ブルゾンとは?ジャンパーやジャケットと違う?選び方&着こなし解説

ブルゾンとはアイキャッチ画像

「この前行ったお店の人がブルゾンがおすすめと言っていたけど、そもそもブルゾンってどういう物だっけ?」
と、ブルゾンという言葉は聞いたことがあるけど、よく分からないという男性は多いのではないでしょうか。

実はブルゾンとはフランス語で「着丈が短い上着」のことです。そのためブルゾンには色々なデザインが含まれたり、お店やファッション誌によっては少し定義が違うところがあります。

ブルゾンを使ったコーディネートは、カジュアルで大人っぽい印象になるので、ブルゾンは上手く使うととても便利なアイテムです。

そんな便利なブルゾンには、実は大人っぽく着こなすための選び方やポイントがあります。今回はブルゾンとは何かから、その選び方コーディネートのポイント、実際のコーディネート事例まで基本的な部分をお伝えしていきます。

ぜひ、ブルゾンを使って、カジュアルで大人っぽいコーディネートにチャレンジしましょう!

1.ブルゾンとは?

ブルゾン(blouson)とはフランス語で「着丈が短い上着」のことです。

ブルゾンアップブルゾンの語源は諸説ありますが、原型はブルーズ(blouse)にあると言われます。

ブルーズは18世紀に登場した、服を汚さないように上に着る、ゆったりとした仕事着の一種のことです。ちなみに、このブルーズからブラウスが派生したと言われています。

また、服の一部をふくらませる、たくし上げることを、英語ではブラウジング(blousing)、フランス語ではブルーザン(blousant)といいますが、腰のあたりで布地をたるませてふっくらと見せるブルゾンの語源はこのあたりにあると考えられています

一方で、フランス語のブルゼ(blouser)が語源という説もあり、ブルゼは「袋に玉を入れる」といった意味です。

ブルゾンという言葉が一般化したのは1960年代からで、日本では70年代からジャンパーに代わってよく用いられるようになりました。日本語でもブルゾンは「着丈が短い」上着を指すことが多いです。

「着丈が短い」というのは、下の写真のように、一般的にはベルトの少し下くらいの位置の着丈のことを指すと覚えておきましょう。

ブルゾン着丈ブルゾンは「着丈が短い上着」の総称なので、色々なデザインのブルゾンがあります。

ブルゾンは日本でも使われることが多く、ショップやファッション誌で目にする機会も多いと思います。

2.ブルゾンの代表的な種類

ブルゾンとは「短い上着」のことなので、色々なデザインがあります。
その中でも代表的なものを紹介します。

【ブルゾン】
いわゆる一般的なブルゾン。襟があるタイプはかっちりした印象になるので、大人っぽく落ち着いた印象にしたい時に活躍します。デートシーンにもおすすめ。

ニットブルゾンアップ
【ジージャン】
デニム生地のジャケット。カジュアルな印象が強く、選び方によっては子供っぽい印象にもなりがちですが、細身で体型にフィットしたサイズのもので、黒やグレーなどの暗い色を選ぶと大人っぽく着こなすことができます。遊園地やドライブなどカジュアルなデートシーンにはおすすめ。

ジージャンとは
【MA-1】
もともとはアメリカ空軍の軍服が発祥のため、カジュアルな印象が強いブルゾンです。身幅や袖がややゆとりのあるデザインなので、着こなしの難易度は高め。極力細身でコーディネートするのが野暮ったくならないポイントです。女性からの好みはやや分かれるので、注意が必要です。

【スタジアムジャンパー】
もともと、野球選手が防寒のために球場で着ていたアイテムのため、かなりスポーティー。背中や胸元にエンブレムが入るデザインもありますが、日常で着る際には無地が大人っぽくおすすめ。かなりカジュアルなアイテムなので、デートシーンにはあまりおすすめしません。

【レザーブルゾン】
ライダースジャケットなどが挙げられるレザーブルゾンは、革で出来ていることもあり、クールでハードなイメージのアイテムです。こちらも細身のシルエットで着こなすとカッコよくきまります。ワイルドで男らしい印象になるので、そういったテイストが好きな女子からは好まれるはず。

3.ブルゾンとジャンパーの違いは?

日本ではジャンパーというと、ブルゾンと同じ「短い上着」を指すことが多いですが、その意味では海外では通用しない和製英語です。

日本においては、最近では、ジャンパーよりもブルゾンを使うことが一般的でしょう。

ちなみに、ジャンパー(jumper)とは英語で、本来の意味はジャンパースカートのことです。また、特に、イギリスではセーターなど上からかぶって着る服のことを言います。

4.ブルゾンの選び方『3つのポイント』

ブルゾンはカジュアルな印象になり、普段着で使いやすい便利なアイテムです。ただし、色々なデザインやサイズ感のブルゾンがあるので、大人っぽい印象にするには、ブルゾンの選び方にも注意が必要です。

多くのブルゾンの中から、大人っぽい印象になるブルゾンの選び方の3つのポイントをお伝えします。

4-1 ブルゾンは細身のサイズを選んで、すっきりとした印象に

ブルゾンは細身のサイズを選んで、すっきりとした印象にしましょう

ブルゾン細身スタイル大きすぎるブルゾンを着ていると、野暮ったく、子供っぽい印象になります。
サイズを選ぶ時には「お腹まわり」「胴まわり」の2点が細身になるように選びましょう。

ブルゾンのサイズを選ぶ時には、試着をして確認をするのがおすすめです。
多くの方が大き目のサイズを好んで着る傾向にあるため、試着をする時には、いつも着ているサイズと、いつも着ているサイズの一つ下のサイズの2つのサイズを試着してみましょう

4-2 ブルゾンは無地をベースに選んで大人っぽい印象に

ブルゾンは無地をベースに選んで、大人っぽい印象にしましょう。

ニットブルゾンアップブルゾンの下には、インナーとしてセーターやシャツを着てコーディネートをします。表面積の多くを占めるブルゾンは無地をベースに選ぶ方が、他の服との合わせがしやすくなり、全体感もまとまりがよくなります

柄物を取り入れる場合は、インナーのセーターやシャツに柄物を入れた方がバランスが取りやすいのでおすすめです。

ブルゾンインナー

4-3 ブルゾンはベーシックな色を選んで、スマートな印象に

ブルゾンは身体の表面積が多くを占めるアイテムなので、色はベーシックな色を選んで、スマートな印象にしましょう。あまりインパクトの強い色を使うと、全体のバランスが悪くなってしまします。

まずベーシックな色を「暗い色」と「明るい色」の2つに分けて考えましょう。この2つはそれぞれ印象が変わってきます。

暗い色:黒、紺、こげ茶など
明るい色:ライトグレー、ベージュ、水色、白など

「暗い色」はかっちりと、より大人っぽい印象になります。黒や紺が代表です。

ブルゾン×シャツ×黒セーター
「明るい色」は柔らかくカジュアルな印象になります。ライトグレーやベージュなどが代表的な色です。

ライトグレージージャン×パープルセーター
ブルゾンを着て出かけるシーンや、お会いする人に合わせて選ぶ色を使い分けるといいでしょう。

5.ブルゾンのコーディネートのポイント3選

上手くブルゾンが選べたら、次はどのようにコーディネートするのかがとても大切です。

ここでは、ブルゾンに合わせるアイテムとその選び方のポイントをお伝えします。

5-1 パンツは細身を選んですっきりと

ブルゾンに合わせるパンツは細身を選んで、すっきりとしたシルエットにしましょう。

ブルゾンに合わせるパンツパンツを細身にして、全体を細身のシルエットにすると、すっきりと大人っぽい印象になります

ブルゾンは色々なデザインがあり、アメカジ系と呼ばれる大きめのサイズが多いスタイルだと、合わせるパンツも太めが多くなります。パンツが太めになると、野暮ったくかなりカジュアルな印象になるので、大人っぽい印象にしたい場合には注意をしましょう。

5-2 ブルゾンコーディネートで使う色は3色以内にして、大人っぽい印象に

ブルゾンを使ったコーディネートで使う色は3色以内にすると、全体のバランスが取りやすく、大人っぽい印象になります

【3色以内のブルゾンコーディネート(ネイビー×ピンク×茶)】
ドンキーブルゾン×ピンクTシャツ

コーディネートで使う3色は、2章で説明したベーシックな色の「明るい色」と「暗い色」を使うと、まとまりやすくなります

5-3 ブルゾンのインナーの着丈はブルゾンよりも短めを選ぼう

ブルゾンの下に着る、セーターやシャツなどの着丈はブルゾンの着丈よりも短い物を選びましょう

ブルゾン着丈ブルゾンの下に着るアイテムの着丈が、ブルゾンの着丈よりも長いと全体のバランスが取りづらくなります。

6.大人っぽいブルゾンコーディネート7選

ブルゾンは色々な種類があるので、代表的で大人っぽいコーディネート事例を紹介しましょう。
誰でも、大人っぽく落ち着いた着こなしができやすいデザインの、襟ありタイプとジージャンのコーディネート事例をご紹介します。

襟ありブルゾン×シャツ×薄手セーター×チャコールチノパン
ブルゾンコーデ1
インナーにも襟のあるシャツを選べばよりかっちりと大人っぽい印象に。さらにパープルの薄手のセーターを加えれば、コーディネートのアクセントにもなります。

ニットブルゾン×セーター×ジーパン
ニットブルゾン×ジーンズニットブルゾンにセーターを合わせて、ジーパンをコーディネートしたカジュアルスタイル。シンプルな中にも、袖にデザインがあるようなブルゾンは、さりげなくお洒落な印象になります。

ブルゾン×ボーダーカットソー×白パン
ブルゾンコーデ3
インナーをボーダーなどの柄物にすると、カジュアル感が増して親しみやすい印象に。さらに白パンを合わせると、春夏らしいさわやかな印象になります。

ブルゾン×ストール×ベージュチノパン
ブルゾン×ストール×ベージュチノ秋冬の時期には、ストールやマフラーを合わせることで防寒もできて、コーディネートのアクセントにもなり、お洒落な雰囲気に。

ストール・マフラーのおすすめ巻き方はこちらでご紹介しています。
防寒マフラーからモテマフラーに!「ミラノ巻き」を写真で徹底解説

【黒ジージャン×ネイビーカットソー×ベージュチノパン
黒ジージャン×サマーセーター×ベージュチノパン大人っぽくスマートな黒のジージャンにベージュのチノパンを合わせたコーディネート。インナーも暗い色にすることで、かっちりと男らしい印象になります。

黒ジージャン×ライトグレーセーター×ベージュチノパン
ジージャン×ライトグレーセーター×ベージュチノパンインナーの色を明るいグレーに変えるだけで、印象もかなり変わります。少し柔らかさも加わり、親しみやすい雰囲気になりました。

ライトグレージージャン×ラベンダーセーター×ベージュチノパン
グレージージャン×ラベンダーセーター×ベージュチノ
全体を明るい色でまとめたジージャンスタイル。爽やかで柔らかい雰囲気になります。アウターとインナーの色の組み合わせ方で、雰囲気作りを左右させることができます。

7.おすすめのブルゾン【BEST5】

7章では、おすすめブルゾンを5点厳選してご紹介します。
(いずれもネット通販にて販売しているものですが、ブルゾン選びの参考にして頂ければと思います。)

ブルゾン選びはサイズが肝になるため、婚活など重要なシーンで着るアイテムは、お店で試着をして選ぶことをおすすめしますが、とは言え、「お店に行く時間がない!」「まずは値段重視で安く済ませたい」という方もいるでしょう。普段使いのアイテムであれば、ネットで購入するのも一つの手かもしれません

※写真をクリックすると、アイテム詳細ページに移動します。
※品切れ、商品入れ替えの際は、通販サイトの検索窓にて「アウター」or「ジャケット」or「ブルゾン」と検索してください。

【1位】

立ち襟のかっちりとした印象のブルゾンは、デートなどでも女性からの好印象が期待できるブルゾンです。どんなシーンでも使える万能なデザインでおすすめ。【価格:8,100円(税込)】


【2位】

こちらも立ち襟タイプのブルゾンですが、よりカジュアルな印象でありながらも、すっきりとシンプルに大人っぽい印象にもなります。【価格:6,990円(税込)】


【3位】

テーラードジャケットのようなデザインでありながらも、襟元がややカジュアルなデザインなので、そこまでかっちりし過ぎずに、ほどよいカジュアル感で大人っぽく着こなせます。【価格:7,400円(税込)】


【4位】

ジップタイプなので、カジュアル度がやや高くなります。襟があるのでかっちりした雰囲気も残していますが、かなりラフなデザイン。普段使いには◎【価格:6,990円(税込)】


【5位】

2章でもご紹介した、MA-1タイプのブルゾン。身幅や袖にゆとりがあるデザインが多い中、このMA-1は全体的に細身で、すっきりと大人っぽく着こなせるデザインです。お店でMA-1を探す際にも細身のものを選びましょう。【価格:6,990円(税込)】


<今回ご紹介した通販ショップ>
◆ メンズファッションプラス
20代~30代向けの通販ショップです。やりすぎない、失敗しない無難な男服をコンセプトに、ファッション初心者でも気軽に買える「マネキン買い」が可能。コーディネート写真でいいなと思ったアイテムが一式で購入できてしまうのでラク

◆ Dcollection
20代~30代向けのシンプルでベーシックなアイテムがそろう通販ショップです。ファッション初心者向けにファッションが学べるメディアやコーディネート例も豊富にあるので、ファッションがあまり得意でない方にもやさしい通販サイトです。

8.大人っぽいブルゾン買うならココ!お店3選

ブルゾンは色々なデザインがあり、多くのお店で取扱いがあるので、どこで買おうか迷ってしまうことも多いと思います。

そこで、大人っぽいブルゾンが揃うおすすめお店を3つ紹介します。
それぞれの特徴から、あなたに最適なお店を選んでみてください。

8-1 キレイ目カジュアルなブルゾンならトゥモローランド

渋谷、新宿、丸の内、名古屋、京都、大阪やその他大都市にあるセレクトショップです。客層も20代から30代が多く、きれい目で大人っぽい服が多くあり、ブルゾンも豊富に取り揃えています。

ただし、おしゃれ上級者用の服も多いので、色や柄にインパクトがあるブルゾンもあります。まずはベーシックな柄や色のブルゾンを選びましょう。

トゥモローランドHP

8-2 大人っぽいブルゾンならエディフィス

新宿、渋谷、丸の内などの東京都心部や、名古屋、京都、大阪などの大都市にあるセレクショップです。客層は20代から30代と幅広く、ブルゾンも多く揃っています。

ただ、デザインに特徴のあるブルゾンや、あえて大きいシルエットにしているブルゾンなどもあるので、ベーシックなデザインやサイズの物を選ぶようにしましょう。

エディフィスHP

8-3 多くの選択肢から選ぶなら、伊勢丹メンズ館

新宿にある、地下1階から8階まで全て男性向けのアイテムが揃っているデパートです。品揃えが豊富で、その品揃えは日本最大級ですので、ブルゾンもかなり豊富にあります。

ただし、ブルゾンは色々なフロアやショップに点在しているため、慣れていないと、最適な1点を選ぶのはかなり大変かもしれません。

ブルゾンは主に2階、6階、7階に多くあるので、まずはそれらのフロアを探してみるのがおすすめです。

イセタンメンズHP

9.まとめ

少しわかりにくい「ブルゾン」というアイテムについて、理解を深めて頂けましたでしょうか?

ベルトの少し下くらいの位置の、短い着丈の上着は、夏の暑い時期を除けば、長い季節に活躍する万能アイテムです。

今回お伝えした選び方や、着こなし方のポイントを押さえれば、カジュアル過ぎず大人っぽい着こなしができるようになるでしょう。

ぜひ、コーディネート写真なども参考にして頂きながら、ブルゾンの着こなしをマスターして、着こなしの幅を広げて頂ければと思います。

▼こちらの記事もおすすめ!

ジージャンとは?男性の大人カジュアルを実現する選び方・着こなし方

パーカーとは?大人っぽい選び方&着こなし方のコツと厳選コーデ7選

記事を読んでも、自分で出来ない方はプロに相談

ロジラボの記事を読んではみたものの、自分では難しそう・・・という方は、ぜひ、プロにお任せ下さい。ロジラボの記事を執筆している男性専門コーディネートサービス「ライフブランディング」があなたにふさわしい服装をご提案します。無駄な時間や労力を使わずに印象アップさせましょう。

・自分に合う服装が分からない
・せっかく買ったのに全然着ていない洋服がある
・どのお店で何を買っていいか分からない
・服装がいつもワンパターンな気がする・・・
・女性に好印象の服装が知りたい

ライフブランディングは、10年以上に渡って1万人以上の男性の服装のサポートをしてきた、男性専門ファッションコーディネートサービスのパイオニアです。
婚活やビジネス、デートなどの大切なシーンに合わせて、最もあなたにふさわしい服装のご提案から、アイテムのご用意までを代行します。