婚活はプロフィールが命!男性の為の項目別のコツ6選と自己PR4例

婚活プロフィール男アイキャッチ

婚活を始めてみたものの、なかなか上手く進まなくて
不安を感じている男性は多くいるのではないでしょうか。

もしかして「プロフィール」の書き方について手を抜いていませんか?
プロフィールとは、女性がこの男性のことを知りたいと思うための最初のハードルです。

これを超えない限りどんなに魅力的な男性であっても女性と会うことはできません。

なので、プロフィールで必要なことは

「あなたに会いたいと興味を持ってもらう具体的な書き方をする」です!

これが結婚への一歩目です!

今回は婚活を始めて女性に興味を持ってもらうための具体的なプロフィールの書き方についてのコツをお伝えしていこうと思います。

しっかりとプロフィールの書き方をマスターして、多くの女性とコンタクトを取り、ご成婚への一歩を踏み出しましょう。


1.婚活のプロフィールはコンタクトを取るための重要な窓口です!

まず知っていただきたいのは、女性は多くの男性からアプローチを受けています。
その中であなたに興味を持ってもらうために「最初」に女性の目に入る「プロフィール」は絶対に手を抜いてはいけない場所です。

どれだけトークスキルに自信があって、趣味嗜好が似ていて仲良くなれそうであっても、相手に興味を持ってもらえなければ意味がありません。

なので、しっかりとポイントを押さえて最初のハードルを越えていきましょう!


2.婚活で男性のプロフィールの書き方を項目別解説

結婚相談所、婚活パーティ、婚活サイトなど婚活の形は色々とありますが、内容や書ける文字数はそんなに多くありません。ここでは、項目ごとに書くべきポイントについて解説していきます。

2-1 基本項目(職業、年齢、年収、身長、体重、学歴、出身地)はありのままに書く

基本項目のポイントは「ありのまま書く」です。

背伸びをすると後々の問題になりますし、自分を下げることはネガティブな人に見られて好印象を与えられません。ありがちなのは無記入ですが、これはどんな人なのかわからないためコンタクトを取りづらい印象になります。

特に、職業は「メーカー」「製造業」と曖昧に書くのではなく、企業名まで書く必要はありませんが、「メーカーの営業」「製造業の新商品開発担当」など質問がしやすくなるように細かく書きましょう。

そうすることによって、「新商品ってどういったもの作っているのですか?」「私も営業やっています!」「営業の仕事ってどういった感じなのですか?」

など、話のきっかけになりやすくなります。

2-2 自分の性格はポジティブにして客観性を入れる

20~30代の女性に聞いた、結婚相手に求めている人は「頼りがいのある大人の男性」が上位に来ています。

20~30代の女性に結婚相手に求める条件についてアンケートを実施。TOP5はこんな結果になりました!

1位:趣味や金銭感覚など価値観の一致
2位:誠実さや頼りがいなどの性格
2位:あなたへの愛情の深さ
4位:健康状態 
5位:年収
(出典:性格?年収!?結婚相手に求める条件は?

アンケート結果からもわかるように、年収などよりも上位にくるほどに頼りがいは重視されています。なので、プロフィールも頼りがいを感じさせるように書いていきましょう!

2-2-1 プロフィールには性格のマイナスのことはかかない

アンケートで頼りがいのある男性が求められていることがわかりましたね。

では、プロフィールにはどのように生かしていけばいいのでしょうか。

それは、「マイナスのことを書かない」ことが重要になってきます。

なので、プロフィールには
①「私は人づきあいが苦手です」
②「私は失敗をすると落ち込むことが多い」
③「サバサバしている性格で一つの事に固執しません」

とマイナスになる表現を書くのではなく

①人づきあいが苦手         →    自分の時間を大切にしている
②失敗すると落ち込むことが多い   →    責任感がある
③サバサバしている         →    色々なことに興味がある。

と変換してみましょう。これだけでも印象が大きく変わりますよ!

2-2-2 性格には客観性を持たせて説得力を出す

さらに性格に現実味を持たせるために「客観性」を入れると説得力が増します。

①「平日は仕事で忙しいので休みの日には読書などの自分の時間を大切にしており、友達には自分の好きなものがあって羨ましいと言われます。」

②「仕事に対して責任感を持って従事しています。上司からも責任感があるからと仕事を任せてもらえる機会が増えてきました。」

③「私は色々なことに興味があり行動をする性格です。友達には君といると色々なことが出来て飽きないよと言われます。」

どうでしょうか?文章を少し加えるだけで、書いた人のイメージが少し沸いたのではないでしょうか。

性格は「ポジティブ」に「客観性」を加えて書いてみましょう。

2-3 男の婚活プロフィールには、趣味は必ず書いて、個性的なものは書かない

趣味って言えるほどやっているものがないのですが。
仕事を毎日やってたまの休みの日は寝ていて趣味やる時間なんてない!
という方が非常に多いです。

が、書きましょう!

趣味のポイントは
①「必ず書く」
②「個性的な趣味は書かない」
です。

2-3-1 趣味は「必ず書く」

なぜならば、趣味が空白だと、暇な時間は家でゴロゴロしているのかなと想像されてしまいます。
そうすると、結婚しても楽しい夫婦生活が想像できずに最初の声掛けでお断りされてしまいます。

女性はみんな結婚後の姿を想像して男性を選んでいることを憶えておきましょう。
では、趣味が思いつかない場合ですが「好きなこと」を書きましょう。

男性は「趣味」と言えるまでのハードルが女性に比べて高い傾向がありますが女性はそんなに詳しい趣味をもとめていません。(実は熱く語られると引かれることが多いです。)

例えば、野球をやったことなくて、野球もたまにテレビで見るくらいだとしても好きであれば野球観戦が趣味と言って大丈夫です。

しかし、「嘘」とは思われないように、最低限の話題にはついていけるように準備はしておきましょう!

2-3-2 「個性的な趣味は書かない」

なぜならば、極端にコンタクトの取れる可能性の女性が減ってしまうからです。

多くの趣味が世間では認められてきていますが、どうしても女性が結婚相手として求める男性の趣味としてウケがよくない趣味があります。

アンケートの結果では、1位ギャンブル、2位アイドルのおっかけ、3位アニメ鑑賞となっています。

◇モテない男性の趣味WORST10
第1位 ギャンブル
・「ギャンブル。最低最悪! パチンコや競馬等……」(女性/28歳/その他/その他)

第2位 アイドルの追っかけ
・「アイドルの追っかけ。アイドルのことで夢中になりすぎると思うからです」(女性/22歳/その他/その他)

第3位 アニメ鑑賞
・「アニメやフィギュアが好きとかはあんまりいい印象与えないと思う。オタクなのかな、自分よりそっちの女の子のほうが魅力的なのかなとか思ってしまう」(女性/33歳/医療・福祉/専門職)

第4位 オタク系
第5位 フィギュア集め
第6位 美少女アニメの鑑賞
第7位 車
第8位 ゲーム
第9位 ゴルフ
第10位 スポーツ

(出典:■ドン引きされる!? モテない趣味ランキング

多くの人に見られる場合だと上位のものは避けた方が無難でしょう。

ただし!いまは「オタ婚」といったものなどの、趣味を軸とした婚活もありますのでそういった場面では存分にアピールしていきましょう!

2-4 男性の疑問!煙草やお酒は女性からするとどうなのか?

男性は煙草やお酒にを嗜むかたも多い方思います。実際に女性からみたときはどんな印象なのかをアンケート結果を踏まえてみていきましょう!

2-4-1 煙草は控えておきましょう

喫煙者は圧倒的に女性からのアプローチを受けにくくなります。アンケートによると84.3%の女性が煙草を吸う人に魅力を感じないという結果になっています。

・「誠実には見えない。臭いもダメ。爽やかではない。」(女性/20代前半/京都府)
・「匂いが苦手です」(女性/20代半ば/兵庫県)
・「臭いが嫌。健康管理がなってなさそう。」(女性/30代前半/大阪府)
・「健康面を考えて。副流煙が嫌。吸っていない人に対する害が許せないから。」(女性/20代半ば/東京都)
・「くさい、テーブルに灰を落とされる、汚い、吸えないとイラつく人が多い。」(女性/30代前半/京都府)
・「たばこの匂いが嫌い、たばこ吸っている人はメンタルが弱そう、甘えてそうに見えるから。」(女性/30代前半/東京都)

(出典:<20・30代独身男女の意識調査> 独身男女の8割以上が「タバコを吸う異性」に魅力を感じない

などなど、結構厳しい意見を仰っています。
なので、女性からはあまり喫煙者は歓迎されません。

喫煙者の方は難しいと思いますが、婚活を始めるときに一回禁煙を目指してみることをおすすめします。
どうしても難しい場合は嘘をつかずにはっきりと喫煙者であることを伝えましょう。
嘘は後々大きな問題になりかねません。

2-4-2 お酒は大飲みとは言わない程度にしておきましょう

お酒は飲むと書いても問題ありません。アンケート結果でも夫婦では一緒に飲むことで時間を共有できるなどプラスのことが多いようです。お酒を飲むことが好きな女性も多いので問題なさそうですね。

自分も配偶者もお酒を飲む人のうち、87.2%が夫婦で一緒に飲むことが「ある」と回答。
一緒に飲むのは「楽しい」「コミュニケーション」「リラックスできる」時間。

(出典:夫婦での飲酒習慣に関するアンケート調査

しかし、「たくさん飲む」ことを主張してしまうと、やはり結婚生活に不安を感じてしまいかねません。なので、お酒を毎日飲むような方以外は「少し飲む」と記入しておいた方が良いでしょう。

2-5 プロフィールにはどんな結婚生活にしたいかを具体的に書く

ここはかなり重要な項目です。「結婚」という婚活のゴールについてどのような考えを持っているかが直接わかる部分なので絶対に手を抜いてはいけません!

ここでのポイントは「文章を具体的に書く」です。

そのためには、5W1Hを意識して書いてみましょう!

What(何を)・Who(誰が)・Where(どこで)
When(いつ)・Why(なぜ)・How(どうやって)

例えば

①「結婚生活は明るく楽しく過ごしたいです」
②「夫婦一緒に元気に過ごしたいです」

これですと、少し薄っぺらいと感じませんか?
これを

①「結婚生活は家族みんなの笑い声が絶えないように、明るく楽しく過ごせるようにしたいです」
Who「家族みんな」
How「笑いの声が絶えない」

②「楽しい時も辛い時も夫婦一緒に手を取り合いながら生活、楽しく元気に過ごしたいです」
When「楽しい時も辛い時も」
Who「夫婦一緒に」
How「手を取りあいながら」

このように少し言葉を加えるだけで、イメージのしやすさが変わってきませんか?

どちらも家族が笑顔でいる場面が想像できるのではないでしょうか。
このように女性にも「あなた」との夫婦生活を想像させることが重要になってきます。

しっかりと具体的にイメージが出来るように記入しましょう。

2-6 男の婚活プロフィール、写真は清潔感が命!

プロフィール写真のポイントは「清潔感」です。
お洒落はいりません!

重ねてになりますが女性が求めているのは「頼りがいのある大人の男性」です。
「清潔感」がなく、身だしなみがだらしないと頼りがいのある印象は与えられません。
なので

①服装
②髪型

以上、二つに注意を払いましょう。

2-6-1 服装は「頼りがいのある大人」を演出するために「スーツ」か「ジャケットスタイル」にしましょう。 

婚活は現代版のお見合いです。服装もカッチリとしたものを着て第一印象で頼りがいをアピールしましょう。

【スーツスタイル】
スーツスタイル
【ジャケパンスタイル】ジャケット 暗×明
パンツをスラックスからチノパンに変えて柔らかさを出しても大丈夫です!

婚活用の服装の選び方について詳しく知りたい方はこちら↓
【婚活男性に告ぐ!女性との良い出会いは写真からこだわろう】

2-6-2 髪型にも清潔感を与えましょう

清潔感を与えるために長さを短くしたり、ワックスなどの整髪剤で整えることが必要になってきます。
しかし、あまり髪型に気を使ったことがないので同セットしたらいいのかわからないという方が多くいらっしゃいます。

そうした場合は、美容室か床屋に行って「これから婚活をするので清潔感のある髪型にしてください」と正直に伝えてワックスの付け方を教えてもらうのが一番早いです。

もしくは、「今度結婚式でスピーチをすることになったから清潔感のある髪型にしてください」など少し濁してセットの仕方を教わることもありです。

動画投稿サイトにも、ワックスの付け方は検索したら多く出てきますのでそちらを参考にするのも一つの手です。

(参照:You Tube ルシード ヘアワックス スーパーハード スタイリング)

使うワックスは、コンビニで売っている、「スーパーハード」タイプのものが、お求めしやすい値段ですし扱いやすくなっているのでおすすめです。

1人でいるときや、同性の友達に合う時はつけなくても大丈夫ですが、写真の時や実際に女性と会う時は整髪剤をつけた方が清潔感が出て女性に好まれるので是非挑戦してみてください。

女性もメイクアップをして準備をしてくれていることを忘れないでおきましょう!


3.男の婚活プロフィール、ポイントを解説!自己PR4例

プロフィールで一番難しいのは自己PR文です。

ここでは文字数ごとに書き方のポイントを紹介しながら例をだしていこうと思います。

ポイントは①「自分の性格」②「趣味・好きなこと」③「結婚観」について触れて順番に書いていくことです。
文字の制限によって一つ一つの深さを変えていきましょう。

3-1 150字の自己PR その1

【初めまして!
①周りの人からは良く笑う明るい性格だと言われます。
②趣味は、ドライブで色々な場所に行って、現地の食べ歩きをしたり、お土産を見るのが好きです。最近、料理にも挑戦中です。
③一緒に、食事や旅行、料理などを通じてお互いが心地よくいつまでも笑いがある明るい関係が築ける方とお会い出来たらなと思っています。】

・「初めまして」からの出だしは誠実さが伝えられておすすめです。
・趣味や結婚観が端的にまとめられていて、結婚生活をイメージしやすい構成になっています。

3-2 150字の自己PR その2

【①性格は温厚で、周りからは優しい、真面目と言われることが多いです。
②休日は映画を観たり、テニスをしたりして過ごすことが多いです。動物が好きなので、一緒にペットを育てられたら嬉しいです。
③お互いに協力し合い、尊重し合いながら、笑いの絶えない穏やかな家庭を築いていきたいと思っていますのでよろしくお願いいます。】

・制限文字数が少ないときは、初めまして。などの出だしはカットしても大丈夫です。
・結婚感について、「協力」「尊重」「笑い」が使われており優しい印象を受けます

3-3 300400字の自己PR その1

文章制限に余裕があるときは④「なぜ婚活を始めたのか」を加えてあげると読む相手にも本気度が伝わりやすいです。

これは初めてに加えてあげると、文章としてスムーズになります。

【初めまして。自己紹介を読んで頂き、ありがとうございます。
仕事はエンジニアをしています。
④同僚、部下にも恵まれ大変充実しておりますが、仕事一筋で生きてきたため女性との縁が全くなく、仕事も軌道に乗ってきたので婚活を始めました。
①性格は温厚、冷静で、人が仕事で揉めているときには仲介に入り客観的な視点からアドバイスを行っています。
また、周りからはポジティブ・優しい・真面目と言われることが多いです。
②休日は、映画館で映画を観たり、ジョギングをしたりして過ごすことが多いです。
健康の為に体を動かすことも好きですが、インドアに過ごす時間も好きです。
③結婚後は、お互いの時間を尊重しつつ、休日を一緒に楽しめたらいいと思っています。
お互いに協力し合い、尊重し合いながら、いつまでも穏やかで、笑いの絶えない暖かい家庭を築いていきたいと思っていますので、よろしくお願いします。

目を通して頂いてありがとうございました。】

・文章制限が長い時は最初と最後にお礼の言葉を入れることも有効です。
・最初になぜ婚活を始めたのかの理由がはっきりしています。
・休日にすることをインドアとアウトドアの両方に範囲を広げています

3-4 300400字の自己PR その2

【初めまして。プロフィールを読んで頂きありがとうございます。
④現在の職場では、男性しかおらず女性との出会いがまったくないので、いい出会いを見つけるために思い切って婚活を始めました。
①私の性格は、楽しそうなことはとりあえずやってみるを信条にアクティブに活動することが多いです。そのおかげで友達からはいつも楽しそうだよなと言われます。
②趣味は都内の公園の散歩とふらっと寄った場所でおいしいご飯屋を探すことです。都内の公園は季節ごとにイベントが多く、先日行った公園では夜桜のライトアップを見ながらお団子を食べたのはいい思い出です。
③結婚後は、忙しい中でも一緒にゆったりとした時間を過ごしたりアクティブに動いたりと家族の楽しい時間をしっかりと確保したいと思っています。お互いに協力しあい笑顔の絶えない家庭を築きたいと思っていますのでよろしくお願いいます。】

・どんな性格な人かがイメージしやすい
・趣味の情景が細かく、女性がイメージしやすい形になっています。
・結婚後にも忙しくて一緒に過ごそうと伝えて、女性に安心感を与えています

以上になります。

ポイントは①「性格」②「趣味・好きなこと」③「結婚観」④「なぜ婚活を始めたのか」を入れて自分のイメージをさせることです。

この4つを入れておけばしっかりとどんな人かわかる自己PRを書くことができますので是非マスターしてください。


4.男の婚活プロフィールでやってはいけない注意点6選

4-1 嘘を書く

嘘は絶対にばれるので止めましょう。

長い人生を共に過ごすのならばしっかりと嘘のない自分を見てもらいましょう。
特に「年収」や「職業」、「学歴」は大きな問題になりうるので、正直に書きましょう。

4-2 自己PR文が短すぎる

自己PR文は絶好のアピールポイントなので短くしてしまうのはNGです。
ここが短いと読んでいる人から結婚に対する本気度が疑われてしまいます。

なので、しっかりと自分の結婚に対する気持ちをアピールする意味でも規定の文字数近くまで書きましょう。

4-3 ギャンブルはNGワード

婚活においてギャンブルは絶対にNGワードです。
結婚生活にはお金がかかりますので、女性が結婚後の生活に不安を抱いてしまいます。

なので、ギャンブルに関わることを書くことはやめておきましょう。

4-4 出会いの範囲を狭めない

初対面での印象はあんまりだったけど、実際に話をしてみたら気が合うなってことありませんか。
人には会って話をしてみないとわからないことが多くあります。
なので、まずは会える人の範囲を広くしておきましょう。

例えば

①「僕は野球が好きなので野球が好きな人だけ話しょう」
②「趣味はインドアなので、インドアの人仲良くしてください」
③「年齢は同じから2歳下まで、身長は155cm以下で看護師希望」

というのはNGです。
多くに人に受け入れてもらうためには

①僕はスポーツ全般に興味があります。特に野球は自分で体を動かすことも観戦しに行くことも好きです。多くのことに挑戦したいと思っているのでスポーツなど体を動かすことが好きな人お話しましょう。
「野球」→「体を動かすこと全般」に範囲を広げる。

②休日はインドアな趣味をしていることが多いですが、最近はアウトドアな趣味にも興味が出てきました。あまり触れてこなかった分野ですが、一緒に色んなことをやりたいのでお話しましょう。
「インドア」→「インドア、アウトドア両方」に範囲を広げる。

③年齢に関しては離れすぎてしまうと話題が不安になるかもしれませんが、実際に結婚相談所でご成婚されている方には、510歳程度離れているカップルが非常に多いです。

なので、男性ですと「自分の年齢+2~-13」程度の広さで書かれておくと良いです。

また、求める女性のタイプについては容姿や職業については、書かない方がいいでしょう。
細かい条件を設定してしまうと、一つでも当てはまっていない方からは連絡は来なくなってしまいます。
求める異性の欄には「明るい人」「優しい人」など曖昧にして範囲を広げましょう。

4-5 家族との同居や転職について

これはかなり難しい問題です。

いつかは伝えないといけない問題ですが、最初から伝えてしまうと「受け入れられない」ことがかなり多いです。
なので、テクニックとしてこれは「少し仲良くなってから」伝えましょう。お互いに情が移ってからならば「受け入れられる範囲」が大きくなります。

しっかりとプロポーズをする前には伝えるべきことではありますが、プロフィールには書くべきではありません。

4-6 顔文字や絵文字を使用するのはNG

プロフィールに顔文字や絵文字を使うのはNGです。

なぜならば、絵文字や顔文字は相手に対して、「幼い」「軽い」「バカにされている」という印象を与えかねません。
そうすると「本気で結婚したい」という意志が感じられなくなるからです。

女性が求めているのは「大人で頼りがいのある男性」です。
文面からも落ち着いている印象を与えることを意識しましょう。

もちろん仲良くなって、何度かメールでやりとりをして女性から絵文字や顔文字が出てくるようになってきてからなら使用することは大丈夫です。

タイミングが重要になってくるので最初のうちは使わない方が間違いありません。


5.まとめ

いかがでしたでしょうか。

今回は、婚活を始めるための最初のハードルの「プロフィール」についてお伝えしていきました。

何気なく書いていたプロフィールに実はこんなに意味と考え方があったのかと気付いていただけたら幸いです。
女性は常に「結婚後の姿」を想像していますので、その時にふさわしい「旦那様」像を描いてプロフィールを埋めていきましょう。

是非、しっかりとしたプロフィールの埋め方を実践して、未来の奥様を見つける一歩目を踏み出してください!

▼こちらの記事もおすすめ!▼

婚活パーティー服装25選!男性が第一印象でモテるジャケパン活用術

婚活失敗最大の理由は「身だしなみ」すぐ実践できる改善のコツとは?

オシャレレベルが10UPする!全52ページの「完全“服トレプログラム”」をプレゼント

いい年の大人なのに服装は学生の頃からほぼ変わっていない。大人っぽい年相応の服装に変えていきたいと思っていてもセンスが無いから…と諦めていませんか?でも、実は、ファッションにセンスは不要なのです。

・自分に合う服装が分からない
・せっかく買ったのに全然着ていない洋服がある
・どのお店で何を買っていいか分からない
・服装がいつもワンパターンな気がする・・・
・女性に好印象の服装が知りたい

これらの悩みを解決する方法はただ1つ、「ファッションもビジネスと同じように論理的に考えて、アイテムの選び方や買い物の仕方の基本を押さえていくこと」です。
男性専門ファッションコーディネートサービスのパイオニアとして1万人以上の男性の服装のサポートをしてきたノウハウを全52ページに渡って詳細に解説しています。コーディネート事例の写真も豊富に載せています。
その通り実践すれば、1ヵ月後には今よりオシャレでカッコいい服を手に入れ、外見が変わり、周りの反応も変わるはずです。
ぜひ、今後の印象をアップさせたい様々なシーンでお役立てください。