セーターを使ったデキる男のビジネスカジュアル!コツとコーデ10

Vセーター パープル

「ビジネスシーンでセーターを着こなすにはどうしたらいいだろう
春先や秋、冬の肌寒い季節に、いつものビジネススタイルにセーターをプラスしようとしても、選び方や着こなしに困る男性は多いのではないでしょうか。

特に冬場は気温がグッと下がることから、厚手のセーターを選んでしまったり、動きやすさを考慮して大きめのサイズを着用される方がいますが、モコモコしてしまい野暮ったい印象になることから、とてもできるビジネスマンには見えません。

セーターは、選ぶポイントさえしっかりと押えれば、ビジネスにおける様々なシーンで使えて、仕事がデキそうな印象を与えることができ、なおかつ相手にオシャレにも見せることが出来る便利なアイテムです。

そしてそのポイントは「色」[柄」「素材」「サイズ」「デザイン」の5つです。

この機会に、スーツスタイルでもジャケスラスタイルでも、カジュアルなチノパンで合わせてもバッチリ決まる格好良いセーター選び&着こなしをマスターしましょう!

1.ビジネスカジュアルに適した「セーター」を選ぶポイントと着こなし方

ビジネスシーンで恰好良く、社内外からデキる男に見て貰えるセーターを選ぶには、「色」「柄」「素材」「サイズ」「デザイン」の5つがポイントです。

この5つのポイントを押さえていないと、ビジネスの場において周りから適していないと思われてしまう可能性が高いです。
そうならないためにも、ここでは画像を使いながらわかり易く解説していきたいと思います。

【Vネックセーターのコーディネート
黒セーター×明色パンツ

選ぶポイント!
「色」・・・ネイビーやグレー、黒などのベーシックな色はスッキリと大人っぽく見える
「柄」・・・シンプルな無地柄はコーディネートがし易い
「素材」・・・ウール素材はカッチリとした印象に映り、薄手のものがスッキリ見えて好印象
「デザイン」・・・襟元がVゾーンに開いているVネックはスッキリ見えてシャツとの相性も抜群
「サイズ」・・・ジャストサイズ(普段大き目を着がちな方は1サイズ下)を選ぼう

5つのポイントを押えたセーターを選んだことで、カッチリと大人っぽく仕事がデキそうな印象を与えられる着こなしになりました。

【クルーネックセーターのコーディネート】
綿セーター

選ぶポイント!
「色」・・・白やライトグレーなどの淡色は爽やかな印象に
「柄」・・・横線(ボーダー柄)が入ることでカジュアル感UP
「素材」・・・綿はウールに比べて親しみやすい印象へ、薄手がスッキリ見えて好印象
「デザイン」・・・襟元が丸みをおびたクルーネックは柔らかい印象
「サイズ」・・・ジャストサイズ(普段大き目を着がちな方は1サイズ下)を選ぼう

カッチリ見えるジャケットと合せても、1枚目の写真より柔らかく親しみやすい印象に映ります。
人当たりが良さそうな印象を与えられる着こなしになりました。

このように、セーターを1枚変えるだけで印象もガラッと変わったのがお分かりいただけたのではないでしょうか

5つのポイントしっかりと意識して選ぶことで、ビジネスシーンでもセーター1枚で印象を変えられることをしっかりとイメージしていただき、ご自身のコーディネートでも取り入れてみましょう。

2.ビジネスカジュアルのセーターの応用コーディネート

こちらの章では応用編として、ビジネスカジュアルでどの様にセーターを組み合わせることが出来るのか、またどういった印象に映るのかをコーディネート写真付きで解説していきます。

それでは、カッチリ度の高いビジネスカジュアルから順番にご紹介していきましょう。

2-1 セーター×スーツのスタイル

セーター×スーツのコーディネート
スーツセータービジネスシーンで一番カッチリ見えるスーツを利用したコーディネートです。
セーターを加えることで、春秋や冬の寒い季節でも寒々しくならずに、ほど良く柔らかい印象になります。

無地で濃色を選ぶとカッチリした服装規定の会社でも浮くことはありませんし、薄手のウール素材でジャストサイズのVネックを選ぶことでスッキリと大人っぽい印象に映ります。

2-2 セーター×ジャケットスラックスのスタイル

セーター(淡色)×ジャケット×スラックスのコーディネート
ジャケット×スラックス上下同色のスーツよりも柔らかい印象に映りますが、先ほどのセーターも濃色から淡色に換えるだけでさらに柔らかい雰囲気が増します。

セーター(差し色)×ジャケット×スラックスのコーディネート
パープルセーター×ジャケスラ淡色から差し色へセーターを変えてみると、カッチリとした印象の中にもポイントができて華やかさが生まれることから、女性を交えた商談の場では有効的です。

2-3 セーター×ジャケパンスタイル(チノパン)

セーター(淡色)×ジャケット×チノパン(淡色)のコーディネート
ネイビージャケット×ライトグレーセーター×明色パンツ先ほどと同じ淡色のセーターでも、パンツをチノパンに変えるとよりカジュアル感が増してアクティブな印象になります。

セーター(淡色)×ジャケット×チノパン(濃色)のコーディネート
チャコールJK×ライトグレーセーター×濃い色パンツ上と同じライトグレーセーターでも上着の色を変えるだけで印象がグッと引き締まります。

セーター(濃色)×白シャツ×チノパン(淡色)のコーディネート
クロセーター×ジャケパン室内で仕事をする場合、上着は脱ぐことになるので、スッキリ見えるサイズ感のセーターをより意識して選ぶようにしましょう。濃い色を選ぶことでカッチリした印象になります。

2-4 セーター×ジャケパンスタイル(ジーンズ)

セーター(濃色)×ジャケット×ジーンズのコーディネート
ジャケット×黒セーター×シャツ×ジーンズプライベートでもはく機会が多いジーンズは、スラックスやチノパンと比べてよりカジュアルな印象になります。相手の服装規定を良く確認してから利用するようにして下さい。

セーター(淡色)×綿ジャケット×ジーンズのコーディネート
ライトグレーセーター×綿ジャケット服装規定が緩い会社の場合、ジャケットも「綿」素材を選ぶとさらに柔らかい印象になります。カジュアル過ぎだと周りから見られないためにも、いずれのアイテムもスッキリしたサイズ感を意識して選ぶようにしましょう。
IT系やマスコミ系などの服装に緩い会社では、シャツ襟を抜いたスタイリングも好印象です。

セーター(淡色)×ジャケット×ジーンズのコーディネート
ライトグレセーター×ジャケット×ジーンズ明るい色のセーターとほど良く色落ちしたジーンズはカジュアル感が出るので、グレーのジャケットと合せることで適度にカッチリ感を演出することが出来ます。

セーター(ボーダー柄)×ジャケット×ジーンズのコーディネート
ボーダー柄セーター×ジャケット×ジーンズインナーに合せるセーターに柄を加えることでカジュアル感が増します。
取りいれるポイントはセーターのベースの色と柄の色はそれぞれ一色ずつに抑えるることです。柄の色が複数あると騒がしい印象になり子供っぽく見えてしまいます。

3.ビジネスカジュアルでセーターを選ぶ際の注意点

3-1 「生地の厚さ」は薄すぎず厚すぎない程よい厚さ選ぼう

春や秋といった時期においては、綿や薄手のウールといった素材で季節感を意識しつつ、ビジネスシーンでジャケットを羽織る際にモコモコしないタイプを選ぶようにしましょう。

秋や冬の季節では、気温が下がることで素材が厚くなり、加えて着る枚数も多くなることを考慮して薄手のウール素材のセーターを意識的に選びましょう。

3-2 「色」「柄」は派手すぎずベーシックな物を選ぼう

落ち着いたネイビーやチャコールグレーなどの暗い色か、ライトグレーなどの明るい色で無地柄が無難で使い勝手が良いでしょう。

【暗い色のセーター】
チャコールグレーセーター
【明るい色のセーター】
ライトグレーセーター
幾ら自分が派手な色柄が好みでも、周りから浮いてしまっては台無しです。
外出機会の営業マンは相手先の服装規定を意識し、オフィスワークの多い事務職員は社内の服装規定に準ずることが大事です。

職場環境で許されるなら、パープルなどの差し色のセーターを使うのもオススメです。コーディネートのアクセントになり、特に、女性からの印象は良いこと間違いないでしょう。

【差し色のセーター】
紫セーター

3-3 「編み目」は細かいタイプを選ぼう

セーターの網目は細かい物を選びましょう。
ウール(出典:Rakuten

網目が細かい方がスッキリと大人っぽい印象になりますし、ビジネスカジュアルをコーディネートの際の服装も選ばないことから合わせやすいです。
網目が粗いタイプを選ぶとカジュアル感が強くなり、学生ぽくなるので注意しましょう。

セーターの詳しい選び方は、こちらの記事を参考にしてみてください。
メンズVネックセーターの選び方をマスターして、目指せ!オタク卒業

4.購入するならこのブランド3選

ビジネスカジュアルに最適なセーターを購入する際に、おすすめのショップを厳選してご紹介します。

4-1 「ユニクロ」は手始めにセーターを揃えるのに最適!

おすすめの年齢層:20代前半~40代
価格帯:3,000円程度

手始めにビジネスカジュアルでセーターを取りいれるのであればユニクロがお勧めです。
値段も手ごろですし、老若男女が安心して着られるベーシックでシンプルなデザインが特徴と言えるでしょう。

色の選択肢は多いけど柄物は少ないのでファッション苦手な男性でも選びやすいのが安心ですね。セーターは洗濯機で洗える機能性を兼ね備えているものもありますが、よくわからない場合は近くにいる店員さんに聞いてから購入しましょう。

ユニクロHP

4-2 「トゥモローランド」は自分でしっかりと選びたいオシャレ上級者にお勧め!

おすすめの年齢層:20代後半~40代
価格帯:16,000円程度

渋谷、新宿、丸の内、大阪、京都、名古屋やその他大都市にある国内大手のセレクトショップです。

国内セレクトショップの中でもオシャレでありながらベーシックで大人っぽいアイテムが揃うのが特徴です。セレクトショップの中でも価格帯はやや高いランクにありますが、こちらのウール素材のVネックセーターは糸がとても細くて着心地が良いのが特徴です。
流行も意識したアイテムも充実している事からオシャレ好きな男性は積極的に取りいれていくことをお勧めします。

TOMORROWLAND HP 

4-3 「ライフブランディング」は自分では選ぶことが出来ない方にお勧め!

最後まで記事は読んでみたものの「自分ではビジネスカジュアル用のセーターを用意することが出来ない…」一般的なお店だと自分ではなかなか決められないという方におすすめです。

弊社は男性専門の個人向けファッションコーディネートサービスを提供しています。

今まで1万人以上のお客さまのコーディネートのお手伝いをしてきましたので、それぞれのお客さまの状況をヒアリングした上で、最適な服や雑貨を提案することが可能です。
ビジネスカジュアル用のセーターが欲しいけど、自分で買うのは自信がないという場合には、ぜひ私たちにお任せ下さい。

一人一人のサイズが違うことも選ぶ難しさの原因の一つです。ジャストサイズを選ぶには、自分の体型の特徴を知る必要があります。私たちは、お客さま一人一人のサイズを測り、そのサイズを基にプロが最適な洋服を選びます。
ビジネスカジュアルの服装に迷った時には、ぜひお気軽にご連絡下さい。無料相談も承っています。

パーソナルスタイリストサービス ライフブランディング

5.まとめ

一見難しそうに感じるセーターを使ったビジネスカジュアルも「色」「柄」「サイズ」「素材」「デザイン」を意識して選びさえすれば、今までやってこなかった皆さんも案外できてしまうのです。

今回お伝えした内容を参考にして頂きながら、少しずつチャレンジしていくことで、きっとご自身の職場や取引先でお会いする方に仕事がデキる印象を与えることができるでしょう。

この機会にワンランク上のビジネスカジュアルにぜひとも挑戦してみてください。

その際に「セーター」を使えば無理することなくできるビジネスマンを演出できて、なおかつオシャレな印象を周りに与えるようになれますよ!

▼こちらの記事もおすすめです!

初めてのビジネスカジュアルも悩まない!ビジカジの基本を季節別解説

秋のビジネスカジュアルはセーターでデキる男に!おすすめコーデ18

記事を読んでも、自分で出来ない方はプロに相談

ロジラボの記事を読んではみたものの、自分では難しそう・・・という方は、ぜひ、プロにお任せ下さい。ロジラボの記事を執筆している男性専門コーディネートサービス「ライフブランディング」があなたにふさわしい服装をご提案します。無駄な時間や労力を使わずに印象アップさせましょう。

・自分に合う服装が分からない
・せっかく買ったのに全然着ていない洋服がある
・どのお店で何を買っていいか分からない
・服装がいつもワンパターンな気がする・・・
・女性に好印象の服装が知りたい

ライフブランディングは、10年以上に渡って1万人以上の男性の服装のサポートをしてきた、男性専門ファッションコーディネートサービスのパイオニアです。
婚活やビジネス、デートなどの大切なシーンに合わせて、最もあなたにふさわしい服装のご提案から、アイテムのご用意までを代行します。