お見合いの服装は清潔感が重要!失敗しない「ジャケパン」着こなし術

ジャケパンコーデアイキャッチ

お見合いが決まったのは良いのだけど、着ていく服をどうしようか悩んでいませんか?
スーツが無難か?でも会うのは休日だし。。

実は、お見合いで着ていくべき服装は大きく分けて
・ジャケパンスタイル
・スーツスタイル
の2つに別れます。

今回は、この2つの服装の着こなしと、各アイテムの選び方をご紹介いたします。
これであなたの大事なお見合いの第一歩を確実なものとして下さい。


1.お見合いの服装はジャケパンスタイル、無ければスーツで

まずは鉄板のジャケパンスタイルにおいて、必要なアイテムは5つあります。
・ジャケット
・襟付きシャツ(ワイシャツ)
・パンツ
・靴
・バッグ

では、お見合いにおけるそれぞれのスタイルについて、注意点などを具体的に挙げてみましょう。

1-1現代のお見合いスタイルの定番は、「ジャケパン」

<ジャケット>
お見合いにおけるジャケットについては、素材はウールがベストとなります。
スーツっぽい生地となりますが、相手からの目線にも近い場所にあり、表面積も大きい部分に関してはかっちりとした印象を醸し出すことがポイントとなります。
綿のジャケットも店頭では見られると思いますが、複数回目に合う時の素材としては良いともいますが、最初のお見合いはウールがより大人っぽい上品な印象になります。

色は紺の無地がベストです。合わせもしやすくて失敗しにくく、濃色ではあるもののお見合いにおいては女性に対して爽やかな印象にも繋がります。

どうしても紺無地が無かったり、どうしても嫌だ!という方は、チャコールグレーのような濃いグレー、黒の無地が妥協案となります。

また後程詳しくはお伝えしますがサイズはジャストサイズが必須となります。

普段仕事でスーツを着ていない方など、ジャケットを着慣れていない方もいるかと思いますが、これが大人っぽさを演出する最重要ポイントとなります。

前立ては2つボタンで、ボタンをする際は上の第一ボタンのみを留めます。下は飾りと思って頂いて良いです。基本は留めません。3つボタンはクラシカルなスーツっぽい印象となるので2つボタンが定番です。

ボタンは、会う時や立っているときは留めて、着席したときには留めるようなイメージでいると良いでしょう。

<シャツ(襟付きシャツ、ワイシャツ)>
中に着るシャツは色が白の無地で、綿素材。化合繊維が使われているものはシワになりにくいなどの機能性はあるかと思いますが、見た目にはややチープな印象になりやすいです。天然繊維の綿で少し生地に厚みがあると身体のラインを立体的に見せる効果に繋がります。

ちょっとしたアクセントを入れたいという方は、淡いブルーや淡いピンクやラベンダーを入れても良いと思います。

そして襟の高さがあるものが良いです。ノーネクタイで一番上のボタンを外して着ますので、その時に襟の高さがあると大人の男性イメージを醸し出してくれます。

ワイシャツについては、こちらでも詳しく書いております。
基本3つを押さえるだけでマスター!自分に合ったワイシャツの選び方

<パンツ>
パンツ(ズボン)は綿素材で細身のチノパンタイプが良いかと思います。ジャケットが濃色無地の場合の下の色はベージュなどの明るめの色が良いでしょう。勿論無地です。ジーパンはここではNGとしましょう。

色は明るめと言っても真っ白までいってしまうと秋冬シーズンで寒々しい印象となります。
また、濃い色目でも良いのですが、全体的にやや暗いトーンになりますので、対女性場面でのソフトな印象を出すうえではベージュくらいの明るい色目がオススメとなります。

チノパンについては、こちらでも詳しく書いております
大人カジュアルからデートまで!チノパンの選び方をシーン別にご紹介

<靴、シューズ>
そして足元は、楽だから!と言っていきなりスニーカーとはいきませんので、まずは革靴で、色はコゲチャがベストです。黒でも良いのですが、ややかっちりとした印象となりますのでコゲチャを選んで下さい。あまり丸みが強い見た目ではなく、細身で鼻先を少し長めにしていくと全体的にスッキリとスマートで統一されたバランス感となります。当然ウォーキングシューズのようなものもこの場合はNGです。

レザーシューズ

ちなみにこの場合の靴下は、多少の柄は良いですが、ベースは黒っぽい濃色であることが必要です。足元は革靴ですし明るい色目は素足っぽく見えてしまうので良くないです。

<バッグ>
バッグもやはり持った方が良いでしょう。と言いますのは、お財布などがジャケットやパンツのポケットに入った時に膨らんで見えるあの感じを女性は結構嫌がります。

ですので、薄手の手持ちのいわゆる“ブリーフケース”と呼ばれるような手提げカバンを持たれるのが良いかと思います。ポケットで膨らみやすいものはバッグに収めて頂き、持って歩きましょう。
薄手というのがポイントです。自立しないくらいのものがあれば尚良いです。
全体を細身にしていき、バッグも薄くすることでシルエットの統一感に繋がります。

ジャケットスタイルなので、楽だからと言ってショルダーバッグやリュックなどの肩掛けカバンはNGとなります。

あと手持ちのハンドバッグは、おじさんが持つセカンドバッグのイメージとなり、女性ウケは良くないので避けましょう。

以上が最低限で必要とされるでしょう。その他、例えばポケットチーフやネックレス、指輪などの装飾品ですが、基本は考えなくて良いです。お見合いにおいては変に個性を出すことは極力控えておきましょう。その方が良い意味で無難です。

また装飾品ということであれば、時計はあっても良いと思います。ジャケットスタイルなのでデジタル表示のものや、最近流行ですがウェアラブルウォッチは今っぽいとは思いますが、もっとベーシックなアナログの針表示の時計が良いでしょう。ベルトは革で金属でも良いと思います。無ければ無理に付けなくても良いです。

時計を持たない方も多いと思います。スマホで時間チェックされると思いますが、スマホチェックは相手がいない時に。

1-2「ジャケパン」持ってない方や自身がない場合は「スーツ」

それでもジャケパンに対してハードルの高さを感じてしまう方は、スーツとなります。カジュアルではダメです。

スーツについては、これも細身のシルエットで紺かチャコールグレー、黒系の無地調がベストですが、無地が無ければシャドーストライプかピンストライプ呼ばれるような目立ちにくいストライプ柄であれば良いでしょう。

中のワイシャツは上述と同様で白か淡いブルー、淡いピンクなどの無地が良いと思います。
もう少し変化を出したい場合でも淡い色目のストライプくらいでしょう。

ネクタイはベーシックな濃色でも良いですが、淡いピンクやラベンダー、シルバー調やサックズブルー(水色)などの淡くて明るい色目のベースのものだと女性に柔らかい印象が出せます。

ここぞという時のネクタイは情熱の赤で!という方もいらっしゃいますが、女性にはちょっと強い高圧的な印象となりやすいので避けておいた方が良いです。


2.第一印象でその後が大きく左右される。それには「サイズ」「色・柄」「素材」が最重なポイント!

お見合いに着ていくものはわかったうえで、いかにイメージを上げていけるかが重要となりますが、お見合いにおいて何を着ていくにしても必要とされる選ぶ際のポイントをお伝えします。

女性からのイメージを上げていくうえで、おさえるべき最重要ポイントが3つあります。

○サイズ
○色・柄
○素材

この3つのポイントによって、イメージが大きく左右されてしまうと言っても過言ではありません。
逆に言うと、最低限この3つのポイントさえ押さえれば、誰でもワンランク上の差別化されたイメージを演出することが出来ます。

2-1「サイズ」はジャストサイズで選ぶ!細身ですっきり!

まずはサイズですが、必要なのは、ジャストサイズで洋服を着ることです。

お見合いにおいては、第一印象が勝負どころとなります。
複数回目で行く場所が遊園地や水族館のようなシチュエーションであれば、多少動きもとり易い服装になることもありますが、初対面のお見合いであれば第一印象で女性によりスマートなイメージを抱いてもらうことが最重要ポイントとなります。

そのためにはジャストサイズは必須となります。

男性は洋服を選ぶ時に、ラクな方が良いのでオーバーサイズで選びがちになります。
ただし必要以上に洋服が大きいと、女性が見た時に野暮ったく思われてしまします。
だらしない印象にもなってしまいます。

勿論、細すぎてピチピチな感じも良くないのですが、まずは必要最小限なゆとりがあって、余計なゆとりがない、ということです。

アイテムや部位によって適切なゆとり量が定量的にありますので、ご自身の実寸値に対してどれくらいのゆとり量なのかを知ることが出来れば、ジャストサイズという定義の元で洋服を着ることが出来ます。

<ジャケット>
・肩は肩幅と同サイズとなります。肩口が落ちているように見えるとオーバーサイズです。
逆に小さいと着た時にキツくなってしまいます。
・ボタン位置の胴回りは、ボタンを留めた際にコブシがちょうどひとつ入るくらいが適切なゆとりとなります。
・袖口は、くるぶしが覆うくらいの長さが良いです。
・着丈は長すぎても短すぎても良くないのですが、お尻を覆い尽くさないくらいが目安となります。お尻の3/4を覆うくらいがイメージとなります。

<シャツ>
・ネック(首回り)は実寸プラス2cmが適正。指が一本入るくらい
・肩は実寸そのままか実寸プラス2cm(片側1cm)まで
・バスト(チェスト)と呼ばれる胸回りは実寸プラス15cmほど両腕を拡げた際にダブつかない程度
・ウェスト(お腹周り、おへそ位置の胴回り)は実寸プラス12cmほど。こちらも両腕を拡げた際にダブつかない程度
・裄丈は実寸計測値。腕を上げた時に手首が露出し過ぎない程度で、手を下げた際に袖口が手首で留まるくらいが良い。手のひらをすっぽり覆ってしまうと長すぎ

バストウェストサイズイメージ

<パンツ>
・無理のない程度で細身に見える状態が良いです
・股上が深いとおじさんっぽい印象となりますので、股上は浅めで
・お尻からモモ周りにかけては、あまりゆとりはない程度が良いです。親指と人差し指でつまめる位あると良いでしょう
・スキニーフィットだと細すぎてしまうので、ヒザから裾にかけて緩やかに足のラインに沿って細くなる“テーパード“と呼ばれるようなラインなのですが、店舗だとスリムフィットという表記であればイメージは近いかと思います。ディナーでの差し色コーディネート

 

サイズについては、お店だとなかなか試着を希望しにくいとは思いますが、やはりサイズ感の確認をする上で試着は行った方がより間違いないです。多くの男性は自身の身体の適正よりも大きめのサイズを選びがちとなります。オーバーサイズは野暮ったくだらしないイメージとなってしまいます。
着た時に全身鏡でチェックすることは必須としてください。

2-2「色」は定番色をおさえればOK!“無地”を基調に大人らしさを演出

続いて色についてですが、お見合いにおいて重要な第一印象で大人っぽさを体言させるのであれば、無地定番色を使うことが重要となります。

30歳以上の大人向け男性ファッション誌を見てみるとわかりますが、相対的に柄物よりは無地の方が多く掲載されています。

ですので、柄よりも無地の方が大人っぽさを出せます。

ブランドロゴやブランドマークなども同様に、取り入れようとしない方が良いです。
変に個性が出てしまいます。

各アイテムについては下記のようになります。

ジャケット:紺、(もしどうしても嫌であれば)チャコール(濃い)グレー、黒
シャツ  :白がベスト、控えで持つなら淡いブルー、淡いピンクやラベンダー
パンツ  :ベージュ

ジャケットについては、対女性場面だから明るい色目でソフトな印象に!と想像される方もいるかと思います。たしかに間違いではありませんが、相手の目線からも近く、表面積も大きいジャケットで明るい色目を持ってくると、シャツやパンツとの合わせがやや難しくなってきます。

2-3「ジャケット」はウール、「パンツ」は綿、「素材」は印象を左右する重要ポイント

素材でのポイントは、素材がいかに見た目の印象に転換されるのか?
ということです。

今回はお見合いですので、大人っぽい上品な印象を出すことが必要となりますので、各アイテム共に天然繊維を使うことがポイントとなります。

機能性が好きな男性は、ナイロンやポリエステルなどを好んで選ばれますが、スポーティな印象にもなりやすいです。イメージ重視のここでは天然繊維を上手に取り入れていきましょう。

各アイテムについては下記のようになります。

ジャケット:ウール(スーツ地に近くて良いです。あまり光沢感が強いとフォーマルな雰囲気や成金っぽいイメージに思われてしまいますのでご注意下さい。どうしてもカチっとし過ぎて嫌であれば綿)
シャツ  :綿で、少し厚手の生地が大人っぽさや高級感が出せるので良いでしょう。
パンツ  :綿でチノと呼ばれる生地か、カツラギと呼ばれる素材であれば良いでしょう。そこにポリウレタン(ストレッチ素材)が入っていると伸びる素材なので細身にした時に動きやすくなります。混率で1~5%くらいあれば十分に伸びます。

さらには上記のイメージであれば、あまり季節感が出ずに一年中使えるもので構成出来ますので、1年を通して不安のない状況が作れますね。


3.お見合いに適さない服装

お見合いには、お見合い用の服を用意することが必要となります。
女性が男性に何を期待しているのか?を想像して頂き、それに服装で応えて行けば、余計なことを言わずとも第一印象というハードルを越えていくことが出来ます。

前述している内容もありますが、NGなことは、

・カジュアル過ぎてしまう
・スーツも普段使っているものと何ら変わらない、しかもヨレヨレ
(サイズ、色柄、素材が自分に合ったもので用意する)
・清潔感がない

カジュアル過ぎてしまうと、普段着感が拭えませんし、子供っぽく映ってしまいます。頼りがいのある大人の男性というイメージを第一印象でしっかりと認識してもらうことを意識しましょう。

ジャケパンに自信がなかったり、スーツが指定されている方であれば、そのスーツも普段使っているものそのままではなく、サイズ、色柄、素材が自分に合ったものを新たにお見合い用として用意するくらいで良いと思います。

女性が見ているであろう、気にするであろうポイントとしてはこのようになります。
是非ともチェックしてみて下さい。


5.お見合いで女性から好印象の服装を揃えるならココ

特に気を遣わない場面で着るような服であればファストファッションやネット通販などで気軽に選ぶという方法もあると思いますが、お見合い場面については就職活動に近い考え方で良いと思います。就活でもそれ用にスーツを用意されたと思います。婚活向けも普段着とは別として考えていきましょう。女性も気を遣う時の洋服はセレクトショップやデパートなどである程度の金額がかかりながらも選んでいるという方が多いです。

・ユナイテッドアローズ、シップス、エディフィス(セレクトショップ)
いわゆるセレクトショップと呼ばれるような店舗となります。セレクトショップについては置かれているエリアによって顧客属性が異なることから商品構成が異なる場合もあります。ジャケパンコーディネートであれば、スーツとカジュアルが一緒に置かれているような店舗であれば見つけ易いでしょう。お見合いの時の服装はビジネスカジュアルに近い構成となるからです。
ジャケットやシャツ以外にも靴やバッグなどメンズのビジネスアイテムがコーナーに分かれており比較的探しやすいと思います。大人っぽくベーシックで落ち着いた印象のアイテムが揃っていますのでオススメと言えます。
首都圏だけでなく全国的に店舗が展開されているので店舗数も多いので選びやすいでしょう。

・イセタンメンズ、阪急メンズ(メンズ総合デパート)
全て男性向けフロアのデパートです。メンズファッションの品揃えとしては申し分ないでしょう。アイテム数がかなり多いので、選択肢がある中から選びたい方にとっては良いでしょう。ブランドごとにバリエーションは様々です。事前予約は必要ですが、買い物同行アテンドサービスなどもありますので、買い物が苦手な方にとっては考えなくて良いでしょう。


6.まとめ

以上がお見合いにおける服装のポイントです。

当然ですが女性の方がファッションに高感度で、目線も鋭いです。
それは着心地で選ぶのではなく、見られ方を意識しているからです。

見ていないようで、ちゃんと見てチェックしています。
男性が思う以上に女性はそこに敏感に反応しています。

これで不安なくお見合いに臨んで頂ければと思います。
お見合い以降のお付き合いはもっと重要ですし、バリエーションが必要ですからね。

ただジャケットは大人の男性であれば、何歳でも着る可能性が高いアイテムです。
今のうちに自分にあったジャケパンスタイルを確立できると、いざという時楽になりますよ。

ご自身のイメージアップのために、是非とも参考にしてみて下さい。

服の悩みが解決する!全52ページの「完全“服トレプログラム”」をプレゼント

いい年の大人なのに服装は学生の頃からほぼ変わっていない。大人っぽい年相応の服装に変えていきたいと思っていてもセンスが無いから…と諦めていませんか?でも、実は、ファッションにセンスは不要なのです。

・自分に合う服装が分からない
・せっかく買ったのに全然着ていない洋服がある
・どのお店で何を買っていいか分からない
・服装がいつもワンパターンな気がする・・・
・女性に好印象の服装が知りたい

これらの悩みを解決する方法はただ1つ、「ファッションもビジネスと同じように論理的に考えて、アイテムの選び方や買い物の仕方の基本を押さえていくこと」です。
男性専門ファッションコーディネートサービスのパイオニアとして1万人以上の男性の服装のサポートをしてきたノウハウを全52ページに渡って詳細に解説しています。コーディネート事例の写真も豊富に載せています。
その通り実践すれば、1ヵ月後には、その場に適した服選びと着こなしが自然とできるようになります。その結果、外見が変わり、周りの反応も変わるはずです。
ぜひ、今後の印象をアップさせたい様々なシーンでお役立てください。