが必要だなんて。
レストランのドレスコードを知らない男性はたしかに多く存在します。

では、なぜ多くの男性はドレスコードを知らないのでしょうか。
それは女性に比べてTPOを意識して洋服を選んでいないからです。

でも、いざドレスコードを探してみようと思っても、何か難しそうだなと思っていませんか?

実はその様な事はありませんのでご安心ください。

デート用のレストランに着ていくドレスコードを知り、手に入れる方法は確かに存在するのです。

ここでは、レストラン用の定番ドレスコードが何かを知ることが出来て、何を着たら良いかをロジカルかつ丁寧にご紹介していきます。

この記事を読んだ後、あなたはドレスコードを手に入れる手段を知り、安心してレストランで女性とデートする事が出来ます!


1.レストランでのドレスコード

ドレスコードという普段目にしないフレーズを見ると、いったいどのような服装を意味しているのかピンときませんよね。

そもそも男性の皆さんは場所に応じて洋服を変えることが苦手です。
仕事の場面ではカッチリしたスーツを着ていれば良いですが、私服になると途端にバリエーションが増えてしまうのでコーディネートがわからなくなります。

例えば、レストランの予約ホームページに出てくる“ショートパンツやサンダル履きなどの軽装はご遠慮いただいております。男性のお客さまには、ジャケットの着用をお願いしております”の文字。

または当店ではスマートカジュアル(エレガンスカジュアル)を推奨しておりますというフレーズを目にして、思わず手を止めてしまう男性は少なくないと思います。

・どんなジャケットを着たら良くて、何と合せるのが正解だろう?
・ハーフパンツはダメでもジーンズはOKなの?
・サンダルは履かないにしてもスニーカーは大丈夫?
・そもそもスマートカジュアル(エレガンスカジュアル)ってなんだ?

考えるほど、一挙に不安が押し寄せてくるのではないでしょうか。

この章ではまず、なぜ予約制のレストランに服装の規定があるのかをお伝えした上で、着ていくならこれ!という定番コーディネートをご紹介します。

1-1.ドレスコードとは服装規定

ドレスコードは英語でdress code、日本語に訳すと服装規定(ふくそうきてい)の事です。

その場の雰囲気に即しているか、その場で時間を共有している周りの人々に不快な思いをさせていないか、さらには一緒に過ごす相手の方に恥ずかしい思いをさせないことが重要なのです。

わかり易い例として、お葬式の場では皆さんブラックスーツを着用されますが、周りへの配慮を欠いた明るいスーツはその場に即しません。

このように、大人の男性はビジネスの場面だけスーツを着てカッチリしていれば良いわけではなく、私服でもお相手や場所に配慮し、きちんとした着こなしをすることが重要になります。

相手に対する思いやりこそがドレスコードといっても過言ではありませんので、自分が楽な服装を着てレストランで食事をするという自分本位な気持ちはいったん脇におきましょう。

1-2.定番ドレスコードはジャケットで!

レストランのカッチリした場に相応しく、お相手への気遣いに満ちたドレスコードをご紹介します。

定番ドレスコードはジャケットです。

ジャケットドレスコードコーディネート
ウールジャケットは真夏以外で羽織ることが出来る便利なアイテムです。

また、ビジネススーツでも使われるカッチリしたウールのジャケットを羽織ることによって、グッと大人っぽい印象を与えることが出来るので周りの人への配慮が感じられます。

ジャケットの着丈と袖丈は長すぎるとだらしなく見えるので、体にピッタリと合うジャストサイズのものを選んで頂き、色は汎用性のある濃いネイビーを選びましょう。

最近では綿やポリエステルなどの素材で気軽に羽織れるジャケットの多くなりましたが、柔らかくカジュアルな印象になりますのでカッチリした場面では避ける様にして下さい。

補足として、カッチリしたジャケット合せるコーディネートもご紹介します。

中に着るインナーは襟付きのシャツにしましょう。
シャツはカッチリ感が既に備わっていますので、ネクタイはつけなくて大丈夫です。

素材は綿がお勧めです。
合繊繊維やポリエステルといった化学繊維はテカリが出やすいためチープな印象になり女性受けはあまりしません。色はベーシックなシロはもちろん、デートシーンですから淡いブルーやピンクなど選んでみても良いでしょう。

選択肢が多いパンツですが、チノパンをお勧めします。

チノパンを選ぶポイントですが“細身のストレート”シルエットと、”明るいベージュ”色と、“横に伸びる”素材感の3つとなります。詳しくは別記事”大人カジュアルからデートまで!チノパンの選び方をシーン別にご紹介“に記載していますので参考にして下さい。

王道のウールパンツ(スラックス)もありますが、この場合だとビジネスカジュアルに近づいてしまうので、私服のデートシーンであることからカジュアル感のあるチノパンにしましょう。
ちなみにビジカジの場合は、汎用性のあるグレーのウールスラックスを選ぶようにして下さい。

皆さんが良く穿くカジュアルなジーパンの場合は注意が必要です。
こちらに関しては別記事” 重要なのはシルエット!大人のジーパンコーディネート“に記載していますので一読頂けたらと思います。

靴はカッチリしたレザーシューズを選ぶようにしましょう。

クロだとカッチリ感が強くビジネスっぽくなるのでコゲチャがお勧めです。つま先に横線が入ったストレートチップはカッチリ感もカジュアル感も両方備わっているので使い勝手も良く合わせやすいです。
レザースニーカーもありますが、最初の一足を選ぶのであればもう少しカッチリしたストレートチップにしましょう。

レザーシューズ
このアイテム構成であれば、ドレスコードにおいてスマートカジュアル“を推奨するレストランやデートシーンでホテルのラウンジなどを利用する場合は安心してご利用頂けます。

1-3.真夏のコーディネートはポロシャツで!


真夏のドレスコードはポロシャツがお勧めです。

襟が付いていることで適度なカッチリ感もありながら、パンツの裾から出して着用するのでカジュアル感も兼ね備えています。

ポロシャツを着こなすポイントは別記事“【ポロシャツメンズ着こなし徹底解説!】女性にモテる秘策大公開!”に記載しているのでそちらをご参考下さい。

ちなみにポロシャツをジャケットと合せる時には、ジャケットの着丈より短いものを意識して選んでください。上着より長いと野暮ったくだらしない印象を与えてしまいます。

また、カッチリした予約制のレストランという場所を考えると、ジャケットは手に持って行きたいものです。レストランでの食事中にクーラーが直接あたるテーブルについてしまった時の防寒対策にもなります。
最近だと春夏用の薄手ウール素材や麻素材のジャケットがショップにも置いてありますので是非ご覧になって下さい。


2.ふさわしくないドレスコード

この章では、今までの内容を踏まえた上で男性の方が間違えてしまいそう、もしくは気を付けていただきたいことをお伝えします。

2-1.ダメージジーンズ

気を付けて貰いたい代表アイテムはダメージジーンズです。

モモが擦れている、また裾などにダメージがついたジーンズは周りに砕けた印象を与えてしまうため、カッチリした場面にそぐわないからです。

最近ではジャケットスタイルと合せるカジュアルな着こなしが流行っていますが、あくまで意識して頂きたいのは相手と場所ですので、ここではNGとしておきます。

2-2.短パン

短パンは夏場に穿くカジュアルアイテムの代表です。

たとえ、上にカッチリしたジャケットやシャツを着てレザーシューズを穿いていても、周りの人はあなたの全身をみて判断しています
コーディネートの一部分が駄目だとその時点でNGになりますので、カッチリした場面での着用は絶対に避けましょう。


3.まとめ

如何でしょうか、この記事を最後まで読んで頂いた皆さんのドレスコードに対する意識は少しでも変わりましたか?

冒頭でも申し上げたとおり、その場の雰囲気に即しているか、その場で時間を共有している周りの人々に不快な思いをさせていないか、一緒にお食事をするお相手の女性に恥ずかしい思いをさせないことが重要なのです。

自分がしたい恰好をするのではなく、その場を共有している皆さん、強いてはお相手の女性への気遣いを身に付ける洋服や雑貨を通して表現できる大人の男性を目指しましょう!

 

服の悩みが解決する!全52ページの「完全“服トレプログラム”」をプレゼント

いい年の大人なのに服装は学生の頃からほぼ変わっていない。大人っぽい年相応の服装に変えていきたいと思っていてもセンスが無いから…と諦めていませんか?でも、実は、ファッションにセンスは不要なのです。

・自分に合う服装が分からない
・せっかく買ったのに全然着ていない洋服がある
・どのお店で何を買っていいか分からない
・服装がいつもワンパターンな気がする・・・
・女性に好印象の服装が知りたい

これらの悩みを解決する方法はただ1つ、「ファッションもビジネスと同じように論理的に考えて、アイテムの選び方や買い物の仕方の基本を押さえていくこと」です。
男性専門ファッションコーディネートサービスのパイオニアとして1万人以上の男性の服装のサポートをしてきたノウハウを全52ページに渡って詳細に解説しています。コーディネート事例の写真も豊富に載せています。
その通り実践すれば、1ヵ月後には、その場に適した服選びと着こなしが自然とできるようになります。その結果、外見が変わり、周りの反応も変わるはずです。
ぜひ、今後の印象をアップさせたい様々なシーンでお役立てください。