プロ直伝!女性から印象UPの秋ファッションコーディネート鉄板2選

秋ファッションコーディネートアイキャッチ画像

そろそろ涼しくなってきた。夏ももう終わりだから、長袖を用意しないといけないな・・・

このように、今年の秋は何を着ようかなと考えている男性も多いのではないのでしょうか?

男性専門パーソナルスタイリストサービスを行う私たちのもとにも、毎年9月中旬、10月頃から寄せられるお問い合わせが増えだします。まさに、「肌寒くなってきた時期、何を着ればいいのか分からない」という内容のご相談をよく受けます。

しかし、「秋にはこのコーディネートをすれば印象がよくなる」とわかれば、そんな不安もなくなるのではないでしょうか。

実は、大人の男性が覚えておくべき秋の鉄板ファッションコーディネートは2種類だけです。
そして、そのコーディネートで使う洋服の選び方にもルールがあり、そのルールさえ習得すれば、誰でも簡単にできます。

ファッションにはあまり詳しくない、むしろ苦手・・・という男性でも大丈夫です。

そこで、今回は秋のメンズファッションコーディネートについて、ポイント解説をしていきます。


1.女性から好印象の秋のおすすめファッションコーディネート2選

秋のメンズファッションコーディネートで重要なのは、上に羽織る洋服です。

特に、女性イメージを上げる時にオススメの上に羽織る洋服は以下の2種類です。

①ジャケット

ジャケット
②ブルゾン

ブルゾン

夏までは半袖1枚で1日中過ごせていましたが、秋になると朝晩が涼しい日が増え、上に羽織る物が必要になってきます。ここが夏のコーディネートとの一番の違いです。

秋の初めの9月頃はまだ中に着る物は半袖でも大丈夫ですが、朝晩には、やはり、羽織る物が必要になることも多いです。

その時は、半袖の上にジャケットやブルゾンを羽織るだけで、秋にも使えるコーディネートとなります。

下半身にはくパンツは種類が限られますが、大人っぽい印象にするなら「チノパン」よりカジュアルな印象にするなら「ジーパン」が定番となります。

女性に好印象の大人っぽい印象づくりに役立つチノパンを選ぶ際には、以下の記事も参考にしてみてください。
大人カジュアルからデートまで!チノパンの選び方をシーン別にご紹介

以下では、ジャケットとブルゾンを使ったそれぞれ具体的なコーディネートを見ていきましょう。

1-1 大人っぽくするならジャケットを使ったコーディネート

ジャケットコーディネート
女性の印象を上げたい場合、秋に持っておきたい洋服はジャケットです。

ジャケットを使ったコーディネートは、多くの女性が男性に求める「大人っぽい雰囲気」を作ることができます。都心部のレストランなどで女性とご飯を食べる時にオススメです。

服装は、出かける場所に合わせて選ぶことが大切です。

出かける場所が、ホテルや高級レストランなどのかっちりした雰囲気の場所なら、ジャケットは最適なアイテムです。

また、ジャケットの下に着るインナーについては「襟が有る」か「襟が無い」かで分けて考えましょう。

【襟が有るインナー】

襟有りのインナー

【襟が無いインナー】

襟なしインナー
シャツなどの「襟が有る物」はよりかっちりした印象になり、カットソーなどの「襟が無い物」はよりカジュアルで柔らかい印象となります。こちらも、出かける場所がかっちりした雰囲気なのか、もしくは、居酒屋などのカジュアルな雰囲気なのかで使い分けるといいでしょう。

「襟が有る」秋に着るインナーの定番はシャツです。ジャケットを着る場合には、シャツの裾部分はパンツの中に入れるコーディネートがオススメです。

シャツをの裾をパンツの外に出して着ると、ジャケットの着丈よりもシャツの着丈の方が長くなることが多いのでバランスが崩れてしまいます。

「襟が無い」秋に着るインナーとしては、綿素材のカットソーやセーター、ウール素材のセーターが代表的です。襟元がVネックになっている方が、より大人っぽい印象になるためおススメです。

1-2 柔らかい印象にするならブルゾンを使ったコーディネート

ブルゾンコーディネート

少しカジュアルな印象にしたい時は、ブルゾンがオススメです。
ジャケットよりも柔らかい印象となり、遊園地や水族館などカジュアルな場所に行く時にオススメです。

以下の写真のようにフードが付いている物は、よりカジュアル感が出ます。

フードがあるブルゾン

また、着丈によっても、カジュアル度が変わります。着丈が短い物がよりカジュアル感が出て、長い物はかっちりと見えます。

どのタイプでもコーディネートは出来ますが、ファッション初心者の大人の男性がデートで着る服を選ぶならば、フードがなく、着丈は短めの物がオススメです。

ちなみに、ブルゾンの場合には、例え前を開けて着たとしても、インナーの見える面積が、ジャケットスタイルの時よりも小さいので、インナーによって雰囲気が変わることはそこまで無いと言えます。

ただし、日中などブルゾンを脱いで、インナーだけになる可能性がある場合には、やはり、襟が有るシャツやポロシャツの方が、襟が無い洋服よりもかっちりとした雰囲気になることを覚えておきましょう。

<何を着ればいいか迷った時は気温で判断!>
季節の変わり目に、何を着ればいいか迷ってしまうことがありますよね。
着る物を選ぶ時には、気温がポイントになります。
気温が何度かによって、洋服は何を選ぶかが決まってきます。

 

<気温別着る物リスト> 

30℃以上:半袖アイテム
25℃~30℃:半袖アイテム(朝晩などは上に羽織る物を着る可能性有り)
20℃~25℃:半袖アイテム+長袖の羽織るアイテム
15℃~20℃:長袖アイテム
10℃~15℃:薄手のコート
10℃未満:冬物の厚手のコート


2.秋の洋服の選び方

秋のメンズファッションコーディネートで使う洋服は「サイズ」「色・柄」「素材」の3点を考えると、最適なものを選びやすいです。

ここでは、1章でおススメしたジャケットとブルゾンについて「サイズ」「色・柄」「素材」の選び方をご紹介します。

上記の3つのポイントのうち、特に大切なのは「サイズ」です。

落ち着いた、大人っぽい着こなしにするためには、自身の体型に合うジャストサイズのものを選ぶことが重要となります。大きすぎるサイズの洋服を身に付けると、一気に、野暮ったくあか抜けない印象になります。

ただ、洋服のサイズ感は各ブランドの基準であり、絶対値ではないので注意が必要です。
洋服を買いに行く際には、必ず試着をすることを心がけましょう。

ジャケットとブルゾンは、「サイズ」と「素材」の選び方に違いがあるので、以下では分けて説明をしていきます。

2-1 ジャケットの選び方

ジャケットイメージ

2-1-1 サイズ

ジャケットのサイズは「肩幅」「ウェスト(ボタン位置)」「着丈」の3点に注意をして選びましょう。

ジャストサイズを判断するには、以下の2つのサイズを考える必要があります。

①洋服のサイズ
②着る人のサイズ

この差が適切であれば、ジャストサイズになります。

自分一人でそれぞれのサイズを測って、差を計算して・・となると大変ですが、洋服のサイズと着る人のサイズの差を確認するには、手を使って判断することもできます。そのポイントを3つ紹介します。

・肩幅は「指が一本」入る程度

ジャケット肩幅サイズ
・ウェストはこぶしが1個入る程度

ジャケットウエストサイズ
・着丈はお尻が隠れるか隠れないか位

ジャケット着丈サイズ
ビジネス用のスーツなどであれば、量販店などでも身長の他に、バストやウェストによってサイズがかなり細かく分かれているため、自分の体型に合ったものを選びやすいですが、プライベートシーンで着るジャケットはS、M、L、LLくらいしかサイズが分かれていないので、ジャストサイズのものを見つけるのが、少し難しい洋服でもあります。

また、ジャケットはブルゾンなどと異なり、あまり伸縮性が無い素材でできているため、多くの男性が、着心地を重視して、自身の体型よりも大きいサイズで着がちです。

ジャケットを購入する前には、必ず試着をして、よりジャストサイズに近いものを選ぶように心がけましょう。

2-1-2 色・柄

ジャケットの色は「紺、濃いグレー」などのベーシックな暗い色がオススメです。

ベーシックな暗い色のジャケットはどのコーディネートにも合わせやすいため、一年を通して使える上に、大人っぽい印象を出すことができます。

ベーシックな暗い色のジャケットが既に手持ちである場合は、秋らしいこげ茶などの「暗めの暖色」を選ぶのもいいでしょう。

ジャケットの柄はまず「無地」を選びましょう。無地のジャケットを使ったコーディネートは大人っぽく見えて、インナーやパンツとの合わせもしやすいです。

2-1-3 素材

ジャケットの素材は「ウール」を選んでいれば安心です。厚手過ぎないウールは1年中着ることができ、大人っぽい印象を与えることができます。

【ウール素材の生地】

ウール素材イメージ

ウール素材を1枚持った後には、綿素材を選ぶのもいいでしょう。綿素材はウール素材よりもカジュアルで柔らかい印象になります。

ジャケットの選び方についてより詳しく知りたい方は、以下の記事も参考にしてみてください。

2-2 ブルゾンの選び方

ブルゾンイメージ

2-2-1 サイズ

ブルゾンのサイズで重要なのは「バストサイズ(胸囲)」です。

実寸バスト+10cm~15cmがブルゾンのジャストサイズとなります。
以下のように、両手を広げてチェックすると分かりやすいです。

ブルゾンサイズ

ブルゾンは伸びる素材でできていることがほとんどなので、バストサイズさえ適正なものを選べば、お腹など他の部分は素材の伸縮性に任せて着ることができます。

2-2-2 色・柄

ブルゾンの色はまず「紺や黒」などの濃い色を持っておくと便利です。濃い色は他の洋服にも合わせやすく、大人っぽい印象となります。

また柄は無地がオススメです。柄物は他のアイテムとのコーディネートが難しいことがあるので、初心者はまず無地を選びましょう。

2-2-3 素材

秋のブルゾンの素材は「綿」か「ウール」を選びましょう。9月や10月初旬などのまだ暑さが残る時期は「綿」素材の方がいいでしょう。

「綿」は「ウール」程の保温性はないので、秋には最適な素材です。また、綿素材は、ブルゾンを着て行くにふさわしい場所に合った、カジュアル感を出すことができます。

「ウール」を選ぶ場合には、「綿」よりも保温性があるため、寒くなってくる11月頃からがオススメです。「ウール」は落ち着いた印象になるので、特に、大人っぽい雰囲気を出したい時に使うといいでしょう。

最適な洋服選びに欠かせない、「サイズ感」。

 

しかし、自分の体の各部位のサイズを計測したことが無いという方がほとんどでしょう。自分一人では計測が難しく、どうしても人の手を借りる必要があります。

 

オーダーでもしない限り、なかなかジャストサイズを選ぶために、採寸をしてくれるお店はありません。そこでオススメしたいのが、プロがサイズ計測を行い、ジャストサイズの洋服を選んでくれるサービスです。

 

実際にジャストサイズの洋服を着てみることで、「洋服のサイズ」と「着る人のサイズ」の適切な差を確認することも出来ます。

 

このようなお店は、大抵は電話相談が無料となっているので、まずは問い合わせて確認してみてもいいでしょう。

 


3.女性から嫌われる秋のメンズファッションコーディネート

女性と食事やデートに出かける際の秋のコーディネートを検討している方もいると思います。そこで、女性から嫌われる可能性の高いコーディネートもご紹介しておきます。

男性が普段何気なく着ている洋服も女性から嫌がられている可能性があります。

男性は動きやすい、暑くない、寒くないなどの機能性を中心に洋服を選ぶことが多いですが、「女性からどのように見えているのか」という視点で洋服を選ぶことを心がけましょう。

3-1 スカジャンやマウンテンパーカーなどの派手な柄を使ったコーディネート

背中に派手な虎や龍などの刺繍の入っているスカジャンや、黄色やオレンジなどのインパクトの強い色を使ったマウンテンパーカーは女性からの印象がよくないです。

街中で着ると、目立ちすぎてしまい、周りから浮いてしまうため、女性が隣を歩くのを恥ずかしく思う可能性大です。

3-2 ジャージーやウィンドブレーカーなどスポーティーすぎるコーディネート

上に羽織る物として、ジャージーやウィンドブレーカーを羽織るのも避けた方がいいでしょう。

男性は機能性で洋服を選ぶことが多いので、ジャージーやウィンドブレーカーなどのスポーツをする時に着ることがメインで作られた洋服を私服でも選ぶことがあります。

ただし、女性から見ると街中で着るには、スポーティー過ぎてしまいます。
家の近所や男性の友達といる時に着る用にしておいた方が間違いありません。

3-3 ショートパンツや7分丈パンツを使ったコーディネート

秋はまだ日中は暑いこともあるので、ショートパンツや7分丈パンツなどを履くこともあるでしょう。

でも、女性イメージを上げたい場合には、ファッション初心者は迷わず長いパンツを履きましょう。女性からは、スネ毛が気持ち悪いと思われることが多いです。

また、コーディネートも難しいので、避けた方が安全です。


4.大人の秋ファッションディネートはここで買う

女性からの印象を上げたい場合には、洋服を買うお店選びも大切です。普段は量販店で買うことが多いかもしれませんが、セレクトショップやデパートも候補に入れましょう。

女性は大切なデートの時に着る洋服は普段着と分けていることも多いです。普段着は男性と同じく量販店で買った物も取り入れてコーディネートをしていても、デート用の服はセレクトショップやデパートで買うことが多くなります。

また、買うお店として、ネットショップなどもありますが、ファッション初心者が女性からのイメージを上げる時には、まずは実店舗での買い物をオススメします。

服を選ぶ際には、2章で説明した通り、サイズが一番大事になりますが、実店舗では、試着をしてサイズ感を確認することが出来るからです。

以下、おすすめのセレクトショップやデパートを紹介します。

・トゥモローランド
渋谷、新宿、丸の内、大阪、京都、名古屋やその他大都市にあるセレクトショップです。大人っぽく、ベーシックな物も多数あります。秋に使うブルゾンは、初心者にはコーディネートが難しいデザインや柄のアイテムも揃っているので、まずはベーシックなデザインと色で、無地の物を選びましょう。

・エディフィス
渋谷、新宿、丸の内などの東京都心部や、大阪、京都、名古屋などの大都市にあるセレクトショップです。20代後半以降の大人の男性が選びやすい、ベーシックなアイテムも揃っています。やはりブルゾンは、初心者には難しいデザインや柄もあるので、出来るだけベーシックな物を選びましょう。

・伊勢丹メンズ館
新宿にある、地下1階から8階まで全て男性向けフロアのデパートです。秋物カジュアルウェアもかなり沢山ありますが、色々な場所に置いてあるので、探すだけでも大変だと思います。ブルゾンを買うなら、6階がオススメです。ショップも色々と入っているので、分からない場合は、店員さんにベーシックなブルゾンを探していると伝えて、選ぶのを手伝ってもらうのもいいでしょう。たくさんの選択肢の中から選びたい、という方にはおススメのお店です。


5.秋のファッションコーディネートを買う時の注意点

実際に買い物に行くときには、以下の3つのことに注意しましょう。

①購入する洋服の種類と色を決めてから買い物に行く
ジャケット、ブルゾン、長袖シャツなど秋に着る洋服は沢山の種類があり、色数も選択肢はかなり多くなります。お店に行っても、沢山の洋服の種類があり、色も様々です。

そのため、購入予定の洋服の種類と色が決まっていないと、目移りをしてしまって、上手く探せなくなります。自分の手持ちの洋服で何が足りないのか事前に確認をして、何色の何を買うのかイメージしてから出かけましょう。

②お店では必ず試着をする
2章でも述べた通り、試着はとても大切です。どのお店でも基本的には全ての洋服の試着ができます。ただし、インナー(下着)を着ていない場合は断られることがあるので、お店に行く時はインナーを着ていきましょう。

③購入予定の服に合わせる予定の他の服を身に着けていく
購入予定の服に合わせるパンツや靴などの洋服や雑貨を身につけていくことをおすすめします。実際に購入しようと思う物とのコーディネートがどのようになるかを体感することできるので、買った後に家で手持ちのパンツや靴と合わせてみたら、なんだかチグハグになってしまった・・・ということが避けられるでしょう。


6.まとめ

女性から好印象の秋ファッションコーディネートに欠かせない「ジャケット」と「ブルゾン」を使ったコーディネート、イメージ出来てきたでしょうか?

「サイズ」「色・柄」「素材」に注意して服を選び、出かける場所のカジュアル度に合わせてコーディネートを変える意識を持つことができれば、今までよりも女性からの印象をアップできること間違いなしです。

ここで説明したポイントを参考に、今年の秋は、ワンランク上の大人の男の着こなしにぜひチャレンジしてみてください!

オシャレレベルが10UPする!全52ページの「完全“服トレプログラム”」をプレゼント

いい年の大人なのに服装は学生の頃からほぼ変わっていない。大人っぽい年相応の服装に変えていきたいと思っていてもセンスが無いから…と諦めていませんか?でも、実は、ファッションにセンスは不要なのです。

・自分に合う服装が分からない
・せっかく買ったのに全然着ていない洋服がある
・どのお店で何を買っていいか分からない
・服装がいつもワンパターンな気がする・・・
・女性に好印象の服装が知りたい

これらの悩みを解決する方法はただ1つ、「ファッションもビジネスと同じように論理的に考えて、アイテムの選び方や買い物の仕方の基本を押さえていくこと」です。
男性専門ファッションコーディネートサービスのパイオニアとして1万人以上の男性の服装のサポートをしてきたノウハウを全52ページに渡って詳細に解説しています。コーディネート事例の写真も豊富に載せています。
その通り実践すれば、1ヵ月後には今よりオシャレでカッコいい服を手に入れ、外見が変わり、周りの反応も変わるはずです。
ぜひ、今後の印象をアップさせたい様々なシーンでお役立てください。