40代大人男性のモテるビジネスカジュアル3つポイントと厳選コーデ15選

40代 ビジネスカジュアル アイキャッチ

会社でビジネスカジュアルが導入されたけど、はたして何を着れば良いのだろうか?
と悩む40代男性も多いと思います。

しかしそんなビジネスカジュアルも、ポイント押さえつつ、論理的に考えていけば、悩まずにコーディネートが出来ます。

今回は、40代男性にフォーカスして、悩まずビジネスカジュアルを取り入れられて、さらにイメージアップしてしまう方法をご紹介したいとい思います。

重要ポイントは、「爽やかさ」と「清潔感」です。

30代よりもさらに頼りがいを感じさせ、でも決しておじさんぽくならないよう爽やかに清潔感を醸し出すことです。

これで上司や取引先に失礼はなく、且つ部下にも野暮ったく見られない、一目置かれるような存在になってください!

目次

1.40代のビジネスカジュアルは、爽やかさと清潔感を意識しよう

40代からのビジネスカジュアルには、

・爽やかさ

・清潔感

が重要となります。
それによって、おじさんっぽくならない印象を醸し出すことが可能です。

爽やかで清潔感あるビジネスカジュアル(良い例)ジャケパン

そうでなく見えるビジネスカジュアル (悪い例)スーツ ダサいこうして比較してみると明らかだと思います。

ビジネスカジュアルは、スーツではないけど、ビジネスシーンにおいて適したカジュアルスタイルのことを言いますが、ポイントとしては、カジュアルとは言うもののカチッとした印象を出せるかというところです。

カジュアルは一歩間違えるとだらしなく見えてしまいますから、カチッとした感じを残すことで爽やかさや清潔感が出せます。当然おじさんっぽくもならないです。

そのためのポイントをご紹介し、さらにはそこから季節を考慮しながら一年を通してイメージを保ち続けるためのコーディネート方法をご紹介します。

2.40代男性のビジネスカジュアルに必要な3点のポイント

40代のビジネスカジュアルをするにあたって、おじさんにならずに上品に見せるために必要なポイントが3点あります。

① スーツスタイルで使っているジャケットをそのまま使わない
② 何を着るにもジャストサイズで全身統一
③ 天然繊維でチープな印象を避け、着用感は合成繊維で補う

それぞれを解説します。

2-1 スーツスタイルで使っているジャケットをそのまま使わない

基本的にはスーツのジャケットだけをそのままビジネスカジュアルの着こなしに使うことは避けた方がいいでしょう。

スーツのジャケットは着丈が長くなりがちなことに加え、下に合わせるスラックスとの生地の厚さや風合いの微妙な違いが、着こなしを全身で見た際に違和感につながる可能性があります。

色の違うスーツ2着のジャケットとスラックスの組み合わせを変えて着るという方もいるかもしれませんが、その際には生地の厚さや風合い、サイズ感が極力近いもの同士を合わせることがポイントとなります。

2-2 何を着るにもジャストサイズで全身を統一させて若々しく

サイズ感比較40代ともなると体型も変化してきますが、どのような体型だとしても若々しくおじさんっぽく野暮ったい印象を抱かれないように、体型にフィットした「ジャストサイズ」で選び全身コーディネートさせることがとても大切です。

ジャストサイズは長さも含まれます。特に太っている人は、身幅に合わせて選ぶとたいてい着丈は袖が長くなってしまうことが起こります。

多くの男性は、特に40歳を超えてくると動きやすさや着心地を重視するために、実際の自分の体型よりも大きめのサイズを選びがちになります。
すると途端に野暮ったく、老けて見られる可能性が高くなります。

洗練された大人の印象を与えるために、「ジャストサイズ」の洋服を身に着け、全身を統一させることで若々しさが倍増します。

2-3 天然繊維でチープな印象になるのを防ぎ、合成繊維で着用感を補う

上品な大人の男性像を演出するためには、各アイテムの素材にも着目しましょう。

見え方を良くするためには、各アイテムで天然繊維が使われているものを選ぶことでチープにならずに高級感が出せます。

ウールネイビージャケット

コットンカーキジャケット

シロシャツUPポリエステルやナイロンなどの合成繊維も軽くて機能性には富んでいますが、元々スポーツウェアやアウトドア用で使われる繊維ということで、スポーティな印象になったりチープに見られてしまうことがあります。

ですので、ベースには天然繊維が使われているものでチープにならずに品の良さを醸し出し、その上で動きやすさをカバーするという理由で、例えばチノパンであれば、ポリウレタンなど伸びる繊維が5%程度など低混率で含まれた生地のものであれば着用感が補えます。

チノパン伸ばし生地の混用率を確認するには、アイテムの裏やポケット内側などに付けられている「洗濯表記」を見てください。

綿=cottton

毛=羊毛=wool

などが記載されています。

3.季節感による40代男性のビジネスカジュアルコーディネート例

それでは、どのようにコーディネートしていけば良いのかをご紹介します。

3-1 一年中可能な代表的ビジネスカジュアルコーディネート例

まずは一年中可能な鉄板のコーディネートを覚えておくと良いです。

ジャケスラ コーディネートジャケスラ ジャケットとスラックスを使った、かっちりしたビジネス感の高いコーディネート
上下ともに素材はウール(羊毛、毛)です。

ジャケパン コーディネートジャケパン ネイビージャケット×シャツ×ベージュチノパン上半身は変えずに、パンツを綿のチノパンに切り替えたジャケパンスタイルです。
スラックスよりもカジュアルな印象が強くなります。

このコーディネートが40代ビジネスカジュアルの王道と言えます。

3-2 春(3月から5月)のビジネスカジュアルコーディネート例

ここからは季節感を考慮したビジネスカジュアルコーディネートとなります。
春は前述3-1に加えて、冬が明けてほんのりと暖かくなるところを含めていきます。

ウール、グレージャケットグレージャケット×白シャツ×ベージュチノパンウールのグレージャケットも春らしさが出ますね。

ネイビーJK×ライトグレーセーターまだ寒ければ、ジャケットに薄手のセーターを加えても良いです。

ライトグレーセーター×暗い色パンツオフィス内でジャケットを脱いでいるとこんな感じです。
セーターは薄手であれば厚ぼったくなりません。

春であれば明るめの色などにすると春らしい爽やかな印象が演出出来ます。

襟付きシャツを使わないジャケットコーディネートグレージャケット×ジーンズ少しカジュアルになりますが、襟付きシャツは使わず、前述のセーターをインナーの上に直接着て、その上にジャケットを羽織ったコーディネートです。

ジャケットを着ていてもカチッとなり過ぎないスタイルとなります。

3-3 夏(6月から8月)のビジネスカジュアルコーディネート例

ポロシャツのコーディネートポロシャツジーンズ夏は襟の付いたポロシャツを上手に使うと無理なく、暑苦しくない印象になります。
襟元が立ち上がる「立ち襟」のタイプにすれば、ゴルフっぽくならずに上品な印象を残せます。

必要であればこの上にジャケットを羽織ることも出来ます。

ポロシャツはさすがにちょっとカジュアルかな、という環境の方であれば、やはり前開きのシャツを活用するのが良いです。

シャツのコーディネート
白や水色などを使って涼し気な印象を出しましょう。

ややカジュアル感が強くなりますが、ジャケットの素材に麻や綿の夏用生地を使って夏らしさを演出しても良いです。

夏用ジャケットのコーディネートシアサッカーシアサッカーと呼ばれる、綿のシャツ地のような薄手生地です。
夏用ジャケットでは実は定番です。

Tシャツやサマーセーターとジャケットを使ったコーディネートラベンダーセーターTシャツや夏用のサマーセーターの上からジャケットを羽織ります。

3-4 秋(9月から11月)のビジネスカジュアルコーディネート例

カーキジャケット×白シャツ×カーキチノパン秋は春とは対照的に、暖色など温かみのある色目を使って季節感を出すと良いでしょう。
アイテムとしては薄手のセーターをプラスすることも出来ますね。

ネイビージャケット×パープルセーター

3-5 冬(12月から2月)のビジネスカジュアルコーディネート例

冬の外出時はコートが必須です。写真のような「ステンカラー」や「チェスター」コートなど、スーツと合わせても良いようなコートを選ぶとジャケットの上から羽織ってもおかしくありません。

コート

ステンカラーコート×ジャケット

4.40代男性ビジネスカジュアルで鉄板のアイテム10選

40代男性のビジネスカジュアルスタイルにおいて、着回しも考えて持っていて間違いない鉄板アイテム10選をお伝えします。

4-1 テーラードジャケットはビジカジの象徴

ジャケット【ストライプ】寄り画像男性のビジネスカジュアルの象徴的なアイテムとしてジャケットがあります。ビジネス用ということであまりカジュアル感が出ないようにテーラード型ジャケットを押さえましょう。

ジャケットは選ぶ際に「色・柄」「サイズ」「素材」に気を付けることで大人っぽい頼りがいのあるスタイルを作り上げることが出来ます。

色は暗い色の場合はネイビーやチャコールグレー(暗いグレー)、明るい色の場合はライトグレー(明るいグレー)がベーシックで合わせやすく使いやすいでしょう。慣れていない方は暗い色からチャレンジすると他のアイテムとの合わせも無理なく出来るのでおすすめです。
柄は無地を選ぶと他のアイテムと合わせやすく、簡単に40代の上品さが醸し出されます。

ネイビージャケットネイビージャケット

チャコールジャケット(素材は綿)綿チャコールジャケット

ライトグレージャケットグレージャケット
ちょっとオシャレ感に見られたい方は「ストライプ」や「ウィンドウペーン」と呼ばれる格子柄が、ビジネスカジュアルにおける一般的な柄とされます。

ウィンドウペーンジャケットウインドウペンアップ ウィンドウペーンジャケット

ジャケットの素材は、まず1年を通して使えるものとしてはウール素材、春夏に季節感を出す上では綿や麻素材のジャケットを取り入れましょう。ここでもやはり天然繊維で上品に、です。

ウールジャケットジャケット単品

綿ジャケット綿チャコールジャケット

麻ジャケット(夏用)ジャケット 水色

その他、詳しいジャケットの選び方はこちらをご参照ください。

関連記事

4-2 爽やか色のシャツはビジカジに必須のアイテム

シロシャツUPシャツもビジネスカジュアルでは登場頻度の高いアイテムとなります。
選ぶ際にはやはり「色・柄」「サイズ」「素材」に気を付けて選ぶことが大切です。

シャツはまずは無地で白や水色などの明るい色が合わせやすくておすすめです。その上でバリエーションとしてラベンダーや淡いピンクが良いでしょう。また柄を取り入れるのであれば細めのストライプがビジネスシーンでの定番とされています。さらにバリエーションとして細かめのチェックや細いラインの格子柄で幅を出します。

水色シャツ半袖シャツUP
シャツ、ピンクピンクシャツ
ストライプシャツシャツ ロンドンストライプ、ネイビー、襟型ワンピースワイド
チェック柄シャツシャツ、ギンガムチェック

シャツの素材は綿100%がおすすめです。最近は機能性に優れた合成繊維のシャツも増えていますが、綿100%のシャツは柔らかい印象になるとともに、大人っぽい上品な雰囲気を醸し出してくれます。

詳しいシャツのサイズ選びなどについてはこちらをご参照ください。

関連記事

4-3 大人パンツの代表は細身のパンツ

ビジネスカジュルでは合わせるパンツによってもその印象はがらりと変えることが出来ます。よく使われるのはウール素材のスラックスか綿素材のチノパンです。やはりいずれも細身のジャストサイズであることですが、「色・柄」もポイントとなります。

4-3-1 かっちりで行くならウールスラックス

ウールスラックススラックス 履く位置2かっちりとしたビジネススタイルならウール素材のスラックスを選びます。
ジャケット同様にネイビーやチャコールグレーなどの暗い色、ライトグレーのような明るい色が定番で合わせやすく、ジャケットとの色の組み合わせ次第で様々な表情が作れます。

ジャストサイズ選びの点では、ヒップ周りや太もものサイズが太くなり過ぎないように注意してください。

スラックスのサイズについてはコチラの記事を参考にしてください。 

関連記事

4-3-2 ソフトな印象で行くなら綿のチノパン

チノパンアップスラックスよりもソフトな印象を狙うなら、綿素材のチノパンを選びます。
色は明るい色の代表例はベージュ、暗い色であれば黒や紺、チャコールグレーがおすすめです。

カーキジャケット×白シャツ×パープルセーター×カーキチノパンチノパンもジャストサイズを選ぶにはヒップから太ももにかけてがポイントとなりますが、スラックスよりも細身を選んだ方がきれいなシルエットになります。

詳しいチノパンの選び方はこちらをご参照ください。

関連記事

4-4 コーディネートの幅も広げる薄手のセーター

セーター×シャツ UP秋や冬の寒い時期のビジネスカジュアルには薄手のセーターが活躍します。

セーターの襟元のデザインはVネックやクルーネック(丸首)があります。どちらも使い勝手は良いのですが、ネクタイをしてセーターを着る場合にはVネックセーターの方がおすすめです。ネクタイの結び目部分がVネックセーターのV字に開いた部分にきれいに収まりやすいためです。

かっちりとした印象にするならチャコールグレーや黒などの暗い色を、柔らかい印象にするならライトグレーやベージュなどの明るい色、また少しお洒落な印象にするならパープルやラベンダーといった差し色のセーターも選択肢に入れるといいでしょう。

暗い色のセーター暗い色のセーター チャコール
明るい色のセーターLグレーセーター×チャコールチノ
差し色のセーターVセーター パープルジャストサイズがすっきりとした大人の着こなしには重要なポイントです。胸、お腹周り、着丈がダブつきすぎたり、長すぎたりしないように注意しましょう。

素材はウール素材を選べば夏以外の季節は使えることが多いです。春夏は季節感を醸し出すために綿素材のセーターを選ぶのもひとつです。

4-5 冬のコーディネートの主役、ステンカラーコート

冬のビジネスカジュアルでは外出時にコートが必要となりますが、おすすめはステンカラーコートです。

ステンカラーコートステンカラーコート×ジャケット襟元は閉じていて、着丈もヒザ上くらいのデザインなので、ジャケットを中に着ている時のバランスを考える必要もなく、コーディネートが簡単で、見た目には大人っぽく上品な印象になりますので40代に最適です。

色は、表面積が大きいため明るい色や鮮やかな色だとかなり目立ってしまうため、ネイビーやチャコールグレーなど濃い色が落ち着いたビジネスマンの印象を引き立ててくれます。

スーツスタイルや、プライベートでのジャケパンスタイルにも合わせらるくらいのかっちりとしたコートですので、どんなシーンでも大人っぽく着こなせるという意味で、素材はウールを選ぶとさらに効果的です。
ポリエステルやナイロンなどの合繊ものはかなりビジネスっぽい印象になるため、カジュアルなジャケパンスタイルに合わせるとちぐはぐ感が出る可能性もあります。

ステンカラーコートについては以下の記事を参考にしてみてください。

関連記事

4-6 暑い夏もだらけずに決めてくれる上品ポロシャツ

ポロシャツライトグレーポロシャツ×ライトベージュチノパン

ポロシャツ夏のビジネスカジュアルで半袖シャツという40代も多いですが、省エネルックな感じで野暮ったく見られがちとなります。

ポロシャツがOKであれば、写真のような立ち襟のポロシャツを上手に取り入れると大人っぽく涼しげな印象を醸し出せます。サイズは勿論ジャストサイズで細身、着丈も長すぎないようにすれば裾を出して着ても野暮ったくありません。ライトグレーや白、チャコールやネイビーなどのようなベーシックな色目の無地で大人っぽくできます。

ポロシャツを着ながら、ゴルフ帰りのような印象にならないようにするためのポイントです。

ポロシャツについては、以下の記事を参考にしてみてください。

関連記事

4-7 足元を引き締めてくれるレザーシューズ

ウールのスラックスを穿くようなかっちりとした着こなしの際には、レザーシューズ(革靴)を合わせましょう。スーツスタイルで使っている革靴がある場合はそれを使っても良いでしょう。

レザーシューズチノパンを合わせるようなジャケパンスタイルの時には、スニーカーを合わせることも場合によってはOKです、あまりスポーティなものは避けるようにしましょう。レザー素材のスニーカーなどはかっちりとビジネスっぽさを補ってくれるのでおすすめです。

レザースニーカー革靴にしてもレザースニーカーにしても、色は柔らかい印象にするなら焦げ茶、また、しっかりと堅い雰囲気にするなら定番的な黒となります。また、明るめの茶色の靴は、全身の着こなしから見ると浮いてしまう可能性もあるので注意しましょう。

レザーシューズについては、以下の記事を参考にしてみてください。

関連記事

4-8 大人の男性は細部にもこだわる!レザーベルト

ベルトビジネスシーンでは、靴とベルトの色を合わせるのが統一感のあるすっきりとした着こなしのコツとなります。
ビジネスカジュアルでは黒よりも焦げ茶の活躍の場面が多くなるでしょうから、焦げ茶のベルトは1本あると便利です。

ベルト幅は3.5cm前後のものを選ぶとバランスが良くなりやすいです。スーツ用は3.0cm前後、カジュアル用4.0前後となりますので、太過ぎず、細すぎないように気を付けてください。

4-9 バッグはレザーの手提げかトートで決まり

ビジネスシーンでふさわしいバッグは、手提げのタイプのバッグか、レザートートバッグが良いでしょう。

手提げレザーバッグジャケパン
レザートートトートバッグ最近は機能性に優れたリュックやショルダーバッグもよく見かけますが、見た目に上品な印象を出すには注意が必要です。

よりかっちりと40代の上品さを演出するには、レザー素材が良いです。お荷物が多い方はレザートートバッグも最近のビジネスマンのアイテムとしてよく見られるようになりました。

4-10 ネクタイは色と柄がポイント

ビジネスカジュアルとはいえど、ネクタイが必要なこともあると思います。
ポイントは特に、「色・柄」となります。

「色」「暗い色」「明るい色」「差し色」の3つの種類に分けて考えましょう。
ネイビー、焦げ茶などの暗い色はかっちりとした印象に、またベージュや水色、ライトグレーなどの明るい色は柔らかい印象になります。ラベンダーやパープルなどの差し色は、よりおしゃれで華やかな印象になります。

「柄」「無地」「小紋」「ストライプ」の3種類に分けて考えます。無地や小紋柄はベーシックで落ち着いた、ビジネスシーンにおいて万能な柄と言えます。一方ストライプも一般的ではありますが、色数が多いことから、やや柔らかい印象を演出出来るでしょう。

ネクタイ

写真の上の段は「無地」、中段は「小紋柄」、下の段は「ストライプ」のネクタイです。それぞれ、左から右へ順に「濃い色」「淡い色」「差し色」となっています。これらの中からバランスよく色、柄を選べばいつも同じという印象にはなりにくいはずです。

5.40代男性がビジネスカジュアルを揃えるショップ例3選

40代男性ビジネスカジュアルのコーディネートが揃えられるショップをご紹介します。

いずれのショップで購入される際にも、必ず試着して全身コーディネートしてお店の全身鏡でサイズ感や配色バランスなどをチェックするようにしてください。

5-1 トゥモローランドで流行のアイテムも押さえる

トゥモローランド

セレクトショップは量販店よりも少し価格は上がってきますが、自社製造あるいは海外からのインポート(輸入)商品などもあり、ビジネスカジュアルに使いやすい服も豊富で、40代にピッタリです。中でもトゥモローランドは女性認知も広いブランドでもありますから押さえておくと良いでしょう。

5-2 イセタンメンズは国内最大手男性向けデパート

イセタンメンズ

東京新宿にあるデパートで地下1階から8階まで全て男性向けのアイテムが揃っています。そのため品揃えが豊富でもちろんカジュアルの全身コーディネートも可能です。
ブランド数も多く40代の大人っぽいアイテムが豊富であります。

多くの物からじっくり選びたい人には向いています。
逆に言うと、売り場面積が大変広く、ブランドも多く混在しておりますので、ここから自分に合うものを探していく作業がちょっと大変かもしれません。時間に余裕を持ってじっくりと買い物に行かれることをオススメします。

5-3 自分で出来なそうな人はライフブランディングに聞いてみよう

>>ライフブランディングのサイトはこちら<<

お店に行ったけれど、自分ではいいものが選べない・・・など洋服の買い物に悩まされた男性は利用してみてください。

男性専門でファッションコーディネートサービスを提供しており、これまで1万人以上の利用者がいます。
ビジネスカジュアルの仕方がわからないという40代男性も多いです。

ショップと少し異なるのは、まずカウンセリング(洋服を着るシーンやライフスタイルをヒアリング)を行い、サイズを計測してから最適なコーディネートをプロが選びます。

服選びに悩まされた際にはホームページの無料相談フォーム、あるいはフリーダイアル0120-470-460で電話無料相談が受けられます。

6.40代男性がビジネスカジュアルを揃える通販ショップ【BEST3

服装選びはサイズが重要なため、ビジネスやデートなど重要なシーンで着る場合は、お店で試着をして選ぶことをおすすめします。とはいうものの、「お店に行く時間がない!」「そもそもお店が近くには無い!」という方もいるでしょう。その場合はネットで購入するのも一つの手でしょう。

そんな方のために、おすすめの通販ショップ【BEST3】をご紹介します。

【BEST1】「マネキン買い」で失敗知らず!メンズファッションプラス

おすすめ通販①


やりすぎない、失敗しない無難な男服をコンセプトに、ファッション初心者でも気軽に買える「マネキン買い」が可能。コーディネート写真でいいなと思ったアイテムが一式で購入できてしまうのでラク!

【BEST2】「大人っぽいきれいめアイテム」ならスプートニクス

おすすめ通販②


こちらも大人っぽくキレイめなアイテムが揃います。アイテムの種類が豊富で、選びやすいのも特徴。

【BEST3】厳選アイテムで初心者も買い物しやすいDcollection

おすすめ通販③

シンプルでベーシックなアイテムが厳選された通販ショップです。ファッション初心者向けにファッションが学べるメディアやコーディネート例も豊富にあるので、ファッションがあまり得意でない方にもやさしい通販サイトです。

7.まとめ

いかがでしたでしょうか。

40代のビジネスカジュアルには爽やかさと清潔感を意識することでおじさんぽくならずに若々しい印象を演出することが出来ます。

季節によって多少使うアイテムが異なってきますが、爽やかな印象を年間に渡って保っていけるかがカギとなります。

今回ご紹介した内容を取り入れて、野暮ったくならずに、社内外でデキる大人のビジネスマン像を作り上げてください。

記事を読んでも、自分で出来ない方はプロに相談

ロジラボの記事を読んではみたものの、自分では難しそう・・・という方は、ぜひ、プロにお任せ下さい。ロジラボの記事を執筆している男性専門コーディネートサービス「ライフブランディング」があなたにふさわしい服装をご提案します。無駄な時間や労力を使わずに印象アップさせましょう。

・自分に合う服装が分からない
・せっかく買ったのに全然着ていない洋服がある
・どのお店で何を買っていいか分からない
・服装がいつもワンパターンな気がする・・・
・女性に好印象の服装が知りたい

ライフブランディングは、10年以上に渡って1万人以上の男性の服装のサポートをしてきた、男性専門ファッションコーディネートサービスのパイオニアです。
婚活やビジネス、デートなどの大切なシーンに合わせて、最もあなたにふさわしい服装のご提案から、アイテムのご用意までを代行します。