50代メンズ冬ファッション最新コーデ21!アイテム選びと着こなしのコツ

「50代の冬の休日を、若々しくも年相応のファッションで楽しみたい」
「30、40代の頃と比べて体型は変わってしまったけれど、スマートに冬のファッションを着こなしたい」

普段の職場ではビジネススタイルをしっかりと着こなしている皆さんも、いざプライベートとなると“機能性”を重視するあまり、動きやすいダウンジャケットを着たり、仕事用のハーフコートで対応したりと、「とりあえず寒いので上着を羽織っている」男性は多いです。

せっかくのお出掛けも、見栄えのしない服装では「中年男性」のレッテルを貼られたままで、外出も億劫になるので楽しくありませんよね。

周りから若々しく、素敵に見られたいものですが、50代という年齢は年相応の服装に落ち着いてしまうとおじさんぽくなってしまいます。
さらに、冬に着る洋服は厚みがあるため着膨れしてしまうとても難しい時期でもあります。

そこで冬のファッションで周りから好印象に見て貰える服装選びのポイントは、「上に羽織るコートの着丈」と、「中に着るインナーのサイズ」です。

ポイントをしっかりと押さえたコーディネートをすることで、周りから大人っぽくも若々しくてオシャレと思って貰える50代の冬ファッションをぜひ覚えてくださいね!

目次

1. 大人っぽくも若々しく!50代冬のメンズファッションのコツ

冬に周りから好印象に見て貰うための服装選びのポイントは、「上に羽織るコートの着丈」と、「中に着るインナー」の組合せを軸に洋服を選ぶことです。

そして、襟のあるアイテムと襟の無いアイテムの組合せで見た目の印象が変わります。

ロングコート×襟有りシャツ

ロングコート×襟無しセーター

ショートコート×襟有りシャツ

ショートコート×襟無しセーター

コートの着丈が長いとカッチリとした印象になり、コートの着丈が短いとアクティブな印象になります。
また、インナーに襟の付いたアイテムを合わせるとカッチリ度が増して、インナーを襟の無いアイテムを合わせるとカジュアル感が増します。

このように、冬は上半身に着るアウターとインナーの組合せ方によってカッチリ度を変えらえるので、着ていく場面によってアイテムの組合せを変えることを覚えておきましょう。

2. 冬に着る50代メンズファッションコーディネート17選!

1章で説明したことを踏まえて、冬に着る50代男性のメンズファッションをコーディネート画像を使いながらわかりやすくご紹介します。

2-1 「ロングコート」で色気を感じさせるダンディーなコーディネート

「ロングコート」はカッチリ度が増すことから、周りに色気を感じさせるダンディーなコーディネートになります。

チェスターコート
襟部分がテーラードジャケットと同じ仕様のチェスターコートは、50代が冬に着るカジュアルにもきれいめスタイルにもあわせられるというメリットがあります。
着る場面によってインナーに変化をつけましょう。

テンカラーコート
コート、セーター寄り後ろ襟部分が高くなっているステンカラーコートは、チェスターコートよりも首回りの開きが浅いことから、よりカッチリ感が増して大人っぽい印象になります。
キレイめカジュアルで全身をコーディネートすると良いでしょう。

アルスターコート
(参照:HANABISHI
仕様がダブルになっておりクラシックな形の代表的なアイテムがアルスターコートです。
チェスターコートよりも上衿と下衿を大きくとっていることが多く、カッチリとした見え方になることからスーツスタイルやジャケパンスタイルとも相性は抜群です。

トレンチコート
(参照:TAS CLAP)
ダブルの前開き、ウエストの近くにはベルトがついて、肩にボタンで留めたショルダーストラップのついたトレンチコートはデザイン性が高いことからカジュアルにもキレイめに合わせることも出来ます。
代表されるベージュカラーのコートでカジュアルに合わせるのも有りです。

ダウンロングコート
(参照:スーツの着こなしVゾーンラボ
軽い着心地でパッと羽織れる機能性の高いダウンコートはカジュアル性の高いアイテムです。
スーツスタイルやジャケットスタイルといったフォーマル寄りのコーディネートには、ロング丈で細身のサイズを選ぶとまとまります。

2-2 「ショートコート」で柔らかくも大人っぽいコーディネート

「ショート丈のコート」は柔らかい印象ながらも大人っぽくコーディネートすることが出来ます。

ブルゾンコート
ショート丈のコートは快活な印象になりますが、インナーに襟付きシャツを合わせて大人っぽい印象にすることができます。
防寒対策にウールVネックセーターを合わせてスッキリと着こなしましょう。

レザーコート(参照:NANO UNIVERSE
レザーコートは50代が冬に着るカジュアルコートとして最適です。
インナーに襟無しのセーターやカットソーを合わせてジーンズと一緒に着こなすと大人っぽくも柔らかい印象になります。

Pコート
襟が付いてカチッとした印象に見えるPコートも着丈が短いため、中に合わせるインナーをセーターのすることでカジュアルダウンします。50代でも安心して羽織ることが出来るアイテムです。

ショートダウンコートフード付きのダウンコートを50代が大人っぽいカジュアルコーディネートに昇華させるには、細身のシルエットを選ぶことです。
また、ウール素材の表地を選ぶと、グッと大人っぽさは引き立ちます。

スタンドカラーコートスタンドカラータイプのコートは首回りがスッキリと大人っぽい印象に見えます。
防寒性とともにアクセントになるマフラーを巻くことで、50代の冬ファッションも地味にならず、適度なカジュアル感を演出することが出来ます。

2-3 「シャツ×薄手セーター」でスッキリ・スマートなコーディネート

「襟付きシャツ」は「薄手セーター」と合わせるとスッキリかつスマートな冬コーディネートになります。

無地柄シャツ×薄手セーター
襟付きシャツに合わせるセーターは首元がキレイに開いたVネックを選ぶとコーディネートしやすいです。
シンプルな無地柄の襟付きシャツと明るい色のセーターは冬でもコーディネートしやすい組合せです。

ストライプ柄シャツ×薄手セーター
セーターとストライプ柄やチェック柄のシャツの組合せは、オシャレ感を演出したいシーンでおすすめです。
コーディネートが騒がしくならないようにセーターは無地を選ぶとスッキリとまとまります。

2-4 「厚手セーター」で余裕ある大人のカジュアルコーディネート

50代男性こそ冬ファッションは「厚手セーター」で余裕ある大人のカジュアルコーディネートを見せましょう。

厚手クルーセーター太い番手の紡毛ウールで編み込んだ厚手セーターは柔らかい表情になります。
セーターの表面を特殊に起毛したシャギードッグセーターは毛足が長くなることから、着て暖かく、見た目も温かみを感じさせます。

タートルネックセーター
首回りをすっぽりと覆うデザインが特徴的なタートルネックセーターは、顔付近に柔らかさが出ることから、50代の冬ファッションに使い勝手が良いでしょう。
厚手セーターはボリュームが出ることから、細身のシルエットを意識て選ぶことが重要です。

ジップアップセーター
スタンド襟のジップアップセーターは縦長効果が生まれることから、身長が低めの方にもおすすめです。
暗い色でコーディネートすることで、よりスッキリと大人っぽくまとまります。

ショールカラーセーター×襟付きシャツ
ヘチマ襟の付いたカジュアルセーターに襟付きシャツで程よくスッキリした大人のコーディネートです。
セーターとシャツいずれも襟が付いていることがカッチリ感が増します。

厚手セーター×マフラー
防寒性のあるマフラーは暖かく柔らかさをプラスしてくれるので50代男性も積極的に利用してみましょう。
首回りがチクチクするのが苦手男性は、軽くて暖かくてチクチクしにくいカシミア素材がおすすめです。

3. 50代冬のメンズファッションをスッキリ・若々しく見せる服装選びのポイント3選

50代男性が冬のメンズファッションをスッキリと若々しく見せるための服装選びのポイントは3つあります。
そのポイントは細身のサイズベーシックカラーで全身が3色以内でまとめる天然素材のウールをうまく利用することです。
この3つのポイントをしっかりと押さえることで、今以上に冬のメンズファッションを若々しくオシャレにコーディネートすることが出来ますので詳しく説明していきます。

3-1 着膨れする冬は「細身のサイズ」を選んでスマートな印象に

着膨れする寒い冬は、コートも中に着るインナーも「細身のサイズ」を選ぶことでスマートな印象を目指しましょう。
冬のメンズファッションでは、特に表面積の大きいコートが見た目の印象を大きく左右しますが、室内でコートを脱いだ時の格好も重要です。
多くの男性は寒さゆえに大きくてボリュームのあるコートやインナーを着ることで着膨れしてしまう可能性が高いので注意が必要です。

ここで、サイズの大きいコートと体系にあった細身のサイズのコートを着たコーディネート画像を参考までに比較してみましょう。

【大きいコート、ジャストサイズのコートで比較
コートサイズ比較冬のコーディネートで一番上に着るコートも重要ですが、中に着るインナーのサイズ感も重要です。

【大きいセーター、ジャストサイズのセーターで比較
やはりサイズの大きいコートやインナーを羽織ると野暮ったい印象になり、年齢以上に老けて見えてしまいます。
対して、体形に近しいコートを着ると、スッキリとスマートな印象になるので若々しい印象になります。

洋服のサイズ感は見た目の印象にも大きく左右することを覚えておきましょう。

3-2 冬は「ベーシックカラーで全身が3色以内」に纏めると落ち着いた印象に

冬のメンズファッションは「ベーシックカラーで全身が3色以内」に纏めると落ち着いた大人の印象を醸し出すことが出来ます。
ここでベーシックカラーの代表的な色合いについてご紹介しておきましょう。

明るい色:ライトグレー、ライトベージュなど

暗い色:濃いグレー、紺(黒)など

ベーシックカラーは、周りへ違和感を与えることなく、コーディネートがしやすい便利な色合いです。
加えて、冬に映える差し色(アクセントカラー)を取り入れることで、オシャレ感もプラスすることが出来ることを覚えておきましょう。

差し色:赤、オレンジ、サックスなど
膨張色

3-3 冬は天然素材の「ウール」を軸に選んで上品な印象に

50代が着る冬のメンズファッションでは、天然素材の「ウール」を軸に選ぶと上品な印象になります。
加えてウール素材は防寒性も高いことから、周りに冬らしい印象を作ることができます。

袖ニットブルゾン
ニットブルゾンアップ
紡毛セーター
紡毛セーター寄り

また、サイズにも注意しましょう。
すっきりしたサイズのものを選ぶと、おじさんぽくなりません。
セーターのサイズは「胸まわり」「お腹まわり」「着丈」の3つに注意してください。

より詳しくセーターの着こなしについて知りたい方はこちらをご覧ください。

関連記事

4. 冬の50代メンズファッションで若々しくオシャレに見えるマストアイテム9選

4-1 休日でも気を抜かない大人のショートコート

プライベートこそ機能性を重視するあまり楽な服装をしておじさんぽくならないように、大人のショートコートを選びましょう。

ニットブルゾンコート
ニットブルゾンアップ落ち着きのある濃いグレーやネイビーカラーで、ウール素材を選ぶと周りに柔らかく温かみのある印象にあります。

スッキリ見える細身のサイズ感でお尻に被さる程度の丈感のブルゾンコートを選べば、50代でも無理なく若々しい印象になります。

関連記事

4-2 大人の色気を醸し出す膝丈のロングコート

膝丈のロングコートは大人の色気を存分に醸し出してくれるアイテムですので、50代冬のメンズファッションにうってつけと言えるアイテムです。

ステンカラーコート
ステンカラーコートUPスーツでも利用されるウール素材は適度なカッチリ感を与えてくれます。
膝丈よりも10cm~15cm上の丈感はカッチリした中に40代でもスタイリッシュな印象になります。

サイズ感を意識して選ぶには「着丈」「肩回り」「お腹回り」だけをチェックするようにしましょう。

より詳しくステンカラーコートを選ぶポイントが知りたい方はこちらをご覧ください。

関連記事

4-3 厚みのある大人カジュアルのウールジャケット

50代男性が大人っぽい印象に見せることが出来る代表的な冬のカジュアルアイテムと言えばウールジャケットです。

梳毛ウールジャケット
肩が抜けているジャケット
フランネルジャケット】フランネルジャケットアップ(参照:TASCLAP)

【ツィード】
ウール素材は秋から冬によく使われる素材で、防寒性も高く、冬にはもってこいの素材です。

また、無地を選ぶと他の服との合わせもしやすいので、まずは無地のジャケットを1着持っておくといいでしょう。

より詳しくジャケットを選ぶポイントが知りたい方はこちらをご覧ください。

関連記事

4-4 エレガントな印象を与えるウールセーター

真冬のインナーで違いを出すなら、エレガントな印象を与えるウールセーターは外せません。

ウールセーター
セーターアップウール素材は防寒性も高く、冬らしい印象を作ることができます。

また、サイズ選びに注意しましょう。
すっきりしたサイズのものを選ぶと、おじさんぽくなりません。
セーターのサイズは「胸まわり」「お腹まわり」「着丈」の3つに注意してください。

より詳しくセーターの着こなしについて知りたい方はこちらをご覧ください。

関連記事

4-5 洒落たオヤジはジャストサイズで襟の高い長袖シャツ

普段から着る機会の多いシャツはジャストサイズで襟の高いタイプを選ぶとオシャレに映ります。

襟付きシャツ
シロシャツアップスッキリしたサイズでスマートに演出しつつ、立体襟で50代の色気をしっかりと演出しましょう。
上品な印象に映る綿素材でベーシックなシロシャツは手元に1枚は置いておくべきアイテムと言えます。

左:ジャストサイズ、右:オーバーサイズ
シャツ:サイズ比較上の写真のようにサイズがちがうだけで見た目のイメージが大きく変わってしまうので、シャツのサイズ選びには注意が必要です。

襟が高いシャツ
台襟の位置矢印の先が台襟と言われる部分です。台襟に高さが出ることでエレガントな印象が増すので50代の男性の色気を存分に醸し出すことが出来るでしょう。

より詳しくシャツを選ぶポイントが知りたい方はこちらもご覧ください。

関連記事

4-6 細みでスマートな印象に映るチノパン

綿とポリウレタンが入った素材は伸縮性があるので、細身でも動きがしやすくスマートな印象になるのでおすすめです。

チノパン
チノパン(参照:モノコレ)
ジーンズとチノパンの間くらいの厚みのチノパンを探してみてください。
程よい厚みのチノパンは、冬でもスッキリとした印象になり、1年通して利用することが出来ます

より詳しくチノパンを選ぶポイントが知りたい方はこちらをご覧ください。

関連記事

4-7 足元には落ち着いた大人の印象に映るレザーシューズ(ブーツ)

落ち着きを感じさせる50代のコーディネートにはレザーシューズは外せません。

レザーシューズ
レザーシューズ色はこげ茶や黒などの暗い色が他の服とのコーディネートもしやすく、おすすめです。
暗い色のレザー素材の靴は、全体のコーディネートがぐっと引き締まるので50代の冬ファッションでは使い勝手が良いでしょう。

冬にオシャレな印象を演出したい場合は、「ブーツ」をはきこなせるようになりましょう。

ブーツ
サイドゴアブーツ「サイドゴアブーツ」は両サイドがゴム仕様になっていることから履きやすく、紐もないことからスッキリとスマートな印象になります。

より詳しくレザーシューズを選ぶポイントが知りたい方はこちらをご覧ください。

関連記事

4-8 首元からオシャレを演出させるマフラー

寒い冬は首元から「マフラー」を巻いてオシャレ感を演出させましょう。

マフラー
(参照:TAKEO KIKUCHI
普段巻物をする機会が少ない男性は首回りがチクチクしない素材を意識して選びましょう。
おすすめは、繊維長のウール素材カシミア素材を選ぶとチクチクしにくいです。

シンプルになりがちな冬のコーディネートも首元にマフラーを巻くことでボリューム感が生まれてオシャレな印象になります。
暗い色は落ち着きを与えてくれますし、明るい色は若々しい印象になります。
無地もしくは、織柄によるストライプやヘリンボーンは、コーディネートがしやすいので1本持っておくと間違いありません。
この機会に新しい巻き方にも挑戦してみましょう。

より詳しくマフラーに関して知りたい方はこちらをご覧ください。

関連記事

4-9 冬のコーディネートアクセントとしてレザーグローブ

マフラー同様、50代冬のメンズファッションのアクセントに「レザーグローブ」を利用しましょう。

手袋 黒手袋にも気を使うことで、余裕ある大人の冬ファッションを完璧に彩ることが出来ます。
落ち着いた印象に見えるレザーグローブを選ぶことで、手元もぬかりなくコーディネートすることがポイントです。

5. 50代男性が冬のファッションアイテムを買うならこのお店!おすすめ3選

5-1 オシャレにトータルコーディネートするならトゥモローランド

トゥモローランド

新宿、渋谷、丸の内、大阪、名古屋、京都など大都市に多くあるセレクトショップです。
客層も30代~50代が多く、大人っぽい服が数多くあります。

冬のメンズファッションで取り入れるブルゾンコートや、セーターなども多く取り揃えています。その他、通年で使えるシャツやチノパンも置いてあるので、冬の買い物に便利でしょう。

ただしオシャレ上級者の服も多いので、柄や色にインパクトのあるコートやセーターなども有ります。先ずはベーシックな柄や色を選びましょう。

5-2 幅広い選択肢から上質アイテムを揃えるなら伊勢丹メンズ館

イセタンメンズ

新宿にあるデパートで、地下1階から8階まで全てメンズアイテムが揃っています。日本最大級の品揃えの豊富さなので、冬に着るコート、セーターやマフラー、通年で使えるシャツ、ジャケット、チノパン、靴など50代が冬のメンズファッションで使うアイテムは全て手に入れることが出来ます。

ただし、各アイテムは色々なフロアで展開しているので、慣れていないと最適な1点を選ぶのが手ても難しく感じると思います。

冬に使うカジュアルウェアは6階、靴とバッグは地下1階、マフラーやセーター類は1階に多く取り揃えているので、参考にして下さい。

5-3 自分ではやっぱり選ぶのが難しい…という方はライフブランディング

>>ライフブランディングのサイトはこちら<<

お店に行ったけれど、いい冬服が選べない…など、ショップでの買い物が得意ではない、50代の男性はぜひ弊社にお越し下さい。

弊社は男性専門でファッションコーディネートサービスを提供しています。現在までに1万人以上のお客さまにご利用頂いています。
上記等のショップとは異なり、まずはカウンセリングから始まり、サイズを計測してから、最適な服をプロのスタイリストが選びます。

冬に使うコート、セーター、マフラーなども購入することが可能です。
きっと今までに見たことがない、大人っぽくスマートな印象になるはずです。

服選びに悩まれた際には、下記ホームページの無料ご相談フォームもしくは、フリーダイヤル0120-470-460まで、ぜひお気軽にご連絡下さい。

6. まとめ

いかがでしたでしょうか。
50代男性が職場で着る服装は様になっていても、いざ冬のプライベートで着る服装を考えたときに悩む男性は多いです。
冬のファッションで周りから魅力的に見て貰う服装選びのポイントは、「上に羽織るコートの着丈」と、「中に着るインナーの組み合わせ」に注意しながら、細身のサイズで選ぶことです。

おじさんぽく見られずに年齢よりも若々しく、素敵な冬のコーディネートを覚えて頂くことで冬のファッションコーディネートをぜひ楽しんでみてくださいね。

記事を読んでも、自分で出来ない方はプロに相談

ロジラボの記事を読んではみたものの、自分では難しそう・・・という方は、ぜひ、プロにお任せ下さい。ロジラボの記事を執筆している男性専門コーディネートサービス「ライフブランディング」があなたにふさわしい服装をご提案します。無駄な時間や労力を使わずに印象アップさせましょう。

・自分に合う服装が分からない
・せっかく買ったのに全然着ていない洋服がある
・どのお店で何を買っていいか分からない
・服装がいつもワンパターンな気がする・・・
・女性に好印象の服装が知りたい

ライフブランディングは、10年以上に渡って1万人以上の男性の服装のサポートをしてきた、男性専門ファッションコーディネートサービスのパイオニアです。
婚活やビジネス、デートなどの大切なシーンに合わせて、最もあなたにふさわしい服装のご提案から、アイテムのご用意までを代行します。