女性からも好印象!2017年秋のメンズファッションのポイント伝授

2017年秋ファッションメンズシキャッチ画像

デートでは女性に恥ずかしい思いをさせたくないし、当然自分もこの秋はファッションで恥ずかしい思いをしたくはない。

でもどうしたら良いかわからない。。。
と悩む男性も多いと思います。

ファッションで恥ずかしい思いをしたくないのであれば、当然その時々の流行を取り入れるのが当たり前とも思うかもしれませんが、一概にそうとは言えません。

例えば、結婚相談所のアンケートですと、婚活をするときのポイントについて、トレンド感を求めている女性は実は少数という結果が出ています。

https://onet.rakuten.co.jp/konkatsu/survey/knowledge/data/2016092101.html
(出典:楽天オーネット)

男性が思うほど、女性は男性の服装に流行を求めてはいないようですね。

コーディネートをどのようにすれば良いのかはとても悩ましいところだと思いますが、その場に応じた着こなしをしっかりすれば、女性にも好印象で上品な大人のイメージを醸し出すことは出来るのです。

今回は、これまで1万人以上の悩める男性のファッションコーディネートを手掛けてきた私たちが、2017年秋シーンで絶対に負けないコーディネート術をお伝えしますので、これで女性から好印象間違いなしです。

ファッションは流行だけではありません。

この秋からは、自分も相手にも恥ずかしい思いをさせない素敵な貴方に変身して下さいね。


目次

1.デートで鉄板!!押さえるべきこの秋のファッションコーディネートとは?

この秋から取り入れるべき、女性にも好印象な鉄板のコーディネート方法は下記の3つです。

・ジャケットを使ったコーディネート
・ブルゾンを使ったコーディネート
・薄手のセーターを使ったコーディネート

それぞれ、画像だとこのようになります。

<ジャケットを使ったコーディネート>

ジャケットを使ったコーディネート

<ブルゾンを使ったコーディネート>

ブルゾンを使ったコーディネート

<Vネック薄手セーターを使ったコーディネート>

薄手セーターコーディネート

ひとつずつ解説してみます。

1-1 ジャケットスタイルは女性に好印象を与えること間違いない!

ジャケットスタイルは大人のファッションの代名詞でもあります。

ジャケットコーディネート写真

なぜならスーツに近い形でもあることから、女性が見た時に大人っぽく上品な印象が出せます。

この秋では、紺の無地のウール素材が最も大人っぽさが出せて、コーディネートも非常に合わせやすく、女性も嫌いな人はいないので、是非とも取り入れてみてください。

ジャケットの中には白や淡いブルー、ピンクのような淡い色目の襟付きワイシャツを着ると爽やかな印象が出せます。

また、パンツの色もベージュですとバランス感も良く、ソフトな印象が出せるので良いでしょう。

ジャケットスタイルは大人の男性ファッションには不可欠となりますので必須と言えますね。

1-2 ブルゾンで少し変化を取り入れ、カジュアルな印象を

ジャケットよりも少し柔らかい印象が出せるのが、秋に着るブルゾンを使ったコーディネートとなります。

ブルゾンを使ったコーディネート

例えば、上着以外は上記のジャケットスタイルと同じようなアイテムを使っていても、上着をかっちりめなジャケットから柔らかい印象が出る綿素材のブルゾンに替えただけでも、イメージはガラっと変わります。

男性は暑がりな方も多く、気温の下がる秋でも薄着や上着なしでも平気といいますが、一緒にいる女性が寒々しい思いをしてしまうので、秋の気温も考慮して、上着を上手に取り入れていきましょう。

1-3 ウールのVネックセーターをアクセントに、寒々しさを防ぐ!

また、この秋のコーディネートには、ウールのVネックの薄手のセーターを取り入れるとコーディネートの幅もグッと広がり良いです。

薄手セーターコーディネート

さらにこの上に上記のジャケットやブルゾンを羽織ることが出来ます。

秋冬シーズンに着るセーターですので、素材はウール(羊毛)を選びます。

セーターというと、ゴワゴワ、チクチクというイメージを強く感じている男性も多いですが、ここでは薄手で毛羽の無くチクチクしないようなウールのセーターが存在するので、そういったものを選びます。

色も濃い色だとチャコールグレー、明るくするならライトグレーなどを取り入れるのが、メンズにおいては定番カラーでもありますので、来年も使えて安心ですね。

見た目にもちょっとした色のアクセントにもなります。


2.コーディネートは行く場所によって変えるとグッド!

1章でご覧頂いたようなコーディネート方法を、あとは場面によって上手に使い分けるというのがこの秋には重要なポイントとなります。

場面によって変えるのはとても大事で、女性にいかに「いつも一緒感」を感じさせないようにするのかが重要なポイントです。

女性も行く場所や場面によってコーディネートを変えます。男性も行く場所や場面によってコーディネートを変化させて、女性にいつも一緒感を感じさせないようにしましょう。

2-1 食事デートではジャケットが鉄板

女性とのデートのシチュエーションとしては食事がまずは思い浮かぶと思います。順序としてもまずは食事からが自然でスマートな流れとなります。

おしゃれなカフェやレストランでは、1-1でお伝えしたジャケットを使ったコーディネートがこの秋からの鉄板となります。

ジャケットコーディネート写真

ウールの紺のジャケットに、中は襟付きのシャツ、色は白か水色か淡いピンクで。パンツは綿素材のベージュのチノパンで合わせ細身でスッキリとさせて、足元はカジュアル過ぎないように革靴で引き締めて下さい。革靴の色は黒でも良いのですが、ややビジネス感が出てかっちりし過ぎるので、コゲチャを使うと柔らかさが出ますし他のアイテムとも合わせがし易くコーディネート的にも万能です。

この秋はパンツなどで赤やオレンジといった暖色系でビビッドなカラーもメンズでは注目されていますが、この場では派手な印象となってしまい、女性ウケはしないので今回は避けておいた方が無難でしょう。

2-2 映画や博物館、水族館デートなどのシチュエーションではブルゾンで柔らかく

食事デートが上手くいって、次は映画に行きましょう、水族館に行きましょう!などのようなプランになった場合では、1-2でお伝えしたブルゾンを使ったコーディネートに切り替えて、前回よりも少し柔らかい印象に変化させていきましょう。

ブルゾンを使ったコーディネート

ブルゾンの素材としては、天然繊維である綿がおすすめです。

この秋のトレンドのひとつで、スポーティやマウンテンといったワードがあります。文字通りスポーツや山登りがモチーフになるのですが、目的が異なることと、大人っぽさや上品さがとても出しづらいので、そのようなアイテムは避けておきましょう。

天然繊維で大人っぽく上品な印象を心掛けて下さい。

また、足元は前述同様の革靴でも良いですし、距離を歩くデートになりそうならが画像写真のようなレザーのスニーカーで見た目にも軽快感が出ますし、歩くのにも楽ですよね。

2-3 この秋のドライブや電車で郊外デートでは、Vネックセーターで大人な雰囲気に

行楽シーズンなどで、ドライブデートといったシチュエーションの場合では、1-3で紹介したような薄手でモコモコしないウールのVネックセーターを使って、カジュアルでありながらも上品で大人っぽい印象を出せると女性の心をグッと引き寄せられること請け合いです。

薄手セーターコーディネート

薄手であれば暑さ寒さの微調整もしやすく、チクチク、モコモコがないので体温調節もしやすく動きやすいですのでドライブでも安心だと思います。

2-4 夜の食事編!ちょっとお酒が入る際にはこうしてより大人な雰囲気を

夜にディナーデートや、ちょっとしたお洒落なダイニングなどでお酒でも飲みましょうか、となった場合には、2-1のジャケットスタイルにちょっとした変化を付けて見え方を変えるという方法がありますので、いかがでしょうか。

テーラードジャケット、vネックセーター

ジャケットの中に着ていたワイシャツを取り除くというような着方の違いとなります。

写真は前述のVネックセーターをインナー的に着ていて、その上にジャケット羽織った着方で、ジャケットのアレンジにもなりバリエーションも拡がります。カチっとした印象のジャケットを着ていても柔らかさが残り、ここ以外のカジュアル場面でもジャケットが使いやすくなると思いますのでやってみてください。

パンツも濃色にして、よりシックな雰囲気を醸し出すというのはいかがでしょうか。

2-5 B級グルメやBBQデートでは、パーカーやカーディガンなどで軽やかな印象を

女性は食べることが好きなかたは多いはず。場合によってはB級グルメ会場やバーベキューデートのような多少動きやすい服装でも良さそうな場合も手を抜かず、細身で薄手のパーカーやカーディガンなどを使ったコーディネートは今っぽいです。

パーカーコーディネート

パーカーなどはカジュアルな印象があると思いますが、写真のように比較的薄手の素材で細身のシルエットに出来ると、少年っぽくならずにカジュアルでも軽やかで、でも崩し過ぎない印象を醸し出すことが出来ます。
トレンドのスポーティも押さえられますしね。

以上のように、シーンによって少しずつ変化させていく方法もあります。
でもひとつひとつはガラっと印象が変わると思いますので、この秋上手に取り入れてみてください。


3.コーディネート術を上げるのは、サイズ・色柄・素材である

これらのコーディネートを実践させる上で、ただ単にマネをしようとすると失敗してしまう可能性があります。ここからはこれまで見て頂いたコーディネートを取り入れるのに最も重要なポイントです。

それは、「サイズ」「色・柄」「素材」の3つのポイントをどのように押さえるかにあります。

この3つのポイントの押さえ方を間違えてしまうと、これまで述べてきたコーディネートをやっても女性からのイメージは上がりませんので、是非とも注意して見てください。

3-1 自分にとってのジャストサイズ、これ必須!

まずは自分の体型に合った「ジャストサイズ」で着ることが重要です。この秋冬のトレンドとして、ビッグシルエットという言葉があります。文字通り、大きめサイズでゆったりと着ることになるのですが、これを取り入れることは難しく、場合によってはコーディネートが台無しになってしまいます。

男性は快適さを求めてゆったりめに服を選んでしまうことが多いのですが、自分の体型に合っていないオーバーサイズで着ると女性からは、野暮ったいと思われてしまいます。

よほどのトレンドを押さえて、常にお洒落に敏感な方であれば理解してもらえるかもしれませんが、決して多くの女性が望んでいるわけではありません。

3-2 定番色を使い、コーディネートで濃淡を上手く使い分けよう!

次に色についてですが、各アイテムにおける定番色で選ぶこと。また、全身無地で全く問題ありません。大人っぽさを出そうとするのであれば柄物よりも無地調の方が大人っぽさは出しやすいです。

あとはコーディネートを考えた時に、上に羽織るものと下に履くもの。また、上に羽織るものと中に着るものを見て、定番色でありながらも色の濃淡を変えるとトータルでのバランスがとり易くなります。

<上着が濃い色、下が明るい色のコーディネート>

ジャケットコーディネート写真

<上着が明るい色、下が濃い色のコーディネート>

お出かけする際のスマートカジュアル

このような意識をするとバランス感がとり易くなります。

3-3 素材はウールを上手に取り入れて季節感を醸し出そう!

秋はこれから徐々に寒くなってくるという時季となります。やはり季節に合わせて素材を変えていくというのが一歩上を行くポイントです。

男性は素材については気にしない方が多いです。着たときにチクチクやゴワゴワなどの体感的な印象はあるかもしれませんが、素材によってイメージが変わってくることがありますので、是非とも意識してみてください。

ワイシャツはやチノパンは綿素材がベースで良いと思いますが、ジャケットやセーターなどはウール素材を積極的に取り入れていくと大人っぽい印象が増し、季節感も合っているので女性からもおしゃれに感じてもらえること間違いなしです。

また、2-2でもお伝えしましたが、ナイロンやポリエステルなどの合成繊維は軽くて扱いもラクで男性としては重宝すると思いますが、シチュエーションを考えて、女性とのデートで特に食事などの街中で会うような場合には天然繊維を意識して使いましょう。

秋冬シーズンについてはウールを上手に使えると、女性からも「わかってる!」と感じてもらえます。

各アイテムのサイズや色柄、素材の選び方のコツについては、以下の記事もぜひ参考にしてみてください。
大人のファッションに悩む男性必見!コーディネート基本を押さえる方法
これさえ覚えておけば安心!メンズジャケット最強の1着の選び方
基本3つを押さえるだけでマスター!自分に合ったワイシャツの選び方
大人カジュアルからデートまで!チノパンの選び方をシーン別にご紹介


4.しっかり買い換えて万全の体勢を整えよう!

トレンドも押さえつつ、やり過ぎないで女性からも印象のいいコーディネートはどこで探せば良いのか悩まれると思います。

ここではこの秋に押さえておくべきコーディネートを探しやすいお店をご紹介します。

4-1 ユナイテッドアローズ

新宿、渋谷、丸の内、大阪、名古屋やその他都市部に多くあるセレクトショップです。ベーシックなジャケットやブルゾン、セーター、細身のチノパンなども扱いがあるので、トータルコーディネートで揃えやすいです。トレンドを押さえたアイテムも勿論多いので商品構成のバランスが良く大人の男性を目指す貴方にとってはイメージを作りやすいお店であります。

4-2 トゥモローランド

こちらも新宿、渋谷、丸の内、大阪、名古屋など大都市に多くあるセレクトショップです。ユナイテッドアローズよりはややトレンドをしっかり押さえた商品構成となっているので、ややお洒落感は出てくるお店でしょう。
しかしベーシックなジャケットやブルゾン、セーター、細身のチノパンなども扱いがあるので、トータルコーディネートを揃えられます。トレンドを押さえたアイテムも勿論多いので初心者の方は出来るだけベーシックな商品からトライしてみてください。

4-3 エディフィス

こちらも都市部に多く分布しているセレクトショップとなります。上記2つのブランドよりはターゲットがやや若いデザインの印象がありますが、ベーシックなアイテムも揃っていて比較的選びやすい定番的な物も豊富です。サイズ感も細身が多く野暮ったくなりにくいでしょう。


5. まとめ

いかがでしょうか。

2017年の秋からは、このようなコーディネートを取り入れてみてください。

流行ばかりで選んでしまうと、自己満足のような見られ方になってしまいます。

流行をいかにして取り入れるかの、取り入れ方が大事になります。

でもわからないうちは、流行を意識しなくても大丈夫です。

幸いにも男性ファッションは、女性ファッションよりも流行の流れが遅いですし、定番的なアイテムが多いので、意識どころを変えていきましょう。

デート服であれば、女性目線というものを考えて、自分がラクで着たい服ではなく、その場に合った、相手に合わせたコーディネートを意識してみてください。

そういったファッションを選ぶことで、きっと女性からも好印象に思って頂けるでしょう。

ファッションが苦手な方なら特にまずはここからトライしてください。

大人への仲間入りもすぐそこです。

オシャレレベルが10UPする!全52ページの「完全“服トレプログラム”」をプレゼント

いい年の大人なのに服装は学生の頃からほぼ変わっていない。大人っぽい年相応の服装に変えていきたいと思っていてもセンスが無いから…と諦めていませんか?でも、実は、ファッションにセンスは不要なのです。

・自分に合う服装が分からない
・せっかく買ったのに全然着ていない洋服がある
・どのお店で何を買っていいか分からない
・服装がいつもワンパターンな気がする・・・
・女性に好印象の服装が知りたい

これらの悩みを解決する方法はただ1つ、「ファッションもビジネスと同じように論理的に考えて、アイテムの選び方や買い物の仕方の基本を押さえていくこと」です。
男性専門ファッションコーディネートサービスのパイオニアとして1万人以上の男性の服装のサポートをしてきたノウハウを全52ページに渡って詳細に解説しています。コーディネート事例の写真も豊富に載せています。
その通り実践すれば、1ヵ月後には今よりオシャレでカッコいい服を手に入れ、外見が変わり、周りの反応も変わるはずです。
ぜひ、今後の印象をアップさせたい様々なシーンでお役立てください。