コート袖丈の正解はコレ!測り方とジャストサイズの目安、お直し方法を伝授

コート 袖丈 アイキャッチ

冬にコートを羽織っていて、袖の長さが合わなくてしっくり来ない、見た目も野暮ったくないか?
と感じている方もいるのではないでしょうか?

コートの袖丈は見た目の良さを大きく左右する要因です。

男性用のコートは、しっかり選んだものを着ればとても大人っぽく上品な印象となり、実はコーディネートの幅も広い便利なアイテムです。

しかし長さが合っていない、身体に合っていないと、途端にイメージが悪くなってしまいます。

今回は、これまで多くのファッションに悩める男性にコーディネートのアドバイスを行ってきた私たちが、あなたの身体に合う適切なコート袖丈を押さえ、且つ袖丈以外も含むベストなコートのサイズ選びが出来るポイントをお伝え出来ればと思います。

これであなたの冬のコートスタイルは格段にレベルアップします!

1.袖丈の正解はココ!コートの最適な袖丈とは?

コートの袖丈の正しい長さはこの長さです。丸首セーター+ステンカラーコート手を下ろした状態で、手のくるぶしがちょうど覆い被さる程度の位置となります。

手のくるぶしから1~1.5cm程度下に袖口が来ます。

コートの中にジャケットを着ている場合は、ジャケットの袖口が被さるようにして、コートからはハミ出ないようにしてください。
ですので、ジャケットの袖丈にも注意しましょう。

袖丈が長すぎると、野暮ったい見た目となります。
また短いとカジュアルな印象になりますが、あまりに短すぎても「つんつるてん」な見た目になり不自然ですので、適切な長さにしましょう。

2.コートの袖丈の測り方

コートの袖丈は、肩先の骨が当たる箇所からまっすぐ手を下ろして、手のくるぶしがちょうど覆いかぶさる程度の位置までの長さになります。

自分で測るのは難しいと思いますので、セルフチェックする際の目安としては、手を下ろして手首を外側に曲げて、手の甲にコートの袖先が少し触れる位がジャストサイズです。

画像はジャケットですが、コートの場合はこの際にもう少し手の甲に当たっている程度で良いです。

スーツのテーラーが目安にする方法としては、コートを羽織って手をおろした状態で、親指の先からジャケットの袖先までが10cm程度にすると程良い見え方になります。

コート 袖丈 目安

既製品のコートでは、Mサイズで60cm程度に設定されているものが多いです。
Sサイズで57~59cm、Lサイズで62cmがよく見られます。
長さが同じであっても、肩幅、つまり肩先の位置によって袖口の場所は変わってきますが、購入の際には目安に出来る数字になるでしょう。

3.袖丈だけではない!?コートはジャストサイズが必須

ジップアップセーター+ステンカラーコートコートを正しくカッコよく着る時に最も重要なのは、袖丈だけでなく、いかに全体的にジャストサイズで着ているか?ということです。

袖丈が合っていないのと同じように、他の部分もサイズが合っていないと野暮ったい印象になってしまいます。

ジャストサイズで選ぶことにより、スマートで大人っぽい印象を作ることが出来ます。
本来であればその方が着用感もラクになります。

袖丈以外のサイズのポイントについては、次の3点です。不安な方は是非チェックしてみて下さい。

〇ボタン位置のゆとり

コートの中胴あたりの前ボタンの上を一つ留めた状態で、こぶしが1~2個収まる程度がジャストサイズです。
中胴は、バストトップとおへその間くらいの位置となります。

コートお腹NGサイズ写真だと下から2番目のボタン位置あたりです。

ここがゆったりし過ぎると、ずん胴になり野暮ったく見えます。
絞り過ぎるとボタンの横にシワが大きく出ます。ずん胴よりは見た目は良いのですが、当然窮屈に感じますので、最低こぶしがひとつ収まるゆとりがないとキツい着用感になります。

〇肩幅

ショールカラーセーター+ステンカラーコートコートの適切な肩幅とは、コートの肩先が真上に向いていて、肩先が落ちていない状態です。
そうすると背中にシワが入らないようになります。

肩幅が必要以上に大きいと、肩から肩先が落ちてしまい、ダブダブしたような見た目になりますし、小さいと左右に引っ張られ横に何本かスジが入ったようなシワが出てしまいます。
ジャストサイズであれば背中にシワがないスッキリとした見た目になります。

コートの肩幅が適正であれば、背中全体にかけて均等に負荷がかかるようになりますから、着用感も軽くなって本来的にはラクに羽織れるようになります。

小さいと肩のみに負荷がかかり窮屈になって疲れやすくなります。

羽織った際に、指が一本入るか入らないか位のゆとりがあるのがジャストサイズです。指が一本以上入ってしまう場合は大きすぎ、指が全く入らない場合は恐らく着ていて肩が窮屈に感じると思います。

コート 肩幅そうすると、肩口が1cm程度つまめるくらいになるでしょう。それを目安としてください。

〇着丈

着丈については多くの男性が既製品で長くなってしまうことが多くなりますが、必要以上に長いと野暮ったく見えてしまいます。ハーフコートのような短い着丈のものもありますが、短過ぎてもバランス感は悪いです。

チェスターコート冬用なので、ある程度の防寒性がありつつ、見た目にもスッキリとした印象に持っていくには、「ヒザ上丈」がオススメです。
やはり冬用のコートですから、もも周りは覆い被さって風の侵入が防げると暖かいです。
その上でヒザまでは覆い被さらない程度のヒザ上丈であれば野暮ったくならずかっこよくコートを羽織ることが出来ます。

4.コートの袖丈を直したい場合は購入店かお直し専門店に相談

コートの袖丈を直したい場合は、購入店かお直しの専門店に相談するのが良いでしょう。
袖丈の直し方は、「袖口で直し」あるいは「肩口で直す」のどちらかになります。

4-1 袖丈を出したい(足したい)場合

背が高い方や腕が長い方がよく直面する、短いのを長くする直しですが、これは非常に難しいです。
袖口(袖先側)、あるいは肩先の縫い目に縫い代が残っていればその分は出すことが出来るという原理になるのですが、1cmから、最大でも2cm程度出せれば良い方と言えます。

特にコートの場合、袖口は袖ボタンが付いているものも多く、それを長くしたり短くしたりすると不自然な見た目になるので、バランスを見ながらというのが必要になりますから、ひとまず相談してみてください。

4-2 袖丈を詰めたい(短くしたい)場合

既製品で購入した際に最も可能性が高いのが、袖丈が長すぎて詰めたいという方でしょう。

長くするよりはまだ可能性は高いですが、こちらも袖口の見え方に注意しながら詰めるという方法となります。

自分で直すのは難しいので、まずは購入店、あるいはデパートや駅近く、ショッピングセンターなどにあるような洋服のお直し店にまずは相談してみてください。

5.まとめ

いかがでしたでしょうか

コートの袖丈でしっくり来なかった方もこれで解消されるのではないでしょうか。

コートは特にサイズ感や丈ひとつでガラッと印象が変わってしまうことがおわかり頂けたのではと思います。

ステンカラーやチェスターコートは大人の男性であれば、1着は持っていて無駄ではないアイテムです。
袖丈を含めて自分のジャストサイズで羽織れることで、グッと大人っぽさも増し、コーディネートの幅も広がるのでとても便利で使いやすいアイテムとなります。

是非、あなたにとってベストな袖丈のコートを羽織れるようになって下さい。

ステンカラーコートとは?他のコートとの違い、選び方と着こなし方を解説

チェスターコートとは?特徴と選び方3つのポイント、コーデ例を解説

記事を読んでも、自分で出来ない方はプロに相談

ロジラボの記事を読んではみたものの、自分では難しそう・・・という方は、ぜひ、プロにお任せ下さい。ロジラボの記事を執筆している男性専門コーディネートサービス「ライフブランディング」があなたにふさわしい服装をご提案します。無駄な時間や労力を使わずに印象アップさせましょう。

・自分に合う服装が分からない
・せっかく買ったのに全然着ていない洋服がある
・どのお店で何を買っていいか分からない
・服装がいつもワンパターンな気がする・・・
・女性に好印象の服装が知りたい

ライフブランディングは、10年以上に渡って1万人以上の男性の服装のサポートをしてきた、男性専門ファッションコーディネートサービスのパイオニアです。
婚活やビジネス、デートなどの大切なシーンに合わせて、最もあなたにふさわしい服装のご提案から、アイテムのご用意までを代行します。