婚活デートで失敗しないための4ステップ【告白成功必勝マニュアル】

婚活デートアイキャッチ

“気になる女性とデートを成功させてもっと仲良くなりたい”
“結婚も見据えて、婚活デートでうまくいくポイントがあればぜひ知りたい”

男性の皆さんが女性と真剣にお付き合いするためには、複数回のデートを経験した上で「告白」を成功させる必要が有ります。

何回目の婚活デートで女性に告白をしたら良いのか?なかなかイメージがわかない方もいると思いますが、皆さんの真剣な気持ちを相手に伝えて、その告白の成功確率が大幅に上がるのは「4回目のデート」です。

1,2回目のデートだと気が早く女性から焦っているように見えますし、デートの回数が多すぎても告白のタイミングを逃しそうだという中で、丁度良いのが4回目のデートと言えるでしょう。

この記事を通じて、婚活デートを機に、最良のパートナーと出会えることを切に願っている男性の皆さんを成功に導けるよう、1回目のデートから4回目の告白デートまでの完璧な活動プランを徹底解説して全力でサポートしていきます。


目次

1.婚活デートで押さえておくべきポイント7選

婚活デートは下準備に始まり、待ち合わせからデート、デート後のやり取りにいたるまで7つのポイントがあります。

例えばSNSを使ったネットアプリや結婚相談所を通じて知り合った方との1回目の初デートから始まり、真剣な気持ちを伝える4回目のデートで告白成功に導けるかは、7つのポイントをふまえて行動できるかで決まると言っても過言ではありません。

1-1 下準備

考える男の人
段取り8分とありますが、婚活も下準備をシッカリとやっておけば、8割完成したのも同然です。
お店選びや当日のシミュレーションなど事前に段取りしておけば、当日になって慌てることなく余裕を持ってデートを楽しむことが出来ます。

この準備作業を怠ると、ちょっとしたアクシデントでバタバタとした姿を女性にさらしてしまい、頼りがいがなさそうとマイナスイメージを持たれかねないので要注意です。

1-2 場所

レストラン
いわゆるデートをする「場所」です。
どのエリア・どのお店を選ぶと女性はデートを楽しんでくれるのか?相手のありとあらゆる情報にアンテナを張り、全神経を注いで考えましょう。

1-3 時間

時間
全ての行動には時間が伴います。

待ち合わせをする時間に、待ち合わせ場所からお店までの移動時間、デート場所の滞在時間、駅から帰るまでの時間など、その日のデートが最高な時間を過ごせるためにはどうしたら良いのか把握しておく必要があるなす。

1-4 身だしなみ

身だしなみ
その人が良いか悪いかを判断する上で、見た目の印象は重要です。
努力と意識で改善できる「身だしなみ」には常に細心の注意を払いましょう。

1-5 デート中のマナー

テーブルマナー
相手の女性にデートを楽しんでもらうためには、それぞれの場面に応じたマナーにも注意を払わなければいけません。

デート中の基本、レディーファーストは守れていますか?まさか待合せ時間ギリギリに到着していませんよね?ディナー中のナイフとフォークの扱い方は完璧ですか?

落とし穴はいたるところにありますので、女性をガッカリさせないためにも意欲的に学ぶようにしましょう。

1-6 支払い

支払
デート代は、基本、男性が支払うようにしましょう。
出費が痛いなぁと心では思っても、支払う時もさりげなく処理することで大人の男性をアピールできるチャンスと捉えてのぞみましょう。

1-7 デート後のフォロー

メール
婚活デートも終わり良ければすべて良しですが、終り悪ければすべてが台無しです。
次のデートにこぎ着けられるかは、デート後のフォローで決まると言っても大げさではありません。

それでは、この7つのポイントにしたがって、1回目のデートから4回目のデートで運命の告白を成功させるために踏むべきステップをデート毎にお伝えしていきましょう。


2.STEP1:1回目の婚活(初)デート

初デート
婚活において、初回のデートは1番重要といっても過言ではありません。
1回目がなければ、その後おつきあいに発展することもありえないからです。

ただし、女性と初めて「二人きり」で出会うのは、まだ「デート」とは言い切れない部分も有ります。
お互いのプロフィールに興味を持った上で会ってはいますが、好意を抱くまでいたっていないので、まずは、2回目のデートに繋げるためにも、「自分のことを良く知ってもらう」ことが重要です。

そして、お相手の方から将来の旦那さんとして「頼りがいのある男性」だと認識して貰う必要があるので、自分の良さをアピールすることを心掛けましょう。
同時に、この女性とまた会いたいと思えるかもしっかりチェックする必要があります。

2-1 下準備

先ず、相手を知ることが重要です。
その日のデートを素敵なイベントに出来るか、女性からまた会ってみたいと思って貰えるかは当日の会話が重要です。

会うまでにやり取りしたメールの内容や、相手のプロフィールなど何度も読み返して会話の糸口を見つけましょう。最初は口下手でも大丈夫。その場を盛り上げようとするその気持ちが女性にとっては嬉しいものなのです。

2-2 場所

そして決めなければいけないのは、お店“です。
頼りがいのある男性をアピールするためにも、男性が率先してお店選びをしましょう。
お互いのことを知るためにも自己紹介がしやすいお店を選ぶことが重要になります。

2-2-1 お互いに“自己紹介”しやすいお店を選ぼう

カフェ
1回目のデートは、「落ち着いた席間の広いカフェ」を選びましょう。

ランチや夜ご飯も悪くはありませんが、会って間もない男女の間柄で食べている姿を異性に見せることを恥ずかしがる女性はいるのでカフェデートが良いでしょう。

曜日や時間帯によってお店の雰囲気は変わるので、事前のロケハンはしておくに限ります。

2-2-2 お店の予約は必須

相手へ配慮する上でも予約は必須です。

駅からのアクセス含めて、初めて行く人でもわかりやすいお店かどうかチェックしておくことで、当日迷子で会えない…なんとことにはなりません。

また、天候の影響を受けるような場所は避けておいた方が良いでしょう。
暑さで汗だくになるような外や、寒さで震えるような外気にさらされる場所よりは、ビルの中や屋根のある施設のほうが相手は嬉しいはずです。

2-2-3 待ち合わせ場所

背筋を伸ばした状態で待ちましょう。
誰もが緊張はしますがソワソワ挙動は意外と目立ちますし、背筋が良いと「男らしさをアピール」できます。

たばこを吸う人は合う10分前までに臭いケアを徹底しましょう。ガムを噛んだ状態での初対面はいけてないので事前に処理しておいてください。

2-3 時間

初回のデートは、1時間~2時間がベストです。

どんなに楽しくても、初回から全力投球しては持たないし、初回から内容の濃いデートを女性も求めていません。
どんなに相手の反応が悪くても、自分の好みではなくても、今後の経験値として1時間は場を持たせる努力をしましょう。

ちなみに、待ち合わせ時間ギリギリに着くのはご法度です。
女性と会う前にやるべき事はたくさんあるので30分前には到着しておきましょう

2-4 身だしなみ

5月クールビズコーディネート例
ポイントは清潔感です。

初対面のカフェで会話が弾むかどうかは、第一印象が良いかどうかに限りますよね。
服装はカッコ良さよりも皺やシミのない服装を心掛けて、「スーツやジャケットスタイル」が好印象です。

婚活している女性はオシャレ男子を探しているわけでなく、将来的な旦那さん探しをしているので、スーツなどのカッチリした格好の方がまともに見えるのです。

洋服以外にも、爪・歯・髭・体臭・口臭など体のケアにも気を配りましょう。

清潔感って何?と思ったあなたはこちらの記事をぜひご覧ください。
もう「清潔感がない」とは言わせない!大人の男のモテる服装とは?

婚活に欠かせないジャケットスタイルについてはこちらをご覧ください。
婚活パーティー服装25選!男性が第一印象でモテるジャケパン活用術

2-5 デート中のマナー

マナー
ポイントは笑顔です。
今日お会いすることを楽しみにしていた気持ちを表現する上で、笑顔に勝るものはありません。

*ファーストジャッジポイント
第一印象は7秒で決まると言われています。
笑顔で迎えた相手の表情からさり気なく感情を読み取ってみよう。
この後の展開次第で、良し悪しどっちにも転ぶ可能性有りますよ。

2-5-1 お店に入ってから

店員さんが直ぐに来ない場合は、男性が率先して声掛けをしましょう。
テキパキと頼れる男性としての振る舞いを見せることで「頼りがいをアピール」できます。

案内されない場合は、どの席が良いか女性の意向を必ず聞いた上で先導することです。

2-5-2 メニュー注文

女性の意向を聞いて、男性がまとめてオーダーしましょう。
そつなく店員さんと対応する事で「スマートさをアピール」することが出来ます。
メニューを吟味、小腹がすいているからと言っても決して自分を優先して頼んだりしないで下さい。

注文した物がくるまでのつなぎの時間は、気の利いたことを話さなくても大丈夫です。
笑顔で感じの良さをアピールしましょう。

*中間ジャッジポイント
ここまで一緒に居て、女性から感じの良さはうかがえましたか。
知り合って間もないので、相手の人となりがわからない中で相手の雰囲気の良し悪しは判断ポイントです。

2-5-3 注文したモノがきた後

コーヒー
それぞれ注文したもので1時間~2時間を楽しく過ごすにはペース配分が重要です。
目的は女性との会話なので、会話の合間に少しずつ飲食するのが鉄則。

ポイントは女性のペースを真似しつつ、少しだけ男性の方が早いことです。
注文したモノがなかなかこなくても、イライラせずに爽やかに対応することで「懐の広さをアピール」しましょう。

2-5-4 会話の注意点

婚活を意識しすぎないで、その場を楽しくが大事なポイントです。      
誠実がゆえに、結婚や将来の家族像、親との同居、介護問題などの会話は重いので初回の会話としてはNGです。

2-5-5 終盤にさしかかったら

場も打解けて会話が弾んできた先に、男性が最も気になることは「気に入って貰えたか」「2回目はあるのか」の2点です。

面と向かって「NO」と断れる女性はいないので2回目の有無を直接聞くのはNGです。
約束を取り付けるのではなく、「是非また会いたい!」という気持ちを伝えてください

2-5-6 切り上げる際は

「そろそろ行きましょう」は、男性の役目となります。

楽しむことが出来なかったとしてもそっけなく言うのは大人の礼儀としてNG。
笑顔で「今日は楽しくてあっと言う間でした」と気の利いた一言を伝えよう。

2-5-7 お店を出た後は

せっかく楽しくお話しが出来ても、終りが悪いと全てダメ。

男性が会話の主導権を握っていた場合は、「つい気合が入り過ぎて空回りしてしまった。〇〇さんが聞き上手でついつい話し過ぎてしまった」。

男性が聞き手の場合は、「〇〇さんを前にして、緊張して気の利いた話が出来なかった」ことを伝えましょう。いずれのシチュエーションも、笑顔で楽しかったという気持ちを伝えることが重要です。

*ファイナルジャッジポイント
楽しかった気持ちを伝えたあとの女性の反応に注目。
社交辞令だとしても、雰囲気良く返してくれる女性には積極的に2回目を誘ってみよう。

2-6 支払い

男性が女性におごるのが基本です。
仮に女性から割り勘を切り出されても一度は断りましょう。
女性がトイレに立ったタイミングで会計を済ませておくとスマートに感じられるでしょう。

2-7 デート後のフォロー

お礼メールは欠かさずに、必ず、男性から送るのが基本です。
帰りの電車の中か、帰宅後すぐが良いでしょう。
「ありがとう」「楽しかった」が伝われば良いので、メールの内容は端的でOKです。。
このタイミングで次回の誘いに触れると、がっついている様に見られるのでダメですよ!

2回目のデートの約束は、アフターフォローのメールに対してひたすら返信を待つのみですが、当日中に返ってこないこともざらです。

せっかく待ったのに淡白な内容もありえますが、気にせずに、ここで「2回目のお誘いメール」を送りましょう。
シンプルに「今度はご飯でもお誘いしますね」の1文で良いのです。

反応良ければ次に進めるし、残念ながらのケースもあり得ますが、失敗した場合は、くよくよすることなく次の1回目のデートに備えましょう。


3.STEP2:2回目の婚活デート

2回目デート
2回目の婚活デートでクリアーすべき課題は、「女性の気持ちを振り向かせよう!」です。

男性からすると、再び会っているということは、タイミングが合えば告白してもOKかもと思う人が多いが、女性からすると、嫌ではないので、もう1回くらいは話しをしてみようかなぐらいの気持ちの場合も多いのです。

過度な期待は捨てつつも、気になる女性は何としてもこっちに振り向かせましょう。

3-1 下準備

1回目のデートで話した内容はメモとして書き留めておいてください
蓄積していった情報は今後のデートに役立てる貴重な資料となります。

嫌いな食べ物は何か、どのような雰囲気のお店が好きかなど、1回目のデート中の会話から発せられた情報を逐一聞き逃さないようにしましょう。

3-2 場所

2回目のデートは「食事に行く」のが自然です。
シチュエーションとしては、ランチでもディナーでも問題ありません

お店を予約する前に女性の好みを聞き出しておくのは必須ですが、せっかくだからと気合を入れてフレンチコースのお店を予約する必要はありません。

1回目同様、事前の下見と事前予約は重要ですし、テーブルマナーも見られるので、ちゃんと勉強してから臨みましょう。

3-3 時間

時間設定は「1回目」と同じ1~2時間でOKです。

食事のお店で2時間以上居座るのは不自然ですし、デートが上手くいかなくても1時間以内で済ませるのは大人のマナーとしてあり得ないので1時間以内もさけてください。

2軒目は、女性側からのお誘いでない限り基本無しです。

3-4 身だしなみ

ネイビージャケットと水色シャツコーデ
必要以上に気負う必要はないのですが、1回目と同じ服装は避けてください
スーツの中のシャツの色を変えたり、ジャケパンスタイルならパンツの色を変えたりするくらいでイメージは変わるので大丈夫です。

3-5 デート中のマナー

相手に不快な思いをさせない、自然は笑顔を心掛けましょう。
1回目の緊張感に比べると、お互いに対するハードルは下がったはずですが油断大敵です。

3-5-1 対面時

前回よりも更に嬉しい気持ちを表現するのがポイントと言えるでしょう。
「またあえて嬉しい」と具体的に言葉に出すのもOKです。
女性のテンションがそこまででないとしても、開き直って笑顔をキープしておきましょう。

*ファーストジャッジポイント
ここでの印象は後々の印象に残るので気を抜かないこと。
相手の反応が同じテンションで返ってきたら、相手も楽しみにしてくれている良い反応と理解して良し。

3-5-2 注文

女性の意向を最優先にしつつ、男性が選ぶのが理想です。
食事はシェアするのが基本になるので、1人前の量を店員に確認しておいた方がスマートです。

3-5-3 飲食

カフェとは違いテーブルマナーが必要とされるので要注意です。
食べる時の音は、相手にみっともなく聞こえてしまうので事前に直しておくに限ります。
取り分けは男性が率先してやることで大雑把に見えても男らしくて好印象の場合も有るのでお勧めです。

3-5-4 食事中の会話

婚活を意識しすぎることなく、普通に親しくなって、普通にお付き合いを始めるのが理想形です。
ただし、女性から具体的な話しを聞いてきた場合にはちゃんと答えて上げるのがスマートかつ絶好のアピールポイント。
1回目で相手の趣味がわかったなら掘り下げてアピールしましょう。

*中間ジャッジポイント
価値観を確認するには、1つのテーマをお互いの視点で話しをするのが効果的です。
お互いが主張を曲げないと喧嘩するので、必ず男性が一歩引いて話しをしましょう。
趣味趣向や感覚の相違は付き合った後にも影響を及ぼすので要チェックです。

3-6 支払い

「1回目」同様、「2回目」も男性が基本支払いましょう
2回共に支払って貰うことに難色を示す女性の反応は嬉しいものですが丁重に断るべきです。

また、ここでの展開で、女性の金銭感覚を測ることが出来ます。
支払う素振りすら見せない女性は、普段から奢られ慣れている可能性高いので、今後のデートも付き合った後も同じ図式になるでしょう。

3-7 デート後のフォロー

好きな気持ち
「1回目」と同様、楽しい気持ちを笑顔ではっきりと言葉にして伝えることが重要です。
別れ際に、「今日のお礼」と「また会いたい気持ち」の2つをしっかりと意思表示してください。

幾ら気持ちが高ぶっても、勢い余って「告白」すると、そこまで気持ちの盛り上がっていない女性は引いてしまうので絶対NGです。

*ファイナルジャッジポイント
女性の反応が良ければ、このタイミングで3回目のデート日取りも取り付けるのも有りです。
表情から読み取りづらい場合は、無理に押さないこと。
笑顔と言葉で気持ちをさらっと伝えて、後のメールで確認取るようにしましょう。

毎回メールは男性から送るのが基本です。
1回目のメールよりも長い文章で構わないので、会いたい気持ちが強ければストレートに伝えていくべきです。
女性から具体的な返事が来た場合は、すぐに調べてテンポよくメールを返信・やり取りをすることがポイント。

女性からの返信が2,3日経っても来ない場合は即答できるほど乗り気ではない可能性があり得るので、変に粘り過ぎるので勇気ある撤退も必要です。


4.STEP3:3回目の婚活デート

水族館
最後に確認しておくべきは、本当にこの人で良いのかという判断が出来ているかということです。

「1回目」「2回目」を経て、続けて会いたいと思っている二人の関係。
女性の気持ちも3回目までいけば気持ちが固まっているケースは高いので、よりお互いの価値観に触れあうようにしましょう。

そして、告白に結びつけるまでの確証があるのか。
本当にこの女性が好きなのか、一緒に居たいのか。その為に確認すべきことは漏れていないか。
そして、告白したら女性はOKと言ってくれるだろうかを3回目のデートで徹底追及しましょう。

4-1 下準備

デートスポットが遊園地や映画館などのチケットを伴うものであれば、事前に取得しておくのがスマートです。
チケットに限らず、レンタカーの手配や受取場所など、普段から慣れていないどうすれば良いかわからなくなりますので可能な限りの事前調査やロケハンしておくに限ります。

困ったことに多くの女性は「男性なら、これらのことはテキパキこなせて当たり前」と思いがちです。

4-2 場所

「1回目」がカフェ、「2回目」が食事デートときたので、「3回目」はアクティブに半日デートもOKです。
都心部の映画館や水族館、動物園や美術館を利用してアクティブデートを楽しむのも良いでしょう。

1・2回目とは違い、スケジュールを立てるのも楽しめる余裕が出てきているはずなので、お互いにメールや電話で検討し合うのも楽しみの一つです。

4-3 時間

1日デートよりも半日ぐらいが丁度良いと言えるでしょう。
今まで2回とも1~2時間しか会っていないのに、いきなり丸一日だと精神的に疲れることも有ります。

*ファーストジャッジポイント
半日一緒に居ると、本性を垣間見ることでお互いの価値観を知れる良い機会といえるでしょう。
お互いが共感のポイントや反応の違いを感じながら、告白すべき人かを判断していきましょう。

4-4 身だしなみ

ポロシャツコーデ
動きをともなうデートだが、休日の普段着にならないように大人っぽい適度な軽装がベストです。

夏には、襟の付いたポロシャツや半袖シャツを、春や秋にはブルゾンやジージャンなどのアイテムをベースにしながら、スッキリしたサイズのアイテムを選びましょう。

4-5 デート中のマナー

「1・2回目」同様、アナタと居て楽しい気持ちを表現するのは実際に楽しいわけだから当たり前ですね。

半日デートなので、途中、カフェでの休憩や飲食も伴いますので、自分の喉が渇いたお腹が空いたではなく、相手の女性の立場に立って行動にうつすのがスマートです。

また、歩くスピード一つも女性の立場に立って行動することが大事です。女性は全ての行動から判断を下していることをわすれずに。

*中間ジャッジポイント
半日デートすれば、予期せぬアクシデントはつきもの。
予想しえない事に対して、素の部分が出ます。
今まで知る事の無かったお互いの価値観を確認し合おう。

4-6 支払い

そろそろ女性にもデート代をもって貰っても良いのでは、、お気持ちはわかりますがグッと踏ん張って男性側が持ちましょう。

お付き合いに発展するまでは男性側がもってあげるようにしてください

4-6 デート後のフォロー

半日デートをしてみて、「今後もこの人と一緒に居たい」「お付き合いがしたい」と再確認出来るようであれば、4回目の告白デートに向けて気持ちの整理と次回のデートの約束を取り付けよう。

逆に、「この人と合わない」「感性」が合わないはあり得る話しなので、がっかりしつつも自分の気持ちに正直になりましょう。

*ファイナルジャッジポイント
婚活デートは10年20年先も一緒に暮らしていけるかを見極めるものなので、冷静に判断する必要が有ります。
告白に成功したとしても、無理してお付き合いするといずれボロが出てしまいます。
後々の結婚も意識するならお互いの両親や環境についてもそれとなく聞いておきましょう。


5.STEP4:4回目の婚活(告白)デート

告白
4回目の婚活デートでいよいよ告白です。

3回目の半日アクティブデートも順調に終わり、相手の女性への思いが極限まで高まったら、二人にとって最高の思い出になるように、男性側がサプライズデートを演出させましょう。

5-1 下準備

事前の告白シミュレーションは必須です。

好きな女性の前で恥をかくことは出来ないし、噛み倒して相手に恥ずかしい思いをさせるわけにもいきません。
例えば、レストランを利用した告白をするのであれば、お店に手伝って貰うことも有りです。

プレゼント用のお花をお店に預かって貰う、成功した時のために文言入りケーキを発注しておくなど特別感をしっかりと演出していきましょう。

野外での告白を考えている場合は、事前に気温や気候をしっかりと把握しておくこと。
寒さや雨などが予想される場合は、近場に第2,第三候補を設けておくと安心です。

*ファーストジャッジポイント
4回目のデートスポットを決めるにあたって、相手についてまだまだ知りえないことがあるようなら、告白は控えた方がよいサイン。

5-2 場所

夜景デート
このタイミングにもなれば、相手の女性の好みは分かったようなもの。

・相手が好きそうな場所
・自分も楽しめる場所
・二人で静かに話せる場所

上記の3つを軸にデート場所を決めましょう。

騒がしすぎる所、リラックスしすぎてしまう場所は避けて、多少なりとも緊張感のある環境がベストです。

例えば、「オシャレな個室レストランディナー」でお互いの気持ちを確かめ合い、「竹芝ふ頭公園」で綺麗な夜景を見て気持ちを高ぶらせて、「お台場の観覧車」のてっぺんにきた時に運命の告白を決めてしまいましょう。

女性は特別感が欲しいので、男性皆さんがその気持ちに答えるようにそれぞれの女性に合ったデートプランを考えてあげることが大事です。

*中間ジャッジポイント
好きな人に対して、特別なサプライズ演出をして喜んで貰いたいもの。
気持ちと行動が伴わない場合は、まだ気持ちが定まっていない証拠と言えるので、安易に告白へ進まない方がよいサインかもしれません。

5-3 時間

ここまできたら時間制限を設ける必要はありません。

一日デートで昼間はアクティブに遊び過ぎると、夜の告白タイミングになって眠気が…なんとことにならないよう入念にプランを練ることが大事です。

5-4 身だしなみ

ジャケット 暗×明
大人っぽいジャケットなどを用いたカッチリした服装で臨むのがベストです。
女性にとって最高かつ素敵な思い出になるように身だしなみからしっかりと演出して上げましょう。

5-5 告白タイム

皆さんそれぞれの思いを言葉に変えて伝えるのが、ウソ偽りなく相手の気持ちに響くはずです。
あなたが女性のことを思う気持ちを正直に伝えましょう。

ポイントを挙げるなら、長ったらしく言葉を並べるのは不要です。
「結婚を前提に」を加えるべきかは、相手の性格も鑑みて検討してください。

*ファイナルジャッジポイント
時は来ました。
思いのたけをこの一瞬のためだけに、全精力をかけて伝えて下さい。
長ったらしい作文形式は不要、短くてもストレートな思いを言葉にしましょう。


6.婚活のデートで気を付けるべき注意ポイント

6-1 遅刻したのに謝らない

そもそもNGですが、連絡もせず10分以上遅刻して謝らないのはあり得ません…
万が一、公共機関が遅れた場合は待ち合わせ場所まで全力ダッシュで。
申し訳ないという気持ちを態度で示すことが重要です。

6-2 自分の話しばかりで相手の話しを聞かない

相手の反応を見ながら話をしてください。
残念ながら、多くの男性は自分の自慢話をしたがります…
その話しをしているとき、相手の女性の目は笑っていますか?

6-3 嫌な気持ちを態度や表情に出す

たとえルックスや価値観が自分と合わなくとも、デートは楽しい空間にするのがマナーです。
笑顔をされて嫌な気持ちになる人はいません。
笑顔は最強のツールと言えるでしょう。

6-4 カフェやレストランで店員に文句をいう

ちょっとしたしぐさや態度にその人の人間性は隠れているもの。
人間だから感情的になることもあるが、初デートから女性はしっかり見ていますよ。

6-5 支払いでもめる

男性が基本支払いをするにしても、女性がどのような対応をするか確認しておくこと。
女性が鞄から財布を出す仕草はしなかったとしてもその場で腹を立てて喧嘩をしてはいけません。

6-6 結婚に関する具体的な話を急ぐ

1・2回目の婚活デートではタイミングが早すぎるので相手が引いてしまいます。
先ずはお互いの人となりをちゃんと知ることを優先してください。
焦ることなく余裕のある男性像を相手に見せましょう。

6-7 ネガティブトークや批判をしてしまう

相手が言葉の使い方を間違えたからと言って指摘するのはNGです。
たとえ間違っていても、相手が言わんとするところが理解できているなら問題ないはずです。

6-8 長時間拘束してしまう

自分が楽しいからといって、相手を拘束するのはお門違いです。
初期段階のデートではお互いが緊張しているのだから、長時間一緒に居るとくたびれてしまうので止めましょう。

6-9 会話の際の視線に気を配らない

相手が話している時は、基本目を見ましょう。
話の内容に合わせて相槌をうったり、頷いたりといったリアクションをする時に視線を斜め下に向けるのがベストです。
かえって、ずっと相手を見ていると怖がられてしまいます。

自分の話をしている時は、基本視線を下に落とし(顔は上げたまま)、時々相手の目を見てください
視線を外すタイミングは、頷く・笑う・時計を見る・コーヒーを飲む等、何らかの行動とセットにすると自然に見えますよ。

また、緊張や恥ずかしさから視線が落ちると、自然と猫背になってだらしなく見えてしまうので気を付けましょう。

6-10 相手について事前リサーチしないで行く

初対面の相手を前にして話題が0になり、沈黙が延々と続くのは考えるだけで胃が痛くなるもの…
婚活サイトや結婚相談所を経由しているなら、事前に相手の情報を掴むことができるので予習は絶対に必要です。

「○○さんって、料理作りが得意なんですよね?普段料理をしない私の様な男性でも簡単でお勧めの料理はありますか?」などと質問されたら、女性も安心してコミュニケーションを取ることができますよね。

6-11 年収について聞かれたときにうまく答えられない

男性=一家の大黒柱という文化は今も大部分の人に浸透しているので、男性の年収が気になるのは当然のことです。
ここで、高年収だからと威張り散らすのは違うし、低年収だからと言って卑屈になる必要はありません。
大切なのは、「どういう人生設計を立てているか」で、質問されたら答えるくらいが好印象です。

6-12 デートで失敗してしまった時に取り乱す

何事も経験として捉えて、次回に向けてうまくPDCAを回すことです。
デート中は相手の言動を素直に受け取ること、自分も素直でいることを心がけましょう。
もし自分が失敗してしまったと思ったら、素直に謝り、素直に気持ちを伝えることがマナーです。


7.まとめ

如何でしたでしょうか。
婚活でデートを成功させるには具体的にどうしたら良いのだろう?
婚活のデートで上手くいくポイントがあればぜひ知りたい!
そんな思いを胸に秘めた男性皆さんにとって役立てる記事となったでしょうか。

女性と真剣にお付き合いするには、良いデートを重ねて、その思いを告白する必要があります。
ポイントをしっかり押さえることで4回目の婚活デートで告白に導けることをお伝えしました。

この記事を読んで頂いた結果、婚活デートを通じて巡り合った女性とデートを楽しむことが出来て、告白の成功を後押しするきっかけとなれたら幸いです。

▼こちらの記事もおすすめです!▼

冬のデートでモテる!男の服装を写真で解説【シーン別コーデ事例付】

街コンでモテる!「大人っぽさ」を押さえた男性の服装コーデ15選

オシャレレベルが10UPする!全52ページの「完全“服トレプログラム”」をプレゼント

いい年の大人なのに服装は学生の頃からほぼ変わっていない。大人っぽい年相応の服装に変えていきたいと思っていてもセンスが無いから…と諦めていませんか?でも、実は、ファッションにセンスは不要なのです。

・自分に合う服装が分からない
・せっかく買ったのに全然着ていない洋服がある
・どのお店で何を買っていいか分からない
・服装がいつもワンパターンな気がする・・・
・女性に好印象の服装が知りたい

これらの悩みを解決する方法はただ1つ、「ファッションもビジネスと同じように論理的に考えて、アイテムの選び方や買い物の仕方の基本を押さえていくこと」です。
男性専門ファッションコーディネートサービスのパイオニアとして1万人以上の男性の服装のサポートをしてきたノウハウを全52ページに渡って詳細に解説しています。コーディネート事例の写真も豊富に載せています。
その通り実践すれば、1ヵ月後には今よりオシャレでカッコいい服を手に入れ、外見が変わり、周りの反応も変わるはずです。
ぜひ、今後の印象をアップさせたい様々なシーンでお役立てください。