ポロシャツ×ジーンズの大人カッコいい着こなし4つのコツとシーン別コーデ

「ポロシャツとジーンズをカッコよくオシャレに着こなしたい」
「ポロシャツ×ジーンズのおすすめコーディネートを見てみたい」

春から夏にかけてポロシャツとジーンズを爽やかにカッコよく着こなしたいものの、どのように選べばよいのかわらない男性は意外と多いです。

せっかくですから大人っぽくオシャレに着こなせるようになりたい、そんな皆さんが選ぶ際の重要なポイントは「細身のシルエットを選ぶこと」と「落ち着いたベーシックカラーを選ぶこと」の2点です。

その上で、さらに「素材」や「デザイン」にも気を配ることによって、簡単に周りからオシャレに見て貰えるジーンズとポロシャツを使ったコーディネートが出来るようになります。

私たち男性専門のパーソナルスタイリストが、ポロシャツとジーンズの選び方のポイントを、コーディネート画像を見ながらわかりやすく解説します。

この記事を読んで頂くことで、皆さんが悩まずにポロシャツとジーンズを選ぶことが出来て、周りから好印象の着こなしが出来るようになることをお約束します!

目次

1.ポロシャツとジーンズを使った鉄板コーディネート4選!

ポロシャツはTシャツよりも大人っぽくかっちりとしたアイテム、ジーンズはチノパンよりもカジュアルな印象になるアイテムです。そのような、印象の少し異なる二つのアイテムを組み合わせるコーディネートに難しさを感じる方もいるかもしれません。

先ずは、代表的なコーディネート4種類を画像を通じてご覧頂きましょう。




いかがでしょうか。

このように、ポロシャツとジーンズのコーディネートも、上下の色や柄の組合せを変えたり羽織物を加えるだけで、印象がグッと変わったのをお分かり頂けたのではないでしょうか。

2.ポロシャツとジーンズの歴史

この章ではポロシャツとジーンズについて簡単に説明しながら、それぞれのアイテムの特徴について、ファッションのプロであるパーソナルスタイリストが説明したいと思います。

まず初めに、ポロシャツについてご紹介しましょう。

ポロシャツ
ポロシャツ アップポロシャツ(polo shirt)とは、襟が付いた半袖で、短めのプラケットと呼ばれる前立てを2~3個のボタンで留めるようにしたプルオーバー(被って着る)のニット素材シャツを言います。

その名の通り、英国で伝統的で盛んなスポーツ競技である「ポロ」で着るユニフォームとして誕生しました。

1920年代後半に地中海リビエラ地方でテニスウェアとして用いられるようになり普及していきました。
素材は木綿・麻・ウール・化学繊維などが使われ、一般的にはカジュアル見えする鹿の子編みと呼ばれる編み物が多く、上品な印象に見えるセーター風のニット編みがあります。

鹿の子編み鹿の子(参照:TPlant)

続いて、ジーンズについてご紹介します。

ジーンズ UPジーンズとは基本的にはデニム生地や他の綿生地でできたカジュアルなズボンを示します。

ジーンズを作る上で欠かせないデニム生地ですが、この厚地の綿織物デニムの語源は「Serge de Nimes(サージは織物。ドゥは英語のofまたはfrom、ニームはフランス南部の都市の名前)」で、これが簡略化されてデニムとなりました。

デニム生地(参照:yahooショッピング

ちなみにジーパンは和製英語で、デニム生地で作られたパンツのことです。
当初、ジーンズは作業着として履かれていた経緯がありますが、1900年代に入ると映画の影響を受けてファッションアイテムの1つとして定着し現在に至ります。

本来、ポロシャツはスポーツウェア⇒スポーティーなアイテム
本来、ジーンズはワークウェア⇒カジュアルなアイテム

それぞれの歴史や特徴を踏まえた上で、ビジネスカジュアルシーンやプライベートでオシャレに着こなすためには、相応の注意が必要になります。

3.好印象に魅せる!ポロシャツとジーンズを選ぶコツ4選

それでは、ポロシャツとジーンズを好印象に魅せる選ぶ方のコツをパーソナルスタイリストの視点で、皆さんにお伝えしたいと思います。

冒頭でもお伝えしましたように、最も注力すべきポイントは、「細身のシルエットを選ぶこと」と「落ち着いたベーシックカラーを選ぶこと」の2点です。

これらを踏まえた上で、さらに「素材」や「デザイン」まで気を配れるようになれたら、間違いなく周りからオシャレで洗練されたポロシャツとジーンズのコーディネートだと認識して貰えるでしょう。

3-1 ポロシャツとジーンズのシルエットは細身を選んでスマートな印象に

ポロシャツとジーンズのシルエットは細身を選んでスマートに演出させましょう。

先ず、ポロシャツについて画像を用いながら説明しましょう。
シルエットがゆったりしすぎると、野暮ったくてだらしない印象に見られてしまうので要注意です。

左:スッキリサイズ、右:大き目サイズ

ポロシャツ サイズ 比較ポロシャツはバストからウエストにかけての横のシルエットがスッキリとしたサイズを選ぶとスマートな印象に見て貰えます。

次にジーンズについても画像と用いて説明しましょう。
ポロシャツ同様にシルエットが太過ぎると、必要以上にカジュアル感が強くなり子供っぽく見えてだらしない印象と思われてしまいます。

左:スッキリサイズ、右:大き目サイズ

ジーンズサイズ比較モモから裾に向けてゆるやかに細くなるようなスリムシルエット、もしくは細身のストレートシルエットを選ぶのが最適なサイズ感です。

目安としては、もものあたりの生地をひとつまみ出来る程度であれば良いでしょう。

3-2 ポロシャツに合わせるジーンズは定番カラーを選んでスマートな印象に

ポロシャツに合わせるジーンズは「黒」「白」「濃いネイビー」など定番カラーを選ぶと、スッキリとスマートなコーディネートが完成します。

濃い青のジーンズ
ジーンズUP
黒いジーンズ
黒ジーンズ(参照:Men’s EX)

白いジーンズ
無彩色の黒・白、濃いネイビーはビジネスカジュアルにはもちろん、大人っぽいプライベートシーンでも幅広く活用できます。
それぞれのアイテムがカジュアルな印象であるため、大人っぽく見えるカラーを選ぶことを心掛けましょう。

反対に、色落ちした淡いブルーのジーンズはカジュアル度が高くなるので、スポーティーでカジュアルなポロシャツを大人っぽくコーディネートするための難易度が上がるので注意しましょう。

色落ちジーンズ
(参照:paulie

3-3 ポロシャツとジーンズの素材は天然素材中心に選ぶと上品な印象に

ポロシャツとジーンズの素材は天然素材を中心に選ぶと上品な印象に映ります。
特に綿素材による鹿の子編みのポロシャツは、着心地と機能性の観点から一番使い勝手が良いでしょう。

綿素材の鹿の子編みポロシャツ
ポロシャツアップあまり数は多くはありませんが、ウール素材のニット編みによるポロシャツは上品な印象になるため、大人っぽくコーディネートすることが出来ます。

ウール素材のニット編みポロシャツ
(参照:JOHN SMEDLEY
カジュアル見えする綿素材に対して、細い糸で編んだウール素材のニットポロシャツは上品な印象に見えます。

合繊繊維のポリエステル素材によるポロシャツはスポーツシーンなどに最適です。

ポリエステル素材のポロシャツ
(参照:楽天
スポーツシーンで着るポロシャツは、汗を早く乾かすためにポリエステルなどの合繊特有の光沢感はスポーティな印象になるため、ゴルフやテニスなどにとても相性が良い素材です。スポーティーな印象になるので、スポーツシーン以外での着用はおすすめしません。

3-4 襟高のポロシャツは大人っぽく、襟の短いポロシャツはカジュアルな印象に

ポロシャツは襟にも着目しましょう。
襟が立ち襟になっていると、ワイシャツのような首元の見え方となり、上品さが醸し出さるのでオススメです。

立ち襟
ポロシャツ アップ 矢印
「カッタウェイ」のようなワイドカラーは襟元をスタイリッシュに演出してくれます。

襟型:カッタウェイ
カッタウェイ
襟先をボタンで留めている「ボタンダウン」は襟先にボリュームが出て上品でありながら程よく柔らかい印象になります。

襟型:ボタンダウン
ボタンダウン
たいして、襟の短いポロシャツはワイシャツのようなカッチリした襟の印象から遠ざかるので、柔らかくカジュアルな印象になります。

襟の短いニットポロ
(参照:FACY MEN
カッチリしたジャケットと合わせる場合、チグハグな印象にならないように、ジャケットの素材に綿素材を選んだり柔らかいデザインを選ぶなど工夫が必要です。

より詳しいポロシャツの選び方とジャケットの選び方が知りたい方はこちらの記事を参照ください。

関連記事 関連記事

4.ポロシャツ×ジーンズを使ったシーン別コーディネート

この章ではポロシャツとジーンズを使ったコーディネートをシーン別にご紹介します。私たちパーソナルスタイリストのもとにも、非常に相談の多い内容です。

ビジネスやレストランディナーなどのカッチリと見せたいシーンと、女性とのデートや婚活パーティー、同窓会などのカジュアルでもオシャレに見せたいシーン別に分けてコーディネート画像をご覧いただきましょう。

4-1 ビジネスシーン(襟高、ジャケット)、レストランデートなど

ポロシャツ(シロ) × テーパードジーンズ(参照:cocochiya
清潔感あふれる白のポロシャツと濃紺のノーダメージジーンズは相性抜群です。
細身シルエットのポロシャツに合わせるジーンズはひざ下から裾にかけてスッキリ見えるテーパードシルエットのジーンズを選びましょう。

ポロシャツ(青) × テーパードジーンズ襟先に釦がついたボタンダウンポロシャツは首回りに適度なカジュアル感が生まれます。
夏のビジネスカジュアルではメランジ風の淡いブルーポロシャツは清潔感とカジュアル感がマッチして使いやすいアイテムです。

ポロシャツ(ブラック) × テーパードジーンズ × テーラードジャケット(参照:FABRIC TOKYO
上品見えする黒のニット編みポロシャツに上下同系色のジャケットとジーンズを合わせた大人のポロシャツとジーンズのコーディネートです。
カッチリ見えるウールのテーラードジャケットは服装規定の緩いビジネスシーンはもちろん、都心部のデートシーンでもおすすめです。

ポロシャツ(ネイビー) × テーパードジーンズ(ブラック) × スプリングコート
(参照:WEAR
春先の肌寒い時期にはポロシャツの上にスプリングコートを羽織るのもおすすめです。
春に映える明るいベージュカラーのスプリングコートに合わせるポロシャツとジーンズの色は、暗い色にまとめることでコーディネートがグッと引き締まります。

4-2 女性とのデート、婚活パーティー、同窓会など

ポロシャツ(アカ) × テーパードジーンズプライベートでカジュアル感を演出したい場合は、アクセントカラーのポロシャツもおすすめです。
奇抜にならないように原色カラーを選ぶのではなく、淡い赤やパープルなどを選ぶことで大人っぽく着こなすことが出来ます。

ポロシャツ(ライトグレー) × ブルージーンズほど良く色落ちしたブルージーンズはカジュアル感が強くなるため、ポロシャツとジーンズのシルエットを細身にしてスッキリと纏めることが重要になります。

ポロシャツ(サックスブルー) × ジーンズ(ホワイト) × カーディガン(参照:RAKUTEN
プライベートで肌寒さを感じる時期のコーディネートで、爽やかさを演出したい場合はカーディガンを利用しましょう。
サックスブルーとホワイトジーンズでスッキリとまとめたカーディガンはネイビーでまとめると全体感がまとまります。

ポロシャツ(ベージュ) ×ジーンズ × パーカー(参照:naturalthing CENTRAL
リラックスしたプライベートシーンのコーディネートでは、気軽に羽織れるパーカーを選びましょう。
淡いアースカラーのベージュポロシャツには暗い色のパーカーを羽織れば大人の男性でも違和感なく着こなすことができます。

ポロシャツ(ボーダー柄) × テーパードジーンズ(参照:zozo
ともすればカジュアル感が強くなり学生っぽく見える柄物のポロシャツも、暗い色ベースに単色の細い線によるボーダー柄を選ぶと大人っぽく着こなすことが出来ます。
全体のカラーリングを暗い色でまとめて統一感を演出しましょう。

5.ポロシャツ×ジーンズに合わせるべき厳選6アイテム

5-1 「ジャケット」は細身のシルエットを選ぶと知的な印象に

ポロシャツに合わせる「ジャケット」は細身のシルエットを選ぶと知的な印象に見えます。

(参照:Men’s EX

サイズ感の大きいジャケットは急激におじさんぽく見えてしまうため、ポロシャツとジーンズ同様に、細身のシルエットで全体の統一感を細身にすると知的でスマートに着こなすことが出来ます。

より詳しいジャケットの選び方が知りたい方はこちら

関連記事

5-2 「スプリングコート」も細身シルエットと着丈の長さにこだわろう

ポロシャツに合わせるスプリングコートは細身のシルエットと着丈の長さにこだわりましょう。

スプリングコート
スプリングコートUP
春先にカッチリとしたコーディネートをしたいシーンでは、防風性のあるナイロンやポリエステル素材のステンカラーコートが最適です。

インナーにセーターを合わせたキレイめカジュアルコーディネートも出来ますし、着丈が長いのでスーツやジャケットスタイルの上から羽織ることも可能です。

5-3 「カーディガン」はジャケットよりもカジュアルに見せるアイテム

ポロシャツにカーディガンを合わせると、ジャケットよりも柔らかくカジュアルな印象に見せることが出来ます。

(参照:RAKUTEN
ジャケットのカッチリとした襟が無く、伸縮性のある素材を利用したカーディガンは、ジャケットに比べて柔らかい印象になるため、プライベートや服装規定の緩い会社のオフィスカジュアルシーンでもお勧めのアイテムです。

腰骨付近のスッキリとした着丈に、前ボタンを外してもだらしなく見えない細身のシルエットを選びましょう。
機能性の高いアイテムゆえに大きいサイズでダボっとした着こなしになると、一気に子供っぽく見えてしまいます。

より詳しいカーディガンの選び方を知りたい方はこちら

関連記事

5-4 「シューズ」はレザー素材を選んで大人っぽく

ポロシャツに合わせる「シューズ」はレザー素材を選んで足元から大人っぽさを演出しましょう。

レザーシューズ
レザーシューズ
レザーシューズはシンプルなストレートチップかウィングチップのデザインで、細身に見えて鼻先が長めであれば、足元からスッキリとしたイメージを演出することが可能です。

大人っぽさを強調したい場合はレザーシューズ、カジュアルな印象を出す場合はレザースニーカーがオススメです。

レザースニーカー
レザースニーカー
機能性が高いスニーカーもレザータイプを選ぶと上品で大人っぽいイメージをキープしつつカジュアルな装いがで完成します。

レザー(革)素材で色は黒かコゲチャですが、よりカチッと見せたいのであれば黒、やや柔らかい印象を醸し出すのを狙うなら「コゲチャ」となります。

コゲチャは黒ほどカッチリになり過ぎず、適度に上品な柔らかさが演出できます。明るい色よりは濃い色目の方がより合わせもし易く、シャープな印象にもなるので足元を引き締めてくれますのでオススメと言えます。

詳しいシューズの選び方はこちらをご参照ください。

関連記事

5-5 「ベルト」はレザーを選び全体の統一感を出そう

ポロシャツに合わせるベルトもレザーを選び全体の統一感を出しましょう。
ポロシャツの裾からベルトがちらりと見えることがあるので、写真のようなレザーのバックルタイプが良いです。

レザーベルト
ベルト
ベルトは幅が太過ぎるとインパクトが強くカジュアルすぎるため、3.5cm(35mm)くらいのベルト巾を目安に選ぶと良いでしょう。
3.5㎝巾を軸に考えて、それよりも太いとカジュアル用、3.5㎝よりも細いベルト巾だとビジネス用と認識頂いて大丈夫です。

色は黒かコゲチャがセオリーですが、靴の色に合わせると統一感が生まれることを覚えておきましょう。

また、もっとカジュアルな印象を出すなら、メッシュ状になっているレザーメッシュベルトなどもいいでしょう。

レザーメッシュベルト
12689 メッシュベルト ブラウン
編み込みになっていることで、カジュアル感が出ます。

詳しいベルトの選び方はこちら

関連記事

6.ポロシャツ×ジーンズにそぐわないNGコーディネート

6-1 派手なデザインのポロシャツは避ける

派手なデザインのポロシャツは避けましょう。
(参照:メンズファッションどっとこむ
カジュアルパンツの代表格であるジーンズに、派手なデザインのポロシャツを合わせると一気に子供っぽく見えます。

6-2 大きいサイズのダメージジーンズによる着こなし

ダボっとした大きいシルエットのダメージジーンズも避けましょう。

(参照:SHOPLIST.com
大きすぎるシルエットのジーンズは周りにルーズな印象を与えてしまうため、大人っぽいコーディネートと対照的な着こなしになります。
若々しい中高生には最適ですが、20歳を超えてからの着こなしとしては要注意です。

7.ポロシャツとジーンズを買うならこの店!おすすめ3選

7-1 トゥモローランド

トゥモローランド 

セレクトショップは量販店よりもお値段は上がりますが、自社製造あるいは海外からのインポート(輸入)商品などもあり、春から夏にかけてポロシャツとジーンズのコーディネートも安心して揃えることが出来ます。中でもトゥモローランドは幅広い年齢層に人気があり、女性ウケも良いブランドでありますから押さえておくと良いでしょう。

セレクトショップは店舗によって商品構成が異なりますので、カジュアルアイテムの構成比率が高い店舗であれば探しやすいでしょう。

7-2 イセタンメンズ

イセタンメンズ 

東京新宿にあるデパートで地下1階から8階まで全て男性向けのアイテムが揃っています。そのため品揃えが豊富でポロシャツとジーンズを使った全身コーディネートも可能です。
ブランド数も多く、大人っぽいオシャレなアイテムが豊富にあります。

売り場面積が大変広く、ブランドショップも多く並んでいるため、初心者の方の場合、自分に合うものを探す作業がは少し大変かもしれません。時間に余裕を持ってじっくりと買い物に行かれることをオススメします。

7-3 ライフブランディング

>>ライフブランディングのサイトはこちら<<

お店に行ったけれど、自分では良いものが選べない・・・など洋服の買い物に悩まされた男性は利用してみてください。

男性専門でファッションコーディネートサービスを提供しており、これまで1万人以上の利用者がいます。
ポロシャツとジーンズのご要望もよく頂きます。

お店と少し異なるのは、まずカウンセリング(洋服を着るシーンやライフスタイルをヒアリング)を行い、サイズを計測してから最適なコーディネートをプロのパーソナルスタイリストが選ぶ点です。

服選びに悩まされた際にはホームページの無料相談フォーム、あるいはフリーダイアル0120-470-460で電話無料相談が受けられます。

8.ポロシャツとジーンズを揃える際におすすめの通販ショップ【BEST3】

服装選びはサイズが重要なため、仕事など重要なシーンで着る場合は、お店で試着をして選ぶことをおすすめします。とはいうものの、「お店に行く時間がない!」「そもそもお店が近くには無い!」という方もいるでしょう。その場合はネットで購入するのも一つの手でしょう。

そんな方のために、おすすめの通販ショップ【BEST3】をご紹介します。

【BEST1】「マネキン買い」で失敗知らず!メンズファッションプラス

おすすめ通販①


やりすぎない、失敗しない無難な男服をコンセプトに、ファッション初心者でも気軽に買える「マネキン買い」が可能。コーディネート写真でいいなと思ったアイテムが一式で購入できてしまうのでラク!

【BEST2】「大人っぽいきれいめアイテム」ならスプートニクス

おすすめ通販②


こちらも大人っぽくキレイめなアイテムが揃います。アイテムの種類が豊富で、選びやすいのも特徴。

【BEST3】厳選アイテムで初心者も買い物しやすいDcollection

おすすめ通販③

>>Dcollectionのサイトはこちら<< 

シンプルでベーシックなアイテムが厳選された通販ショップです。ファッション初心者向けにファッションが学べるメディアやコーディネート例も豊富にあるので、ファッションがあまり得意でない方にもやさしい通販サイトです。

9.まとめ

いかがでしたでしょうか。

今回はポロシャツとジーンズの選び方から着こなし方までご紹介してきました。

大人っぽくオシャレに着こなす際の選ぶポイントは「細身のシルエットを選ぶこと」と「落ち着いたベーシックカラーを選ぶこと」の2点を先ずは注力するようにしましょう。

この2点をしっかりと押さえるだけでも、今までなんとなく上手くいかなかったコーディネートも見違えるくらいにスッキリと大人っぽくまとめることが出来ますよ。

今年の夏はオシャレなポロシャツとジーンズをオシャレに着こなしてみてくださいね!

記事を読んでも、自分で出来ない方はプロに相談

ロジラボの記事を読んではみたものの、自分では難しそう・・・という方は、ぜひ、プロにお任せ下さい。ロジラボの記事を執筆している男性専門コーディネートサービス「ライフブランディング」があなたにふさわしい服装をご提案します。無駄な時間や労力を使わずに印象アップさせましょう。

・自分に合う服装が分からない
・せっかく買ったのに全然着ていない洋服がある
・どのお店で何を買っていいか分からない
・服装がいつもワンパターンな気がする・・・
・女性に好印象の服装が知りたい

ライフブランディングは、10年以上に渡って1万人以上の男性の服装のサポートをしてきた、男性専門ファッションコーディネートサービスのパイオニアです。
婚活やビジネス、デートなどの大切なシーンに合わせて、最もあなたにふさわしい服装のご提案から、アイテムのご用意までを代行します。