失敗しない服装はコレ!ドレスコードのメンズ定番スタイルをマスター

ドレスコードメンズアイキャッチ

今日はいよいよ彼女に告白するぞ!

普段はそんなオシャレなところに行かなくても、彼女の誕生日やクリスマス、あるいはプロポーズや告白など勝負の時は、相手にも喜ばれたいですから、場所もちょっと良い、ドレスコードがあるようなレストランなどをセッティングしたりすることも考えますよね。

ここぞという時のドレスコード、あなたはそういった場所ではどんな装いをイメージされますか?
せっかくの場面ですし、カッコ良く決めたい!っていうのが男心というものです。

モーニング、燕尾服、タキシード、ブラックスーツ・・・
男性用のドレスコードもさまざま種類があります。

ではレストランディナーでわざわざタキシード?
いえいえ、そこまでする必要はありません。

だとすると、何を着て行けばよいのでしょうか?
場違いではなく、しかも相手から好印象な服装とは?

今回はどうすれば間違いなく、ドレスコードを踏まえつつ女性からも好印象でイケてる鉄板コーディネートを押さえることが出来るのかを、これまで1万人近くもの男性コーディネートに携わってきた私たちがお伝えしていこうと思います。

これで、ここぞ!という時にカッコよく決めるための準備をして下さいね。

1.ドレスコードの定番「スマートカジュアル」ではジャケットが必須!

現代においてのドレスコードでは、最も定番的となりつつあるのが“スマートカジュアル”であり、男性のアイテムとして必須なのは“ジャケット”となります。

特に、レストランなどでドレスコードが設定されている場合の多くはスマートカジュアルとなっているでしょう。

「カジュアル」とは気楽にという意味ですが、その前に付く「スマート」には気の利いた、とか身なりのきちんとしたという意味も含まれていますので、単に気楽な格好ではありません。

また、スマートカジュアルは格式の高いことを売りにするレストランが、その格式を守るために設けられたルールですから、スーツのようにフォーマルでなくても大丈夫なのですが、カジュアル過ぎてしまうわけにもいかないので、ジャケットを使うコーディネートであれば間違いないということになります。

ジャケットであれば、スーツほどは仕事っぽくなく、通常のカジュアルよりはカッチリと見えるので、高級レストランなどに相応しいイメージとなります。

スマートカジュアルを指定しているお店に聞いて頂ければ、ほとんどはジャケットがあれば大丈夫という返事になると思います。

また、お店に対してだけでなく、男性が着ていることで相手の女性からも大人っぽく上品な印象に見えるため、持っていて間違いないアイテムとなります。

スマートカジュアルについてはこちらでも詳細が書かれております。
スマートカジュアルといえばこれ!定番ドレスコードをお伝えします

ではそのジャケットを使う上で、さらに場に相応しく、相手の好印象となりうるコーディネートや方法とは何かをお伝えしたいと思います。

2.「ジャケット」を活用して相手から好印象!選び方とその活用術

まず選ぶべきジャケットについてですが、ウール素材で「テーラード型」と呼ばれるようなスーツの上着のようなカチっとした形のものを選びます。

紺色など定番的な濃い色目の無地であることで、大人っぽさや頼りがい、クリーンで誠実な印象が相手に伝わり易くなります。

まず、フレンチレストランや高級レストランなど値段が高い場所であれば、よりカッチリと見せた方が良いですのでこのようなコーディネートがオススメです。

王道のジャケットスタイル

こちらがそのコーディネートとなります。コーディネートとしては、ジャケットの中には襟付きのシャツ、無地調で白や淡いブルー、淡いピンクなどが合わせやすく上品さが出ます。

下のパンツは綿のチノパンで、ベージュなどの色目が爽やかな印象にもなり、紺のジャケットとの合わせもしやすいところから効果的と言えます。

足元はレストランのような場所であればやはり革靴で、細身を選ぶとスッキリとした印象となるので良いでしょう。

また、イメージを上げていく上で必要なのは、上記いずれもサイズはご自身の体型に対して「ジャストサイズ」であることです。

ジャストサイズについてはこちらの記事をご参考下さい。
大人のファッションに悩む男性必見!コーディネート基本を押さえる方法

ジャストサイズでないと、何を着ても野暮ったい感じとなり女性からのイメージは上がりません。

さらに応用編として、イタリアンやお洒落なダイニングのような、ややカジュアルなレストランであれば、上記よりもう少し柔らかい印象を出す方法としてこのようなコーディネートがオススメです。

ややカジュアルなジャケットスタイル

同じジャケットの中に着る物を、襟付きのシャツではなく、Tシャツやカットソーと呼ばれる長袖Tシャツのような襟のないものをインナーとして着て合わせるだけでガラっと印象が変わります。

また、秋冬であれば下の写真のようにセーターなどを組み合わせて季節感を合わせましょう。

セーターを使ったジャケットスタイル

これがジャケットを活用させる方法となります。

ジャケットは一枚でも、合わせ方によって雰囲気を変えることが出来るので、覚えておくととても便利な方法です!

3.ちょっとやり過ぎですよ!女性からNGを出されてしまうのは?

大人っぽさを醸し出すためには、やり過ぎに注意しましょう。

男性はファッションについて不安になると、つい色々と足してしまうことを考えがちですが、今回は落ち着いた大人の雰囲気を出すことが目的となりますので、やり過ぎには十分に注意して下さい。

男性がついやりすぎてしまう内容を挙げてみます。

3-1 過剰なアクセサリーは禁物!

ここで決めるぞ!という意気込みが強すぎて、ついシルバーネックレスや指輪、伊達メガネといったような過剰にアクセサリー類を付けてしまう方がいますが、女性は男性のアクセサリーはさほど求めてはいないので意識しなくても全く問題ありません。

逆にチャラチャラした印象として伝わってしまい、せっかく築いてきた誠実な印象が台無しになってしまいますからむしろ禁物です。

付けるとしても、ベーシックな腕時計やジャケットの胸元に白の無地のポケットチーフを挿す程度で充分です。

3-2 派手な色使いや柄物ではなく落ち着いた大人なイメージを演出

前述のアクセサリーに近い意味ですが、主張が強すぎる色目を使ったり、派手な柄は控えましょう。

落ち着いた大人の男性イメージとはかけ離れてしまうからです。子供っぽく見られてしまいます。
また個性が強くなり、合わせも難しくなります。ちぐはぐな印象が増してしまうのでオススメはしません。

ワイシャツで淡い色目のストライプであったり、チェック柄を使う程度であれば問題はないでしょう。

4.そもそもドレスコードが必要な理由

そもそも、なぜレストランには居酒屋にはない「ドレスコード」なるものが存在するのでしょうか?

それは、レストランは「贅沢をする場所、非日常を楽しむ場所」だからです。
しかも大事なのは、「一緒に行くパートナーと共に」であります。

ドレスコードはお店に対しての礼儀というのも勿論ですが、いかに一緒に非日常的な時間を愉しむ相手に喜んでもらうかを、装いで表すためでもあります。

だから自分が着たいものではく、相手に好印象を持ってもらえるかを考えることが必要となります。

女性は常日頃からファッションとも隣り合わせで生きていますし、TPOに合わせた服装というのをしっかりと理解している方が多いのですが、男性は元々ファッションに興味ある人なんて決して多くはないと思いますから、きちんとドレスコードを押さえた上で、女性にも好印象を持たれるような服装を自分で揃えていくことが非常に難しいと感じる方は多いでしょう。

因みにレストランにおけるドレスコードについてはこちらの記事でも詳しく書いております。
これさえ見れば安心!レストランの定番ドレスコードをお伝えします

そんな悩める人は、私たちのような適切なコーディネートの導きが出来るプロに相談してみるというのも良いかもしれません。

わからない人やファッション苦手な人などは、無理せずに一度相談してみてはいかがでしょう?

5.まとめ

ドレスコードの定番であるスマートカジュアルにおいてはジャケットを使うことがポイントです。

自分に合ったジャケットを一枚持っておくだけで、上手に着こなせば女性にもウケが良く、着方を変えてお店の雰囲気に合わせることも出来る便利なアイテムとなります。

やり過ぎたり自分本位のアイテムやコーディネートではなく、ドレスコードが持つ意味合いを考えて頂き、お店に対して、そして相手に好印象を持ってもらうためのコーディネートを心掛けることが大切ですね。

一緒に時間を共にする相手を思う気持ちを考慮することで、きっとご自身の時間も楽しいものとなるでしょう。

この記事を参考にして頂いて、どうか素敵な方との素敵な時間を彩って頂きたいです。