脱おじさん!チノパンとポロシャツをカッコよく着こなすコツと厳選コーデ11選

「チノパンとポロシャツをおじさんぽくならないように着こなしてみたい」
「カッコよく着こなせるチノパンとポロシャツのコーディネートが見てみたい」

夏のビジネスカジュアルからプライベートまで使えるチノパンとポロシャツの組合せは、使いこなせると大変便利なアイテムですが、実際にどのように組み合わせたら良いのか分からないという男性は多いです。

チノパンとポロシャツのコーディネートを周りから好印象に見て貰うには、それぞれの「色の組合せ」「サイズ」選びが重要なポイントになります。

加えて、チノパンは「素材」、ポロシャツは「デザイン」まで気を配ると、さらに印象アップを期待できます。

この記事は、プロの男性専門パーソナルスタイリストが合わせ方や選び方のポイントなどを、コーディネート画像を用いてわかり易く解説します。

この記事を読んで頂くことで、素敵なコーディネートがどの様なものか知ることが出来て、実際にお店でもで選べるようになることをお約束します!

目次

1.周りと差をつける!チノパンとポロシャツを合わせた着こなしのポイント

周りと差をつける、周りから好印象に見て貰えるチノパンとポロシャツの着こなしポイントをお伝えします。

そのポイントとは、「上下の色合い」「ポロシャツの前釦」「上下のシルエット」の3点が重要になります。
さっそく、項目ごとに解説していきましょう。

1-1 チノパンとポロシャツの色の明暗を分けると良いバランスに

上下で明るい色・暗い色を使い分けると全体のバランスが良くなります。
チノパンとポロシャツの色の組合せ方は大きく分けて4パターンあります。

① チノパン:明るい色、ポロシャツ:暗い色
② チノパン:明るい色、ポロシャツ:明るい色
③ チノパン:暗い色、ポロシャツ:暗い色
④ チノパン:暗い色、ポロシャツ:明るい色

そして、それぞれ明るい色と暗い色の代表的な色は下記通りです。

代表的な明るい色:ライトグレー、ライトベージュ、シロなど
代表的な暗い色 :チャコールグレー、ネイビー、クロなど

これら4パターンの組合せをするとどの様な印象になるのか、コーディネート画像を通じてご覧頂きましょう。

① チノパン:明るい色、ポロシャツ:暗い色
チャコールポロシャツ 

② チノパン:明るい色、ポロシャツ:明るい色ライトグレーポロシャツ×ライトベージュチノパン

③ チノパン:暗い色、ポロシャツ:暗い色

④ チノパン:暗い色、ポロシャツ:明るい色
ライトグレーポロシャツ×チャコールチノパン見た目のデザインは近しいチノパンとポロシャツのコーディネートでも、それぞれの色の組合せを変えることで見た目の印象が変わるのがわかります。

この4パターンを使いこなせるようになると、たとえ初心者の方でも簡単にコーディネートの幅を広げることが出来ます。
①と④(上半身と下半身の明暗をつける)着こなしが簡単に出来るのでオススメです。

1-2 ポロシャツのボタンは全部留めない

チノパンとポロシャツのコーディネートでよくある質問に、ボタンはどこまで留めた方が良いのか?という問題があります。
周りから好印象に映るポロシャツの着こなしは、フロント釦を全部は留めずにスッキリと着こなすのがポイントです。
フロント釦を全て留めると、優等生のような着こなしになりカッチリ感が強くなります。

3つボタンであれば、一番上と2番目は留めないか、一番上は留めないというのがスッキリ見えてバランス感も良いです。

ポロシャツコーディネート画像ポロシャツ アップ 多くのポロシャツが3つボタンもしくは2つボタンだと思いますが、ポロシャツの前釦は全部のボタンを留めないと理解してください。

一番下のボタンだけは留めると覚えておきましょう。

1-3 ジャケットを羽織ることを想定し、細身のシルエットでまとめよう

チノパンとポロシャツはビジネスシーンで着ることも想定して、ポロシャツの上にジャケットを羽織ってもスッキリ見せるために、いずれのアイテムも全身が細身のシルエットを選ぶようにしましょう。

ジャケットイメージ画像
テーラードジャケットの写真

ビジネスシーンでチノパンとポロシャツを着る場合は、ジャケットを羽織る可能性もでてきます。
ジャケットを羽織った際にポロシャツの着丈が長過ぎてジャケット裾からポロシャツの裾がでる、チノパンの裾が長すぎて溜まりが出来ると、だらしない感じになるので注意しましょう。

2. 基本を押さえよう!チノパンとポロシャツ選び方のポイント

2-1 ポロシャツ選びは「サイズ」「色・柄」「デザイン」がポイント

ポロシャツ選びで重要視すべきポイントは「サイズ」です。
サイズを変えるだけ見た目の印象がどの様に変わるのか、写真を見比べてみてください。

左:ジャストサイズ、右:オーバーサイズポロシャツ サイズ 比較見た目のスマートさは一目瞭然で、向かって左側のコーディネート写真が細身に見えますね。

ポロシャツのサイズ選びは「胸まわり」「お腹まわり」「着丈」の3か所のサイズ感がポイントとなります。

2-1-1 ポロシャツの身幅は細身、着丈は短めでスッキリと

まず最初に、ポロシャツの身幅は細身のシルエットを選ぶとスッキリとした印象になります。

細身のシルエットを選ぶには、出来るだけ試着をして選ぶようにしましょう。
そして、試着をする際に写真のように少し腕を広げてサイズ感の確認をしてみてください。
ポイントは赤い矢印の「胸まわり」と「お腹まわり」です。

左:ジャストサイズ、右:オーバーサイズポロシャツ サイズ 比較右の画像は矢印の部分にゆとりがあるため野暮ったい印象になっています。
矢印の個所をスッキリさせるのが、ポロシャツをスッキリとスマートに着こなすコツです。

<ジャストサイズの目安>

自分の胸まわり実寸+10~15cm
自分のお腹まわり実寸+10cm程度

ジャストサイズが「実寸+○○cm」になっているのは、動くためのゆとり量としてとっておくものです。
胸まわりとお腹まわりで差があるのは、胸まわりは可動域が大きいのと、お腹まわりより筋肉量が大きいためです。

自分の胸回り実寸+10~15cm
自分のお腹まわり実寸+10cm程度がジャストサイズ

続いて、チノパンに合わせるポロシャツは、着丈の長さもとても重要です。
ポロシャツの着丈は、短めを意識して選ぶことで大人っぽく着こなすことができます。

ポロシャツコーディネートを後ろから見た写真で比較してみましょう。

左:ジャストサイズ、右:オーバーサイズポロシャツ 着丈 比較左側のポロシャツコーディネートの着丈はスッキリと大人っぽく見えると思います。
ちなみに、ジャストサイズの着丈は
お尻が隠れない位の長さです。

お尻がすっぽりと隠れてしまうようなら、着丈が長過ぎます。
身幅同様、試着をして横向きで鏡を見ると確認出来ますので、ぜひ実践してみましょう。

・着丈はお尻が隠れない長さがジャストサイズ

2-1-2 ポロシャツは無地を中心に選び、時に差し色でアクセントを

チノパンと合わせるポロシャツの「色」はベーシックカラーの無地を選ぶと、コーディネートがしやすく上品な印象になります。

オシャレ感を演出させたい場合は、差し色でアクセント
を付けましょう。

<ポロシャツの色>
・濃い色:チャコールグレーなど
・明るい色:ライトグレーベージュなど
・差し色:ピンクラベンダーサックスパープルなど

濃い色のポロシャツ
黒やチャコールグレーなどの濃い色のポロシャツは、落ち着いた大人っぽい印象になります。

明るい色のポロシャツライトグレーポロシャツ×チャコールチノパンライトグレーやベージュなどのポロシャツはやわらかくカジュアルな印象になります。

差し色のポロシャツ
ピンクポロシャツ×シロパンピンクやラベンダーなどのポロシャツはよりオシャレ感が生まれます。
差し色(アクセントカラー)は見る人の好みも分かれることあるので、万人ウケするのはベーシックな濃い色、明るい色です。

このように、「ポロシャツの色を変えるだけ」で簡単に印象を変えることができます。

ポロシャツの色は「無地」で落ち着いた印象を作る
オシャレ感を演出する際は、差し色取り入れてみる
大きなロゴや柄はカジュアル過ぎて若々しすぎる印象になる懸念有り

2-2 チノパン選びは「サイズ」「色」「素材」がポイント

ポロシャツに合わせるチノパンを選ぶ時には「サイズ」「色」「素材」に注意をして選びましょう。
ポイントさえ覚えておけば、選ぶのも簡単です。

2-2-1 チノパンをスッキリ・スマートに見せる「サイズ」選び

チノパンのサイズは「モモまわり」「ウェスト」「股下の長さ」がポイントになります。

まず、「モモまわりのサイズ」は親指と人差し指で軽くつまめるくらいのイメージです。

チノパンの伸び具合ポリウレタンが入っていれば、適度に伸びるのでほとんどゆとりがない状態でも問題ありません。
実際にスーツのスラックスのモモ部分と比べると、かなり細くなっているはずです。

「ウェストのサイズ」はチノパンを穿いた時に人差し指が1本入るぐらいのゆとりがあれば問題ありません。

「股下の長さ」は靴を脱いで立った時に、裾部分が床に着かないくらいの長さがおすすめです。靴を履いても余分なゆとりがなく、きれいなシルエットになります。

チノパンの裾の長さイメージお店でチノパンを買うと、丈を詰めることが多いと思います。店員さんに裾が床に着かない位の長さでと伝えましょう。

2-2-2 チノパンの色は暗い色と明るい色を使い分けよう

チノパンの「色」は明るい色と暗い色に分けて考えましょう。明るい色と暗い色のチノパンでは、印象が大きく変わってきます。

明るい色のチノパン明るいチノパン写真
暗い色のチノパン暗い色のチノパン例基本的には明るい色は柔らかい印象になり、暗い色はカッチリと大人っぽい印象になります。

チノパンはこの明るい色と暗い色をまずは1本ずつ持っておくと便利です。

代表的な色は下記の通りです。

<チノパンの色の分類>
・明るい色:ベージュ、ライトグレーなど
・暗い色:黒、濃いグレー、紺など

チノパンの色選びのコツについては、以下の記事で詳しく解説しています。

関連記事

2-2-3 チノパンの素材は「綿とポリウレタン」を選んでスッキリみせよう

チノパンの「素材」は綿が中心になります。チノクロスも元々は綿素材です。最近は色々な素材がでています。その中でもおすすめは「綿とポリウレタン」の混紡素材です。

綿×ポリウレタン素材のチノパン
チノパン もも掴みポリウレタンは伸縮性の高いウレタン樹脂で、ポリウレタン混紡のチノパンは細身でもとても動きやすいというメリットがあります。
ポリウレタンの混率は10%を超えると生地に張り感がなくなり、スポーツ用パンツのような見た目になるので、3%から5%くらいの混率を選びましょう。

大人っぽくチノパンを穿きこなすためには、細身のシルエットが何よりも大切です。
綿100%のチノパンは動きやすさを確保するために、太めに出来ていることが多い、サイズ選びに注意が必要です。

3.センスバツグン!チノパン×ポロシャツの厳選コーディネート11選

チノパンとポロシャツでそれぞれ明るい色・暗い色を使い分けたコーディネートをご紹介します。

【チノパン:明るい色、ポロシャツ:暗い色】
ネイビーポロシャツ×ベージュチノパン
柔らかい印象のベージュチノパンと落ち着いたネイビーのポロシャツの組合せは様々なシーンで利用できる鉄板の組合せです。
足元にレザーシューズを合わせることで、夏のビジネスカジュアルでも活躍間違いなしでしょう。

【チノパン:明るい色、ポロシャツ:暗い色】
チャコールポロシャツ×シロパン白いチノパンに黒・チャコールグレーのポロシャツを合わせると大人のモノトーンコーデが完成します。
足元にもしっかりレザーシューズを合わせて統一感を出すのがポイントです。

【チノパン:明るい色、ポロシャツ:暗い色】
(参照:pinterest
カッチリしたジャケットも長袖ポロシャツと合わせることでほど良い抜け感が出て、春や秋に着る大人のカジュアルコーディネートが完成します。
上級者向けですが、ポロシャツの襟をジャケットから出すことで華やかさがプラスされます。

【チノパン:明るい色、ポロシャツ:明るい色】
ライトグレーポロシャツ×ライトベージュチノパン
ライトグレーのポロシャツにライトベージュのチノパンを合わせた春から夏場にかけておすすめのコーディネートです。
白やライトグレーは膨張しやすい色になるため、細身のシルエットを選んでスマートに着こなしましょう。

【チノパン:明るい色、ポロシャツ:明るい色】
ピンクポロシャツ×シロパンオシャレ感をプラスしたい場合は、淡いピンクやサックスブルーのポロシャツを選ぶと、より華やかな印象になります。
白いチノパンと合わせることでリゾート感を演出することも可能です。

【チノパン:明るい色、ポロシャツ:明るい色】
(参照:leon
ビジネスシーンでポロシャツをシックに大人っぽく着こなす場合は、チノパンと同素材のジャケットでセットアップで着こなすのもおすすめです。
ポロシャツの裾をチノパンにインすることで、よりシックな装いになります。

【チノパン:暗い色、ポロシャツ:暗い色】
ポロシャツ
チノパンとポロシャツを暗い色で統一すると落ち着いた印象が増して大人っぽく着こなすことが出来ます。
上下共に暗い色を取り入れる場合のコツは、チノパンはチャコールグレー、ポロシャツはネイビーといったように上下の色を変えることです。

【チノパン:暗い色、ポロシャツ:暗い色】
(参照:WEAR
黒いジャケットとチノパンに対して、チャコールグレーのポロシャツを合わせて陰影を出したシックなコーディネートです。

【チノパン:暗い色、ポロシャツ:明るい色】
ライトグレーポロシャツ×チャコールチノパン
明るい色を使った着こなしが苦手な男性は、表面積の大きいパンツに暗い色を選びポロシャツに明るい色を取り入れると落ち着きます。
明るい色のポロシャツもライトグレーやライトブルーなどの派手さの少ない色を選びましょう。

【チノパン:暗い色、ポロシャツ:明るい色】(参照:WEAR
爽やかな白いポロシャツに黒く細身のチノパンの組合せは鉄板のコーディネートです。
足元も白のレザースニーカーを選び統一感を演出しましょう。

【チノパン:暗い色、ポロシャツ:明るい色】
(参照:ONWARD CROSSET
ビジネスシーンで着るポロシャツは清涼感のあるサックスブルー、チノパンはネイビーを選んで清潔感を感じさせる着こなしにしましょう。
ポロシャツは伸縮性があることから、フライトなどの出張時にも利用しやすいアイテムです。

4. おじさんぽく見える…チノパン×ポロシャツNGの着こなしとは?

4-1 ポロシャツの裾をチノパンにINした着こなし

ポロシャツの裾をチノパンにINする着こなしは上級者向けのコーディネートですので、初心は避けた方が無難です。

ポロシャツの裾をチノパンにINしたコーディネート(失敗例)
(参照:教えて!goo
ポロシャツはスポーツウェア発祥ということも有り、伸縮性に富んだ機能性アイテムであることから大きめに作られていることが多いです。
コーディネート画像の着こなしはスッキリみえるパンツと対照的に、ポロシャツのサイズが大きいため野暮ったい印象に見えてしまいます。

ポロシャツの裾をチノパンにINしたコーディネート(成功例)(参照:ORIHICA
ビジネスシーンやプライベートで着るポロシャツの裾をパンツにINして着る場合は、普段着ているポロシャツよりも細身サイズを意識して選ぶようにしましょう。

細身サイズのポロシャツを着ると、見た目に野暮ったさが無くなりスマートな印象になります。

4-2 ブカブカなチノパンに大きなロゴの入ったポロシャツの組合せ

サイズの大きいチノパンや大きいロゴの入ったポロシャツの組合せは、周りに子供っぽい印象を与えかねないので避けた方が無難です。 

サイズの大きいパンツ(参照:country番長日記
大きいサイズのパンツの方が楽で穿きやすいですし自宅でくつろぐ分には構いませんが、人前に出るシーンやデートシーンであれば、細身サイズを選ぶ方がスマートな印象に映ります。

大きいロゴの入ったポロシャツ(参照:Giftmall
大きめのロゴも同様に子供っぽい印象を与えかねませんので、外出する際のポロシャツは無地柄を選んだ方が無難です。

4-3 脱ゴルフコーディネート…スポーツ用ポロシャツ×チノパンの組合せ

スポーツ用のポロシャツとチノパンを街中で利用するのは避けた方が無難です。

ゴルフ用のチノパンとポロシャツコーディネート(参照:ULLR MAG.
あくまでスポーツシーン用に作られたアイテムですので、派手なロゴや色合いを多用していることが多く、限られたシーン以外で着用すると周りから浮いてしまいかねません。

5. チノパンとポロシャツの着回しにバッチリ!厳選アイテム4選

5章では、チノパンとポロシャツのコーディネートに最適なアイテムを厳選してご紹介します。

5-1 「ジャケット」でカッチリ大人っぽくみせよう

「ジャケット」を合わせることで、適度にカッチリした大人っぽいコーディネートが完成します。

ポロシャツ+ジャケット コーディネート
(参照:Mens-Ex online
おじさんやゴルフコーディネートっぽく魅せないためには、ジャケットのサイズは細身で、ポロシャツの着丈は短めを選びジャケットの裾からはみ出さないように注意してください。

更に、台襟のついた立ち襟のタイプであると見た目がシャツに近くなるのでなお良いです。

ジャケットの選び方をより詳しく知りたい方はこちら

関連記事

5-2 「カーディガン」でカジュアルかつ大人っぽい着こなしを

「カーディガン」を合わせるとカジュアルでありながら大人っぽい着こなしが出来ます。

カーディガンを利用したコーディネート
(参照:WEAR
ポロシャツの裾はカーディガンの裾よりも短い着丈を選びましょう。
伸縮性の高いカーディガンも大きいサイズを着ると野暮ったい印象になるため、しっかりと試着をしてスッキリ見えるサイズのカーディガンを選ぶようにしてください。

カーディガンの選び方をより詳しく知りたい方はこちら

関連記事

5-3 「靴」はレザーシューズかレザースニーカーがベストマッチ

ポロシャツ シューズ 足元は、焦げ茶色の革靴が良いでしょう。

ビジネス用なので、革靴でかっちりとした印象を出すためです。色は黒でも良いのですが、焦げ茶にすることで柔らかい印象だったり、かっちり感の中にもカジュアルな印象を醸し出すことが出来るからです。

また、職場の環境でスニーカーOKな方であれば、レザースニーカーにすることで動きやすく快適な中にもしっかりとした印象を残せます。

色は焦げ茶やネイビーなどが合わせもしやすく足元も引き締まりシャープに見えます。

レザーシューズの選び方をより詳しく知りたい方はこちら

関連記事

5-4 「ベルト」もレザータイプで統一感を出そう

チノパンとポロシャツに合わせる「ベルト」もレザー素材を選んで、大人っぽいコーディネートにさせましょう。

ベルト色はクロかコゲチャがコーディネートしやすく、穴に差し込むピン留めタイプを選び、留め具はスッキリとしたデザインを選ぶと大人っぽく着こなすことができます。

より詳しいベルトの選び方を知りたい方はこちら

関連記事

6.チノパンとポロシャツを選ぶならこのお店3選

6−1 「トゥモローランド」でオシャレに気を使ったコーディネート

トゥモローランド

セレクトショップは量販店よりも価格は上がりますが、海外からのインポート(輸入)商品から自社製造販売まで幅広く展開しており、流行も抑えていることからセンスは抜群です。

中でもトゥモローランドはハイセンスで季節にあわせた服装も多いので、安心してチノパンとポロシャツを選ぶことが出来るでしょう。

6−2 「伊勢丹メンズ館」で自分で選んでトータルで揃えよう

イセタンメンズ

東京新宿にあるデパートで地下1階から8階まで全て男性向けのアイテムが揃っています。ブランド数も多く品揃えが豊富で世界中のファッションがここには集約されています。チノパンとポロシャツだけではなく、合わせるほかのアイテムも全身取りそろえることができます。

ただし、売り場面積が大変広く、ブランドも多く混在しておりますので、ここから自分に合うものを探していく作業がちょっと大変かもしれません。時間に余裕を持ってじっくりと買い物に行かれることをオススメします。

6−3 「ライフブランディング」は自分で選ぶことが難しい方に最適

>>ライフブランディングのサイトはこちら<<

お店に行ったけれど、センスに自信なく自分ではいいものが選べない・・・など洋服の買い物に悩まされた男性は利用してみてください。

男性専門でファッションコーディネートサービスを提供しており、これまで一万人以上の利用者がいます。
チノパンとポロシャツのコーディネートイメージがわからずに来店する方はとても多いです。

7.チノパンとポロシャツを選ぶおすすめの通販ショップ【BEST3】

服装選びはサイズが重要なため、デートなど重要なシーンで着る場合は、お店で試着をして選ぶことをおすすめします。とはいうものの、「お店に行く時間がない!」「そもそもお店が近くには無い!」という方もいるでしょう。その場合はネットで購入するのも一つの手でしょう。

そんな方のために、おすすめの通販ショップ【BEST3】をご紹介します。

【BEST1】「マネキン買い」で失敗知らず!メンズファッションプラス

おすすめ通販①


やりすぎない、失敗しない無難な男服をコンセプトに、ファッション初心者でも気軽に買える「マネキン買い」が可能。コーディネート写真でいいなと思ったアイテムが一式で購入できてしまうのでラク!

【BEST2】「大人っぽいきれいめアイテム」ならスプートニクス

おすすめ通販②


こちらも大人っぽくキレイめなアイテムが揃います。アイテムの種類が豊富で、選びやすいのも特徴。

【BEST3】厳選アイテムで初心者も買い物しやすいDcollection


シンプルでベーシックなアイテムが厳選された通販ショップです。ファッション初心者向けにファッションが学べるメディアやコーディネート例も豊富にあるので、ファッションがあまり得意でない方にもやさしい通販サイトです。

8. まとめ

如何でしたでしょうか。

今回はチノパンとポロシャツに関する記事をご紹介させて頂きました。
チノパンとポロシャツを周りから好印象に見て貰うには、それぞれの「色の組合せ」「サイズ」選びが重要なポイントです。

このポイントをしっかりと押さえることで周りよりも素敵なコーディネートを身に着けることが出来ます。

この機会にチノパンとポロシャツの選び方を覚えて頂き、外出がの機会にぜひとも活用してみてくださいね。

記事を読んでも、自分で出来ない方はプロに相談

ロジラボの記事を読んではみたものの、自分では難しそう・・・という方は、ぜひ、プロにお任せ下さい。ロジラボの記事を執筆している男性専門コーディネートサービス「ライフブランディング」があなたにふさわしい服装をご提案します。無駄な時間や労力を使わずに印象アップさせましょう。

・自分に合う服装が分からない
・せっかく買ったのに全然着ていない洋服がある
・どのお店で何を買っていいか分からない
・服装がいつもワンパターンな気がする・・・
・女性に好印象の服装が知りたい

ライフブランディングは、10年以上に渡って1万人以上の男性の服装のサポートをしてきた、男性専門ファッションコーディネートサービスのパイオニアです。
婚活やビジネス、デートなどの大切なシーンに合わせて、最もあなたにふさわしい服装のご提案から、アイテムのご用意までを代行します。